« 京ぽん2キター | トップページ | 京ぽん2からのモブログ試験です »

2005年11月25日 (金)

アンテナアナライザーBR-210キター

br210

昨日パル通信のHPを見てたら無性に欲しくなってカートに入れてお買い上げ。
早く使いたいので銀行振り込みにしたら今日届いたよ。

付属品は赤紙に黄色い説明書、500mW Maxらしい立派なダミーロード、ストラップ、電源ケーブルだ。
単三乾電池6本で動くので電源ケーブルを使うことはあまり無いと思う。

京ぽん2がまだ満充電ではないので、先にこちらの評価をすることにした。

まずは屋根の上にあるVダイポールから。
さすが、メーカー製はあっけなくSWRが落ちて中心点ではもちろんインピーダンス50Ω。
虚数(j)成分があるのかないのかは分からないがさすがだなあ。
28MHzが27.9MHzあたりに合っていたのが少々あれだがバンド内2.0までだったのでまあいいだろう。

次に飛びに疑問のあった50MHzの4エレ。
何と49.6MHzとかなり低い周波数に合っている。
これはぜひ調整しないといけない。

おまけで144MHzのモービルホイップを測った。
結果は154MHzとすごい周波数だった。
もっとも同軸も怪しいので当てにならないだろう。

最後に自作7MHzダイポールは何と20.6MHzに共振していた。
なんじゃこりゃあ?!?!
バランが悪いのだろうか。
作り直しだ。

全部長い同軸ケーブルの先で測ったので、正確ではない。
明日天気だったら給電部に入れて測ってみよう。
あと、自動車につけているアンテナも測ってみよう。

|

« 京ぽん2キター | トップページ | 京ぽん2からのモブログ試験です »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/7314275

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナアナライザーBR-210キター:

« 京ぽん2キター | トップページ | 京ぽん2からのモブログ試験です »