« 種松山で移動運用リベンジ | トップページ | 韓国版わがまま☆フェアリー ミルモでポン!放送開始 »

2005年7月24日 (日)

EchoLinkの無線ゲートウェイ

許可になったようなので繋いでみた。
最初にPentium150MHzなノートPCで試したが、CPUパワーがものすごく必要なようで事実上使えない。
Celeron 633MHzな省スペース機でどうにか動いた。
マイクがフロント、スピーカがリアのコネクタという罠が待っていたが。

英語だが、メッセージを喋るのがおもしろい。
IDも棒読みでコールサインを喋る。
私は3アマなのでCWIDに変えたが。
もちろん自分で喋った声を使うことも出来る。

うちの近所にあるらしいここへ繋いだら、管理者が出てきた。
10分ほど喋った。
遠隔操作ネタが多くて面白い。

こんなのがある。
熊本の販売店らしい。

カンファレンスはいろんな人がいる。
新しい物だけにまだマナーが確立してない印象を受けた。
聞いていていやな気分にもさせられた。
JARLの記念局も出てくるのね。
基本的に半二重なので、3人以上のラウンドQSOも可能なようだ。

コマンドはDTMFで出来る。
DTMFが出るのはハンディ1台しか持ってないのであれだが、遠隔操作出来るのは面白い。
車からだと実用的なのでモービル機用にDTMFエンコーダ欲しくなったな。
よく繋ぐノードは短縮ダイヤルの設定も出来る。

電離層のご機嫌もとらずに全国と話が出来るのはいいね。
とりあえず無線ゲートウェイは電源入れっぱなしにしておこう。
パワー最低、アンテナは屋根の下だけどね。

|

« 種松山で移動運用リベンジ | トップページ | 韓国版わがまま☆フェアリー ミルモでポン!放送開始 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/5127942

この記事へのトラックバック一覧です: EchoLinkの無線ゲートウェイ:

« 種松山で移動運用リベンジ | トップページ | 韓国版わがまま☆フェアリー ミルモでポン!放送開始 »