« 今日は誕生日 | トップページ | 親のPCをそろそろWindowsXpにするか »

2005年4月20日 (水)

Vine Linuxで印刷したくてCUPSをコンパイルしてみるが

Vine Linux 2.1.5でmagicolor2300DLを使いたくて、CUPS v1.1.23foo2zjsをコンパイルしてみた。
どちらも./configure ; make ; make installで行ったみたいだ。
ちゃんとデーモンとしてCUPSが上がって、設定画面もWebで出る。

cups

magicolor2300DLのPPDはもちろん入っていて設定画面からも選べた。
けど、プリントアウトは出てこないのだ。
がっくし。
たぶん足りないものがあるのだろうな。
GhostScript自体は入っているのだが、バージョン違いかな?
foomaticなるものも一体何だ?
プリンタ側のLANのアクセスランプはつくのでなにやらパケットを送っているのは間違い無いし、netstat --inetで見てもTCP/9100で投げているようなのだが。

こりゃ、最初からCUPSの入っているVine 3.1にしろということか。
別のディストリビューションでもいいけどね。
LPRngはデーモン止めているけど、ファイルは残っているのでこれが良くないのかな?
rpm -eしようとしたら依存性の山だったので躊躇。

|

« 今日は誕生日 | トップページ | 親のPCをそろそろWindowsXpにするか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/3787262

この記事へのトラックバック一覧です: Vine Linuxで印刷したくてCUPSをコンパイルしてみるが:

« 今日は誕生日 | トップページ | 親のPCをそろそろWindowsXpにするか »