« ドーピングマックする | トップページ | やっさ祭り »

2004年8月 7日 (土)

iMacにDVD-ROMドライブ内蔵

imacdvdrom.jpg
速くなったらDVDも内蔵したくなったので実験。
ドライブがCSELになっているから認識しないのは知っていたので、禁断の37-35ジャンパを敢行。
結果、無事OSから認識してCD-ROM起動も出来るようになった。
ほぼ最強仕様になったが、ThinkPadに内蔵していたドライブだったためベゼルが切り取られて無残な姿に。
まあ、いいんですが。

そのままではCD-Rが焼けないので、を参考にプロファイルを置いた。
これで無事に書き込みできるようになった。
CD-RWについては検証済み。

これでDVD-Videoが見れたらいいんだけど...。
今OSXの再インストール中。
これで見えるようになったらなあ。

|

« ドーピングマックする | トップページ | やっさ祭り »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 うーむ、可愛くないなぁ…。
 ピカチュウがライチュウになったような感じ(^^;
 性能UPは悪くないとは思うんですが…。

投稿: じょんぶる | 2004年8月 8日 (日) 午前 10時46分

元のドライブのベゼルとイジェクトスイッチの位置が違います。
長期保有は考えていないので、外見の現状復帰ができない改造は出来ません。
あなたは手持ちの部品を有効活用するという思想に共感できないのですか?
他人の楽しみにけちつけていて、実に不快です。
計算機は動いてナンボ。
いくら外見が良くても動かなければ意味がありません。
元のベゼルにあうドライブを探すことはまず不可能なので、相当な外科手術をしないと見た目は改善しないでしょう。
いや、iMacは見た目だ、というのなら、元に戻すしかありません。
遅いUSB1.1しか外部とのやりとりが出来ない機種なので、外付けでは解決しない問題なのですから。

投稿: まあべる | 2004年8月 8日 (日) 午後 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/1143846

この記事へのトラックバック一覧です: iMacにDVD-ROMドライブ内蔵:

« ドーピングマックする | トップページ | やっさ祭り »