« ガラスの華 第2話 | トップページ | ローテータの修理 »

2004年12月 3日 (金)

上場廃止

勤務先の親会社がTOBで子会社2つ(勤務先ともう1社)の株を全部買うらしい。
うまく全株買えなくても来年6月には株式交換で結果として100%子会社にしてしまうらしい。
合併が3年前でしょー?、上場して1年ちょっと。
個人株主かわいそうだなあ。
Yahoo!ファイナンスの掲示板みたら訴訟だ!なんてあったな。
今でも絶対的支配権を持てるだけの株持っているのにね。

株の流通性がなくなると上場している意味がなくなるので「上場廃止」だ。
なんだかな。
来年の新入社員はたぶん上場しているから選んだという人多いと思うけど。
不祥事が無かったとは言わないけど、会社が潰れるような低業績とも思えないけど。

でもって1年後はもう1つの同様な目に遭った会社と一緒に事業解体で、今までの地域割りから仕事の種類別に2社作るらしい。
なんだか金のかかりそうなリストラだなあ。
わしは間接部門勤務だから、どっちになるのか不明だな。
その前に早期退職募集が来そうな気もするけど。
ISO9001だの14001だのの認証も収まるまで新規部門はストップなのかな。
建設中のビル(自社ビルじゃ無いけど)はどうなるのかな。
新入社員募集はどうするのかな。

何にしてもわしが入社したときはおそらく「地元密着」という謳い文句で入社した人多いと思うからどこに飛ばされるか分からなくなると困る人も多いのでは。
家買ったとか親兄弟の介護が必要とか結構いるし。
わしも変な場所に飛ばされたら海外衛星見れなくなるかも。
帝都ならちょっとは嬉しいかもしれないけど。

先の話だし、まあ、なるようになるだば。

|

« ガラスの華 第2話 | トップページ | ローテータの修理 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/2142657

この記事へのトラックバック一覧です: 上場廃止:

« ガラスの華 第2話 | トップページ | ローテータの修理 »