« Intelsat802のAFNが見えている | トップページ | オーストリアから無事到着 »

2004年4月26日 (月)

Chrismas Carol

パン屋。
息子から手紙。
常夏の国へのチケットらしい。
飼い犬が心配。
ばあさんがくる。
赤毛の母か?
ばあさん気を失う。
赤毛の家で寝ている。
赤毛は西瓜食っている。
大量に。
皮だけ残して。

ヨランは飼い犬を預かりたいらしい。
在庫のケーキを片っ端から食う。
いいのか?

3匹はパン屋でChrismas Carolなる題の本を発見。
そこへヨランが来る。
こいつら全員不法侵入だろうが!
当然取り合い。
悲鳴で少年が来る。
本から怪物が飛び出す。
どうも本から何かが飛び出すというのがパターンになったらしい。

怪物と3匹が対峙。
腕におもりをつけているので犯罪者か?
やたら強い。

怪物はばあさんの家に。
昔の世界へ。
たんぼでパン屋の爺さんが若いお嬢さんの服を汚したらしい。

お嬢さんの家。
立派。
だんなか彼か知らないが、尻にしいている。
よく分からん展開。
どうもばあさんの昔の記憶を悪用するらしい。

ばあさんが青年の家?でアピール。
韓国では年長者の意見は絶対だからなあ。
穴を掘れと指示したようだ。
宝物でもあるのかな

金属探知機を使うヨラン。
謎だなー。
どうも怪物探知機らしいが。
そういえば腕のおもりは鉄だぞ、磁石にくっつくのでは?
どこからか巨大な馬蹄形磁石をリアカーで運ぶ。
そうしたらシャベルが飛んでくる。
穴掘り現場から。
でも思惑通り怪物もくっついた。

本にもどれと言うヨラン。
唐突にヨリンに変身。
前回の冬服を夏服に変えたもの。
あっけなく本に戻す。
ライターで燃やそうとする3匹。
竜巻で応戦。
飛ばされておしまいだ。

なんか、よく分からない話。

|

« Intelsat802のAFNが見えている | トップページ | オーストリアから無事到着 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/497738

この記事へのトラックバック一覧です: Chrismas Carol:

« Intelsat802のAFNが見えている | トップページ | オーストリアから無事到着 »