« 夏コミ落選らしい | トップページ | DVモードの音声を聞いた »

2006年5月28日 (日)

瀬戸内市大雄山で移動運用

雨は降りそうに無いので移動運用することにした。
今回は新境地開拓ということで大雄山にしてみた。
行き方の詳細はHPに載せた。
左のまあべる本舗から。

D1

今回は出来るだけ荷物を小さくしてみることにした。
この中にFT-817,電池,自作50MHzダブルバズーカ,ノートPCにお弁当まで詰まっている。

D2

無事山頂に着いた。
とりあえず右に。

D3

宇喜多一門供養乃塔とある。
きっと日本史が好きな人には魅力的な場所なのだろう。
ちなみに墓地。

ここで奥まで行かずに寺のある方へ反転して進む。

D10

ここで墓地の周りを一周していれば...。

D4

寺の対面にある塔と休憩所で運用することにした。

D5

こんな鐘もある。

D6

こんな感じでダブルバズーカを上げてみたが、共振点がやたら高い周波数だったので運用は断念。
ほどなくEスポが出ていてバンド内はお祭りだった。

D7

結局車までデルタループを取りに行ってこれで運用した。
HB9CVにしていれば、とも思ったがデルタループの実力診断もしたかった。
ちなみに地面の上に置いて、上のエレメントを木の枝に引っ掛けて自立させている。
設営は1分足らず。
VSWRは内蔵SWR計ではちらとも振れず。
さすがだ。

D8

今回は久しぶりに10BASE2用LANケーブルを使ってみた。
5mで使う分には問題無さそうだ。
デルタループの接続はMメス-Mメス+Mオス-BNCオスの2本の変換コネクタが入っている。

コンディションは最初は7エリア、ついで1エリアが開けた。
1が開けるとバンド内騒然。
50.150-400MHzまでぎっしりになった。
レアな場所の移動局はドッグパイルでコワス。
空きを見つけてCQ出すも全く応答無し。
しょぼ~ん。
瀬戸内市って1年前だと新市でもてもてだったのよ~。
SSTVの信号まで聞こえてびっくりだ。
結局呼びに回ることになってしまったが、5Wにデルタループでは全然歯が立たず。
今思えばかなり安定していたのでAMに転進していればもてもてだったかも。
その後沖縄が開けて帰るまで続いていた。
QSOは7エリア:1,1エリア:3,5エリア:2の合計6局に終わった。
ここで一押しと思うか、QRPでがんばってみようと思うかは人それぞれ。
Eスポの場合はパワーの差よりタイミングの差が大きいのだが。

帰りに墓地の周りを一周してみるとなんとこんなものが。

D9

しょぼ~~ん。
次回はここを使ってみよう。
雨が降っても良さそうだし。

強風のためまっすぐ帰宅。
12:00には家についていた。
鹿児島県は家から呼んだら一発で応答だった。
何のための移動やら...。

反省

ダブルバズーカは屋外でちゃんと調整が必要。
怪しい給電線をやめてBNCに付け替えた方がいいかなあ。
Eスポのおかげで移動地としてのポテンシャルは全く不明だった。
ちなみに430MHzはさっぱり聞こえなかったので...。
最後のあそこはぜひリベンジで行きたい。
あと、HP見てますという5の局長さん、移動がんばってください。

|

« 夏コミ落選らしい | トップページ | DVモードの音声を聞いた »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

鹿児島とQSOされたんですね、いいなぁ…。
私の方はSNSにも書きましたが、ピコ6で聞こえたのは聞こえたのですが、残念ながらQSOは局免の変更の関係もあってできずじまいでした。

今日、日曜は自動車教習所に行っていたのでこれまた移動できずでした。しばらく週末は自動車の教習なのでアクティビティが落ちそうです。
来週こそ、ちょっとした合い間にでも近所に移動しようと思うのですがどうなることやら…。

投稿: buchi/JO3FRH | 2006年5月28日 (日) 午後 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/10274425

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内市大雄山で移動運用:

« 夏コミ落選らしい | トップページ | DVモードの音声を聞いた »