« フィルドデーコンテストの結果 | トップページ | JARL CARD請求明細 »

2005年12月21日 (水)

PSK31とQSLカードとJARL

日曜にQSOした方からQSLカードがダイレクトで来た。
早速返信せねば。

Phoneでは「カードはビューロー」で大体OKなのだが、なぜかPSK31はダイレクトが多い。
良く解釈すると「早く欲しい」だろう。
悪く解釈すると「リタイヤした人が多くてJARL会費が払えない」のか?

ずっとやってて終身会員あたりまえなPhoneと比べて、「最近カムバックしました」が多いせいもあるかも。
なぜか10mFMには時折いる「全く発行しません」はいないのだ。
最近はPCとプリンタがあれば出来はともかく印刷するだけなので(ハムログがあったらデフォルトで印刷できるし)分からなくは無い。
大体PCが無いとPSK31は出来ないのだ。
プリンタは安くなったし年賀状需要が多いだろうから特にお年寄りの装備率は高いだろう。
#私の父は不要と思える場面でも必ず印刷するのだ
いちいちダイレクトだと切手代が掛かって仕方ないと思うのだが、たぶんJARLの会費よりは安くつくという計算もあるのだろう。
暇は有り余るほどあるだろうから封書にしたためる作業はかえって楽しみにもなるだろうし。
会費が年間7200円として、封書で送って1枚80円のコストとしても年間900枚発行しないと合わないのだからね。
私が入った頃は会費が4000円ぐらいだったと思う。
封書が60円の時代だから600枚強か。
あまり変わらないか。
(当時は毎月JARL NEWSが来ていたので今よりはお得感あり)
まったり交信の多いPSK31だと日に何局も出来ないのでダイレクトでも充分合うのか。

ああっ、こうやって見たらJARLの存在意義全然無いなあ。
面倒な住所の連絡は今はQRZ.comという手もあるしね。
やっぱりJARLのビューローは昔みたいにステッカー方式に戻したほうが良いのでは?
その分JARl NEWSを充実させるかCQ ham radioを昔のように機関紙に戻す(+QSTのように一般売り)した方が良いのでは?

|

« フィルドデーコンテストの結果 | トップページ | JARL CARD請求明細 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

再開局に合わせて6月より新規入会しましたが配送されたQSLは2回きり、1回目は督促して2週間後、2回目はその2ヶ月後だったです。JARLに問い合わせたとき仕分け期間が4ヶ月かかっているそうで半年分会費納入入会なら1~2回しか配送されない勘定になります。
# 計算に誤りが... 80円×90枚で7200円

投稿: JA5CQH/4 | 2005年12月22日 (木) 午前 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/7765272

この記事へのトラックバック一覧です: PSK31とQSLカードとJARL:

« フィルドデーコンテストの結果 | トップページ | JARL CARD請求明細 »