« 水島サロン | トップページ | 5/2 or 3 真鍋島移動運用予定 »

2006年4月30日 (日)

FT-817マニアになる本を入手

Ft817

ALL JAのあと倉敷市内の本屋を駆けずり回ったが、結局無し。
イオン倉敷SCの喜久屋書店にも無かった。
IC-7000やVXシリーズの本は山ほどあるのに。
今日わざわざ岡山の丸善迄行って1冊だけの在庫を購入。
もしかしたら地方では飛込みでは買えないのかもしれない。

内容はどちらかといえば初心者向けか。
マニュアル見れば載っている、アマチュア無線の教科書見れば載っている内容が大半。
もちろん大きな文字で一部カラー印刷とか、トップバンドに挑戦とか、電池の種類による持ちの検証は手間がかかってそうで感心したが。
アンケートはなかなか笑えてよかった。
結果を見ても分かるとおり無目的にとりあえず最初の一台選ぶのはあまりお勧めしたくない。
高い値段の割にパワー5Wは中途半端だし、付加機能は限られている。
それらをカバーするには手間もお金も掛かるので、FMラジオ代わりになるのが関の山だろう。
逆に分かって手に入れる分には面白い素材だ。

私は2700mAHの単三型電池ニッケル水素12本を4本入り電池ボックス3つ直列で外付けで使っている。
電圧が高そうだが、実は負荷を掛けるとちゃんと許容電圧まで下がるのだ。
3時間以上5W出てしかもシールバッテリーより軽くてコンパクトなので、あえて内蔵電池ケースにこだわる必要も無いのでは...。

ところでライバルのIC-703の本は出ないのかな?
モデル末期という気もするので営業上の理由では無理かもしれないが。
個人的にはこちらの方が最初の1台にいいと思っている。
必要なものは内蔵しているし、内蔵チューナーは移動運用で送信できない場面を減らすのに貢献してくれる。
むしろ逆に内蔵チューナーを積極的に使っておもしろいアンテナの実験とかの記事が出来そうだ。

私のblogやHPを読んでいただければ分かるとおり両方使っているので、どちらも応援したいよ。
消費電力対決とか、雑誌に書けないような(笑)ねたもやったしね。

|

« 水島サロン | トップページ | 5/2 or 3 真鍋島移動運用予定 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/9829138

この記事へのトラックバック一覧です: FT-817マニアになる本を入手:

« 水島サロン | トップページ | 5/2 or 3 真鍋島移動運用予定 »