« まあべる本舗14万アクセス | トップページ | 中国大陸版ミルモでポン! »

2005年3月28日 (月)

8400円のB5ノートPC

先週の土曜、カラオケの直前に寄ったハードオフ岡山店でDynabook SS3410を買った。
Celeron 400MHz
HDD,メモリ無しとのことでわくわく。

帰宅後分解。
ねじ6本外してパームレストを外すだけ。
ねじが1本無かったけど...。
確かにHDDが無い。
しかし、マウンタはあるので何とかなる。
とりあえずThinkPad X22に入っていた15GBを入れるとあっけなくDOSが起動。
メモリは64MBオンボードらしい。
LANが内蔵。

さっそくWindows98を入れて動作を確認、Windows2000Proにアップグレード。
FAT32のままだと動作するが、NTFSに変えるとNTLDR not fonndで起動せず。
どうもHDDの扱いにかなりクセがあるようだ。
メモリはMicroDIMMなので手持ちが無く増設は断念。
チップセットが440MXらしいので理論限界が256MBだ。
内蔵64MBなので128MB迄のMicroDIMMが入るようだ。

結果として音も出てLANも動いたので壊れている部分は無いようだ。
赤外線も問題無く動いている。
64MBでWindows2000Proはきついのでメモリだけは買ってやらないとだめだろうな。
192MBになったらWindowsXPが動くかのチェックもしないといけないし。

東芝のノートPCはふたを閉めたら休止状態、開けたら電源が入って復帰が可能なので車に積むと便利だ。
ビルゲイツが使っているだけにMSのOSの安定度も良いし。
早速車のThinkPad X22と交代させた。
メモリが足りないのでリソース不足でアプリケーションがどうのこうのという警告が出る。
サービス止めるとかしてメモリをけちらないとだめだな。
X22は寝床のInterLinkと交代。
これで夜にバリバリ文章を打てる。
キーボードライト内蔵なのは良い。
InterLinkはとりあえず買ったときのHDDに戻して暇を出すことにした。
いずれは売るかもしれないが、この小ささは麻薬なのでしばらくは持っておきたい。
旅行用だな。

|

« まあべる本舗14万アクセス | トップページ | 中国大陸版ミルモでポン! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/3474006

この記事へのトラックバック一覧です: 8400円のB5ノートPC:

« まあべる本舗14万アクセス | トップページ | 中国大陸版ミルモでポン! »