« マックスマンついにロボ登場 | トップページ | CDDBは怖い »

2004年11月26日 (金)

世界初のDVDレコーダ

dvr1000.jpg

パイオニアのDVR-1000だ。
ハードオフのジャンク売り場で16800円。
出た当時は25万円だったそうで、ずいぶんと安くなったものだ。
5年前だけど。
金色のボディが高級感を醸し出している。
もちろんものすごく重い。

DVD-RWメディアにVR記録するという代物。
もちろんDVD-Rは非対応。
28000円出すと対応するように改造してくれるそうではあるが。

古い機械なのでメディアの相性が気になった。
手持ちのメディアで挑戦。
・2倍速DATAメディア NG
・等倍速DATAメディア NG

わざわざ買って挑戦。
さすがに店頭でもあまり在庫が無いね。
・等倍速Videoメディア OK
やっぱりね。
ちなみにTDKの5枚組み2600円なるもの。
1枚で充分なのだが、等倍速はパックでしか置いてないのね。

DVD-VR記録というのが非常に興味あった。
もしかして、もしかするのかということで。
ファイナライズ無しだとRD-XS40ではマウントせず。
それどころかメディアのイジェクトも...あうあう。
イジェクトボタン長押しで事なきを得る。
45分かけてファイナライズしたら(要はディスク全域をダミーデータで埋めるだけのようだ)マウントできた。
ファイナライズしてもDVR-1000側では何も問題なく追記も編集も出来る。
そして...そう。RD-XS40では書込み禁止のDVD-RAM扱いになるのだ。
高速ダビングも出来るし(RAMより速い!)見るナビも機能する。
DVD-R/ROMだと効かないワンタッチスキップも効くのだ。
DVR-1000側で作ったプレイリストもちゃんと機能する。
ウマー、かも。
ファイナライズさえ速ければ。

|

« マックスマンついにロボ登場 | トップページ | CDDBは怖い »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/2076080

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初のDVDレコーダ:

« マックスマンついにロボ登場 | トップページ | CDDBは怖い »