« 今日は2アマ試験 | トップページ | 今日の韓国版プリキュア »

2005年12月11日 (日)

デジットのDTMFエンコーダを作る

dtmfenc

EchoLinkの遠隔コマンドにはDTMFが使えるのだが、発生できるのはハンディ機のIC-T81しか持っていない。
アルインコのマイクが安くて良いそうだが今日の日本橋めぐりでは見つからなかった。
そのかわりデジットでほとんどデッッドストックと思われるこのキットを発見したので購入。
1260円だ。

スイッチとIC、CRに水晶が入っている。
プリント基板は入っているがテンキーパッド用で、ICは取り付けできない(^^;
仕方なく蛇の目基板に実装した。
手書きの説明書は非常に不鮮明でピン番号が全く分からない。
ここの製作記事を参考に組み上げた。
とりあえずマグネチックスピーカを繋いで鳴らしてみたが、音がひずむ。
まあ、これは仕方ないだろう。
VRで出力を下げてマイク端子に入れてみたらレベル調整は必要だがちゃんとEchoLinkでコマンド出来た。
音が鳴るのは動作確認にもなるのでスピーカはそのまま繋いでいる。

ICの音声出力はDCが乗っていて電解コンデンサでデカップリングして取り出すのだが、テスタで調べるとキーパッドを押している間だけ電圧が出ている。
そこで抵抗とLED経由でトランジスタを繋ぎ、PTT出力してみた。
結果は問題なくPTTが連動する。
もちろん1文字しか送れなくて複数送ると押してない一瞬はPTTは落ちてしまうのだが。
それでも非常に便利になった。
これは実用面ではマイク側のPTTを押しながらで何とかなるだろう。

これで車からや寝室のFT-817からコマンド出来るはずだ。
VRはできれば半固定抵抗にしたかったが、手持ちが無かった。
またの機会に買ってこよう。

|

« 今日は2アマ試験 | トップページ | 今日の韓国版プリキュア »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/7575036

この記事へのトラックバック一覧です: デジットのDTMFエンコーダを作る:

« 今日は2アマ試験 | トップページ | 今日の韓国版プリキュア »