« フォースの暗黒面に堕ちた | トップページ | TM-733GLでAO-51アクセス »

2005年8月10日 (水)

国際宇宙ステーションからの電文を受ける

今朝はこれからある通院の苦痛から早く目が覚めたので国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されたPCSAT2の信号を受信してみた。
スペースシャトルディスカバリーで運んできて、日本人宇宙飛行士が装着した装備だ。
437.975MHz+-ドプラ10KHz程度、 1200/9600bps。
この時間でも違法トラックが出ていて困ったものだ。
信号はSが7-8程度振ったので強い。
見える時間はここで分かる。
夜だと肉眼でも見えるらしい。

まずは普通のテレメトリ。

PC2ISS>BEACON,SGATE,WIDE [08/10/05 06:21:29] :
T#386,088,089,001,000,072,11001111,0001,1

ここからはInfomation。

PC2ISS>BEACON,SGATE,WIDE [08/10/05 06:22:01] :
>Attended OPS only. Thanks

PC2ISS>APRS1,SGATE,WIDE [08/10/05 06:22:50] :
:BLN1PCSAT:PSK-31 xpndr is enabled on 435.275. Need control ops

PC2ISS>APRS2,SGATE,WIDE [08/10/05 06:23:00] :
:BLN2PCSAT:Need control ops for PSK on/off commanding

PSK31用トラポンが動いているらしい。

|

« フォースの暗黒面に堕ちた | トップページ | TM-733GLでAO-51アクセス »

「HAM」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/5389187

この記事へのトラックバック一覧です: 国際宇宙ステーションからの電文を受ける:

« フォースの暗黒面に堕ちた | トップページ | TM-733GLでAO-51アクセス »