« ぶちすげぇコミックバトル41サークルチケットが届く | トップページ | EchoLinkでスケルチ信号を認識させる »

2005年10月 7日 (金)

EchoLink IFの製作

echolinkif

今まで使っていたEchioLink用I/Fは昔eQSO用に作ったものだ。
回路的にはほとんど変化無いが、データ端子に繋ぐように作ってみた。
ついでに配線がやたら長かったので短くしてみた。

結果は音質が目に見えて良くなった。
ハム音が消えたし、ダイナミックレンジも広くなったようだ。
AFは直結だが、トランスを入れたeQSO用よりはるかに良い。

スケルチ線もCDに繋いでみたのだが、これは失敗。
ダイオード1本で済むかと思ったがちゃんと+12V掛けてTrでスイッチングしないとだめなようだ。
電源はRS-232CのCTSから取ればいいので、またの機会に改造してみよう。
スケルチが使えたら頭切れとかだんまりが少なくなって良いらしいし。

|

« ぶちすげぇコミックバトル41サークルチケットが届く | トップページ | EchoLinkでスケルチ信号を認識させる »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/6298658

この記事へのトラックバック一覧です: EchoLink IFの製作:

« ぶちすげぇコミックバトル41サークルチケットが届く | トップページ | EchoLinkでスケルチ信号を認識させる »