« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

2005年12月25日 - 2005年12月31日

2005年12月31日 (土)

C69参加記アップ

昼から少し体調が快復したのでレポートをアップした。
左の「まあべる本舗」から。
また、各種SNSにもその特性に特化したレポートを上げているので会員の方は見て欲しい。
ネタはかぶらないようにしている。
nttcar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

体調不良でよっぽど病院にかかろうかと思ったが、まっすぐ帰ってきた。
身の回りの片づけをして寝よう。
ものすごい頭痛と咳でどうしようもない。
前にもあったし、冬コミは鬼門だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

のどが痛い

冬コミのサークル参加は無事終わった。
気が抜けたせいかのどが痛い。
風邪だ!
たぶんビッグサイトでもらってしまったのだろう。
ターゼンを持ってきていたが、これは咳止めではあるがのどの痛みには効かないようだ。
昨晩は苦しんだ。

風邪薬とマスクを買わねば。
場合によっては今日の一般参加をあきらめないとだめかもしれない。
昨日はかなり不摂生だったのでラコールをなるべく摂取して体力の温存だ。
おそらくビッグサイトの中にいるときは気が張るので何とも無いだろうが帰りの夜行バスが心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

帝都に到着

米原が大雪で心配だったが浜松町迄着けた。
東京テレポート迄後少し。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

昨日のNHK秋葉原な番組

にっぽんの現場
「秋葉原 年の瀬の物語」

家業を継いだガード下の電子パーツ家の主人、孫にLEDを買ってやるじいさん、そのLEDを店で買って電子工作する12歳の少年。
おお、何ていい話なんだ。

とも言えなかった。
申し訳程度に挿入した「過去の」遺産という演出に思えた。
PCのクロックアップに勤しむ人とか「自分の」孤独を癒すために働くメイド喫茶の店員とか、家族経営のえろげ屋とかテレビチャンピオンアキバ王とか、こっちの方が主役だった。
#ピュアオーディオや骨董的価値じゃないジャンク屋もあるのに

再放送あるのかな?
21:15といういい時間にやる番組なのかな。
ライブで楽しく視聴しましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月27日 (火)

上級ハムの結果通知

今日あたりから12月国家試験の結果が届いているようだ。
私の所にはまだ来ない。
ふがない、とか、2文字で来るなら大歓迎だがどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の夜には約束の地へ旅立つ

ひょっとしたらこれが出発前最後かも。
明日は会社から帰宅後すぐに夜行バスに乗るからだ。
オタクの聖地有明へ。

29(木) 西う22B 『まあべる本舗』ですよ!
バスが遅れないことを祈るのみだ。
遅れたら一般入場だけでなく、本が1冊減ってしまうのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

セブンイレブン出店

通勤道路に何やら建物を建てていると思ったらセブンイレブンだった。
コンビニはデイリーヤマザキ、ファミリーマート、サンクスと3件並んでいる。
すでにポプラ(広島のコンビニ)が撤退済み。
間に天満屋ハピーマート、ニシナ、マルナカが全部夜24時まで営業で迎撃。
セルフのスタンドもJOMOとエネオスが対決だ。
山陽本線を超えて新幹線側道へ繋がる道路が完成まじかということなのだろうね。

ヤマトのメール便出すのが楽になっていいわ。
買い物はEdyで買うとANAのマイルになるサンクスばかりだろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

映画「男たちの大和」を見に行く

昼ご飯のために早島からイオン倉敷SCへ。
12:15の「男たちの大和」が見れたら行きたかったからだ。
国道2号線は激混みで間に合いそうに無い。
どうにか12:00丁度に到着したが、結果は10人ほど前で満席となりかなわず。
15:20の回のきっぷを買って1階のイートインでピザ食って早島へ逆戻りした。
新幹線側道を通ったが、これはスムーズ。
やることやって同じ道を通ると予想していたことだがチボリ公園行きの車の列にはまる。
店内の駐車場はいっぱいで、15:00丁度に何とか南側の臨時駐車場に入れた。
無料になっていて少し安心だ。
昔は2時間まで無料でそのあと有料だったのだが。

ねたばれになるので断片的に。

・物語は2005年4月ごろが舞台。
 呉の大和記念館は映画を見る前に見ておいたほうがいいかも。

・CWは確かに欧文はレイテ沖で、和文は沈没直前にある。
 前者は字幕スーパーで何を売ったか出る。
 後者はストレートキーを打つカットでサイドトーンが無いので(当たり前か)カチカチ音だけ。
 なお、米軍が大和発見という電文は傍受したという報告で、「平文(ひらぶん)で打っていました」とセリフで言っていた。
 ミリオタの知り合いからもそのことで糾弾されていたので報告しておく。

・米兵は全く出ない。
 戦闘機ばかりだ。
 なんだか機械兵と戦っているようで不気味。
 米兵側の物語は期待してはいけない。

・協力団体に「社団法人日本アマチュア無線連盟」「東映アニメーション」がちゃんと載っていた。
 大和のセットが無い部分はCG合成だからだ。
 MacのFinal Cut Proで編集したそうだね。

・長島一茂はいい演技してた。
・渡哲也は初登場時セリフが無く、すわカメオかと思ったがちゃんと最後に見せ場があった。

・美人薄命

これはいかがなものか
子供には見せたくないカットが多い。

・「海軍精神注入棒」が活躍するカットがある。
 かなりえげつないカットが延々と続き、見ていて非常に不快になった。
 せめて効果音と悲鳴だけで、ドアを映すとか違った演出をして欲しかった。
 後半士官にも立派な人は多かったというような演出になるのだが、理解できない。

・兵士が芸者を買うカット、丁半博打を打つカットがある。
 時代劇じゃなかろうに。
 もっとも東映は素晴らしい時代劇を取るのが会社の夢らしいのであえて入れたのかも。
 もちろんストーリーに関わる部分ではある。

・スプラッター大爆発
 真っ赤な血が舞ったり、兵士が海に執拗に投げ出されるカットが延々と続く。
 隣に座っていたおばさんは目をそむけていた。
 リアルといえばそうなのかも知れないが。

感動したか、というと、「どうだ、泣け」か?
ふたりはプリキュアMaxHeart2とどっちを見るか悩んだのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

7MHz PSK31早島町移動運用終了

早島町への移動は無事終了。
昼食休止を挟んで8:40-11:30,13:30-14:30の運用で全部で13局と出来た。
QSO頂いた方には感謝したい。
今日が初めてとか2日目でというビギナーの方もいれば、簡潔に用件を送ってくるベテランの方もいて恐縮した。
私もあまり上手なオペレートではないのだが、楽しく移動運用を行えた。
3度目の正直でやっと交信出来たという方もいて、申し訳なく思う。
過去2回ともこちらでは取れていたので純粋に「野暮用」が原因だ。
出来たのは1,2,4,6エリアだ。
残念ながら新エリアは出来ず。
セカンドQSOの局も3人ほど。

昨日作ったケーブルはうまく動いた。
今回はPCのLINE INへデータ端子の信号を入れてみたところ、DC/ACインバータのノイズがあまり入らなかった。
もちろん少しは入るのだがこのお蔭でPCの電源は心配なくオペレートに専念できた。
TOTタイマーが効いて送信が停まる現象が起きた。
3分では短いようなので10分に伸ばした。
電文は短くするように心がけないとだめだな。

時間があったらまたやろう。
さすがに車の運転席では尻が痛くなるので連続2時間が限界だが。
ek Wagonではなく1BOXカーが欲しいところ。
紙のカードは希望者全員の印刷、サインは終了してる。
QSOBANKの登録も終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »