« 市中引き回しを回避する方法 | トップページ | 国内衛星監視を強化 »

2004年4月 3日 (土)

シグマリオンで無線LANしてみる

リナザウに刺しているCFな無線LANカードを使えるようにしてみた。
純正ドライバはCE3.0以降対応なので2.11では当然インストールさえ許してくれない。
ネットで探すと他社のカードなら動作実績があるようだ。
たぶん中味はIntersilだと思うので、そういうのを探して入れてみた。
ドライバ入れて再起動後カードを刺すとDLLの名前を聞いてくるのでPRISMNDSと入れれば認識だ。
一応動いたが、リンクするまでかなりの時間がかかった。
動き出せば快調で、LAN経由でActiveSyncも出来る。
さすがにRS-232Cより速い。

でもまあ、CFつぶれるのでメモリがきつい。
32MBしかないからね。
実用性はどうかなあ。

というようなことを書いていたら郵便到着。
DDI-Pの請求書、情処の受験票、謎の黒い物体だ。
最後は訳あってかけないが、1日で届くのね。びっくり。
動いてくれればいいけど。

|

« 市中引き回しを回避する方法 | トップページ | 国内衛星監視を強化 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/390358

この記事へのトラックバック一覧です: シグマリオンで無線LANしてみる:

« 市中引き回しを回避する方法 | トップページ | 国内衛星監視を強化 »