2020年10月 8日 (木)

まあべる本舗はバーチャル・ハムフェス2020へクラブ参加します。

2020年11月1日(日)10時開催のバーチャル・ハムフェス2020へクラブ参加します。

過去に発行した同人誌をAmazon Kindleにて頒布します。

是非お越しの上お買上げ下さい。

Kindle端末以外にもパソコンやスマートフォンアプリにて閲覧可能です。

なお、参加は一般参加、クラブ参加共に無料となっております。

頒布したいコンテンツをお持ちの方は参加されると良いと思います。

(Web会議以外のコンテンツは開催前よりアクセス可能です)

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

アマチュア無線家専用SNS hamtter.net は終了しました #hamradio

EuでのSNS規制や出費抑制など諸般の事情により本日をもって終了しました。

既にサーバ解約手続きしたためアクセスできません。

データは責任をもって削除いたします。

2017年4月より約3年半ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

IC-705 本体へハンディ機用ホイップアンテナ取り付けの工夫とSUPER-ROD7 3.5MHzアダプターの作成

P4_20200822163401

IC-705にハンディ機用ホイップアンテナを取り付けたい場合、BNCコネクターが左横についているのでBNC L字だけだと倒れてしまいます。

性能を考えるとこれでエアバンドやFM放送を聞くのはもったいないのでもっとまともなアンテナを使うべきだと思いますが、倒れにくい工夫をしてみました。

下にウレタンとか厚めの緩衝材を貼るともっと安定すると思います。

RHM8Bのような長くて重いアンテナにはケースの底面を広いものにすれば使えなくは無いですが、せいぜいサガ電子のSUPER-ROD7や秋月電子の430MHz BNCホイップ程度でやめておいた方が良いと思います。

P5_20200822164001

さて、せっかくのケースが空なのはもったいないので、そのSUPER-ROD7で3.5MHzの送受が出来るような回路を実装しました。

写真の通りSWR:2-2.5程度になっています。

ボディエフェクトがかなりあるので、本気の運用には向かないと思います。

P6_20200822164201

FB NEWSの記事にダミーロードの漏れ電波で広帯域アンテナというのがありましたが、こちらはLCのみの構成なのでまともな中身です。

P7_20200822165901

回路はホット側は黄色いトロイダルコアT-130-6へ0.32mm UEW線(20mで250円ぐらい)を巻きました。

2m程度巻いてタップを出してを繰り返して目一杯巻くといい感じでした。

送信することを考えると発熱の心配が少ない空芯コイルが良いですが、ケースが小さいのでインダクタンス重視でトロイダルコアにしました。

10W程度なら熱は持つもののまあまあ行けるでしょう。

最初のタップとGNDの間に100-480pF程度のセラミックコンデンサを入れるとがつんとSWRが落ちる周波数があると思うので、あとは巻き数を加減して目的の周波数付近に収まるようにします。

アンテナ側の長さ調整で中心周波数が500kHz程度動くので、3.5MHzを大体カバーできました。

(GAWANTのような電圧給電では無いので大丈夫だと思いますが、送信中に長さ調節をすると高周波やけどをする可能性があるのでご注意を)

VNAをお持ちの方はもうちょっと精査するとSWR:2より下げれると思います。

ちなみに秋月電子の430MHz BNCロッドアンテナでも使えました。

受信のみでは中波放送がそのまま本体へ直結するよりは良く聞こえます。

本当は送信がSSBの運用が許可された1.8MHzまで落ちてくれると嬉しいのですが。

試しにトロイダルコア2個直列でやってみましたがだめでした。

まあ当然でしょう。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

IC-705に外部PTTスイッチとリニアアンプを付けてみる

P4_20200801165001

回路的にはただのスイッチなので説明を省略します。

黒は右に倒している間ON、左に倒すとPTTロックされます。

ラグチュー向けです。

右はタクトスイッチを貼り付けてコンテスト向けにしています。

なお、純正マイクを使う場合は右のPTT/ALC端子で動きますが、自作ヘッドセットやハンドマイクはそこでは動きません。

P5_20200801165301

おなじみ中華リニアのMX-P50Mを取り付けてみました。

P6_20200801165401

PTT連動はPTT/ALC端子から繋ぐだけで問題ありません。

リレー経由などの工夫もいりません。

ALCは入力が無いので繋ぐ必要はありません。

P7_20200801165601

28MHz 10WFM入力でで40W強出ているのでまずまずだと思います。

5W入力だと35W程度の出力です。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

IC-705 中華ハンディ機用ハンドマイク改造とキーパッドの製作

P4_20200729212301

ジャンク箱をあさっていたらケンウッド仕様の中華マイクが出てきました。

MD-380でDMRでは非常に低音質で、使わずに置いていたものです。

昨日作ったヘッドセットI/Fで余ったケーブルに取り換えてIC-705で動くか実験してみました。

P5_20200729212501

ハンダ付けは2か所です。

簡単ですね。

スピーカーマイクですが、マイク端子に音声が出ていないので外します。

音声用ケーブルを増設すれば可能ですが、内蔵スピーカーやインナーイヤーヘッドホンを使うなら無い方が良いですし、必要なら付属のスピーカーマイクを使えば良いです。

FMで使う分には全く問題無いと思います。

RFの回り込みについては未検証ですが、10Wしか出ない機種なのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。

マイクゲインは調整した方が良いと思います。

P6_20200729213101

次にメッセージキーやボイスメモリを呼び出すキーパッドです。

タッチパネルで呼び出せば良いのですが、あえて接続するメリットは画面がどんな状態でも動作する点です。

バンドスコープを凝視する方には良いと思います。

P7_20200729213301

3x5cmの小さいケースに押し込んだのでちょっと無理がありますね。

スイッチは8個まで制御出来ますが、大きさの問題で4つです。

充分足りると思います。

小さいのと機能説明が重要なので、痛くすることは避けました。

これだけでも599BKでのQSOは充分出来ます。

P8_20200729213601

かなり詰め込みになりましたが入りました。

抵抗は説明書に書いてある通り1.5kΩ,1.5kΩ,2.2kΩ,4.7kΩの順で直列に繋いでプッシュスイッチを繋ぎますが、1.5kΩの抵抗の手持ちが無かったので1kΩの抵抗3本でごまかしました。
最初2.2kΩと4.7kΩを逆に付けてしまい、チャンネル1,2,4,4になったのであせりました。

一応蓋は閉まりました。

動作としては一発で動きましたが、録音時に声を拾いません。

PTTを押さないとだめかなと思って押すと送信してしまいます。

マイクの信号線自体をON/Offさせているので当然ではありますが。

純正スピーカマイクはもちろん録音モードでPTTを押さなくても音を拾います。

PTT回路がどうも正解では無いようです。

おそらく直流的には常時接続で、電流(抵抗値の変化)でPTTの状態を拾っているでしょう。

直流的な抵抗値を変化させると拾った音のレベル変動が生じるので、4極プラグの現在未使用の2つの接点を使っているかも知れません。

キーパッド自体の不良では無いので、現時点では純正マイクを使って録音という回避策でごまかすことにしました。

いずれ正解が分かるでしょうから、その時にマイク側の修正を行いたいと思います。

最後に、省スペースのためにジャックを2つつけてKEY端子へ繋ぐケーブルを別付けにしましたが、左右反対に繋いでも問題無く動作します。

また、無線機側とは反対側へパドルを繋いだらちゃんとCWでキーイング出来ました。

本当は非常用にCWキーイング用スイッチをつけたかったのですが。

大きなケースにしないと解決しないでしょう。

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

IC-705 PC用ヘッドセットI/Fの作成

P4_20200728231301

給付金が出たので流行に乗ってIC-705を入手しました。

付属のスピーカーマイクは温存したいのとフィールドデーコンテストが近いので、パソコン用ヘッドセットを繋ぐI/Fを作成しました。

P5_20200728231701

マイク端子が2.5mm 4極という入手しにくいものですが、千石で両端プラグの1.5mケーブルが300円で売っています。

半分に切れば良いでしょう

P6_20200728231801

付属マイクと比較です。

金メッキですが、大きさは同じです。

回路ですが、説明書によると先端がマイク、一番奥がGNDです。

中央2つは電源供給やリモコン端子ですが、とりあえず無視することにします。

マイクはECMがそのまま繋がります。

極性に注意して繋げば送信状態になり、音声を入れれば変調が掛かりました。

マイク端子とECMの途中にスイッチを入れればPTTです。

簡単ですね。

厳密にはECMに並列に抵抗を入れないと安定度や過変調になっていけないと思いますが、無くてもPTTとして動きました。

P7_20200728232401

中身はすっからかんです。

ヘッドホン端子はそのままプラグとジャックを繋いだだけです。

PTTは並列にミニジャックを付けて外部のスイッチでも動くようにしました。

フットスイッチやラグチュー用にトグルスイッチも良いでしょう。

P8_20200728232601

フィールドデーが楽しみです。

余った片方のプラグでハンドマイクやスタンドマイクを作るのも良いでしょう。

メッセージキーはなぜかパドル端子と共用なので、別筐体で作った方が良いと思います。

CWerの方には抵抗のある仕様ですね。

| | コメント (0)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V3.2.0) #hamradio

P4_20200728200501

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。

オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。

久々にメジャーアップデートです。

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

アマチュア無線家専用SNS https://hamtter.net/ 利用者募集中です(Mastodon最新正式版V3.1.5) #hamradio

P4_20200710200401

アマチュア無線家専用SNS "https://hamtter.net/"は利用者を募集しています。

オンラインサインアップ出来ますので、是非とも参加をお願いします。

セキュリティアップデートとのことです。

| | コメント (0)

«岡山倉敷駅付近で楽天モバイルのフェムトセルをさがして