« AO-51 1st QSO | トップページ | ORBITRONで人工天体の位置を探す »

2005年6月 3日 (金)

ナショナルの安定化電源RJX-P610

ナショナルがまだアマチュア無線機を出していた頃、RJX-610の専用電源として出していたRJX-P610。
内蔵のスピーカがいい感じ。
ちゃんとショートしたときのプロテクターも入っている。
社会人になりたての頃、仕事で笠岡に行った帰りに山陽電子商会で購入。
確か5000円だったと思う。もちろん消費税など無い頃。
以来長年TNCの電源として活躍してきた。
rjx-P610

TS-670を売ったときに専用電源のPS-21を一緒に売るのを忘れていた。
数日前出てきたので、電源としての業務を移管した。
ps-21

現在FT-100Dに繋いで使っているが、内蔵スピーカより音量豊かで明瞭度も上がった。
腐っても業務機作っている松下だ。
当時はラジオ事業部で作ってたと思うけど

こういうの欲しい人いるのかな?
ライン全部集めたいというコレクターには需要あるのかも。
4Aの電源だけどね。

|

« AO-51 1st QSO | トップページ | ORBITRONで人工天体の位置を探す »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/4394702

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナルの安定化電源RJX-P610:

« AO-51 1st QSO | トップページ | ORBITRONで人工天体の位置を探す »