« セントレア | トップページ | 白市駅 »

2004年5月 4日 (火)

Sphinx and its Riddles

今日で折り返しの13話。
盛り上がりがあるのだろうか。
タイトルからして昨日のような展開になりそうだが。

この学校はガムがOK?
なんだろうな。

かあちゃんのことしか考えていない少年。
相変わらず振られている赤毛。
風船ガムをやるからかめだと。

天界の評議会。
鏡にヨランの姿が見えない。
砂時計がなにやら制限時間を告げているのか。

ヨランは空を飛ぶ夢を見る。
叶わないようだけど。
両親と思われる狐が2匹鏡に。
やっぱり「魔法のプリンセス」なんですかねえ。
狐の(^^;

鼻風船は本を持って外出。
その本が3匹に持っていかれる。

今日は野外授業。
生徒は早弁したり漫画持ってきたりしているぞ。

四足の化け物が出現。

昼食。
レジャーマットを広げても、弁当だけ載せて人間は地べたなのね。

四足は赤毛と手下になぞなぞをかける。
負けたら触手に巻かれるのね。
y1301.jpg

いなくなったので捜索。
大声で泣いたからかすぐに見つかる。
そこに四足出現。
先生は生徒を守るニダとなぞなぞに挑戦するが、あえなく触手の魔の手に。
つぎつぎに縛られていくぞ。

3匹から本を奪取したヨランはヨリンに変身。

少年がなぞなぞの餌食か。
ここにヨリンが登場。
触手を切って解放。
なぞなぞも定番の足の数ねたでまいったようだ。
本に戻る。

今日は本から出てくる部分が無かったような。

|

« セントレア | トップページ | 白市駅 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/536910

この記事へのトラックバック一覧です: Sphinx and its Riddles:

« セントレア | トップページ | 白市駅 »