« AniOne TVが見えている | トップページ | AniOne TVのノンスクランブルは今日中までらしい »

2005年1月29日 (土)

韓国の文化開放について考える

既報通り韓国AniOneTVがFTAだ。
昨年末に渡韓した際旅館のCATVで見たが、自宅でこうやって見えるのは大変ありがたい。
旅行記にも書いたが、日本のアニメに関してはCATVに関しては完全開放となった。
受信画像に載せた幽遊白書やガンダムSEEDは日本語のままハングル字幕になっていて、以前のような大胆な改変は無くなっている。
それに、こんなのや
aiao1
こんなのが
aiao2
全く規制無く放送されている。
ちなみに藍より青しだ。
実に喜ばしいことだ。
レーティングは15禁なのだが、最終兵器彼女が19禁であることを考えると基準が緩くなっている。

|

« AniOne TVが見えている | トップページ | AniOne TVのノンスクランブルは今日中までらしい »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGランキング | 2005年1月29日 (土) 午後 02時49分

ANIONEはもともと衛星チャンネルですので(いまは一部ケーブルにも配信しているようですが)、ケーブルテレビに比べるとさらに影響が少ないと思われるので「かなり(韓国的に)際どい」シーンも放映OKなんでしょうかね。
ところでいつも思っていたのですが、エニワン(または地上波)とトゥニバースで同じアニメを
放送してる事良くありますが、なぜか年齢制限が曲によって違いますよね?例えば犬夜叉はエニワンは15禁、トゥニバースは12禁。単に局ごとに規約が違うんでしょうか?それとも年齢が低い方は、一部内容を改編しているのでしょうかね?

投稿: がんもどき | 2005年1月29日 (土) 午後 04時52分

レーティングは話によって毎回違うというのを聞いたことがあります。
毎回毎回審査しているんですね。
自己規制のようなものなので、基準が局によって違うというのはあるかもしれません。

日本語が書き換えられるのは当然としても、ビキニがワンピースになったり着物の腰帯が消されたりという時代が遠くなりますね。

投稿: まあべる | 2005年1月29日 (土) 午後 05時42分

koreasat3の受信画像にある「不明作品」ですが、昔KBSでやっていた”ヨンシミyongsimi”という作品です。内容はよくわかりませんが某所によると、主人公のヨンシミが我々が学生時代(小学生)の頃疑問に思っていた事を、替わりに解決してくれるとか書いてありました。著作権は大元(ANIMEの親会社)が持っています。不確かなのですが、このまえシンガポールに行ったとき、アリランでやっていたような気がします。

http://www.kbs.co.kr/kbsaniworld/me_index.htm

投稿: がんもどき | 2005年1月29日 (土) 午後 11時34分

情報ありがとうございました。

投稿: まあべる | 2005年1月30日 (日) 午前 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/2734539

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の文化開放について考える:

« AniOne TVが見えている | トップページ | AniOne TVのノンスクランブルは今日中までらしい »