« 本日真鍋島ペディション決行 | トップページ | HB9CVのVSWR問題を探る »

2006年5月 3日 (水)

真鍋島ペディ無事終了

今回は同行者あり。
7:30頃24時間営業ハローズ田の上店で昼食を買う。
同行者と430MHz FMでラグチューしながら笠岡港を目指す。

M1

なかなかいい感じ。
客の話を聞いていると今日はどうやら走りみこしという祭りがあるらしい。
その割には客があまりいないかも。
同行者はガーミンのGPSやらMPEG4ビデオカメラやらいろんな装備だ。

M2

片道の値段だ。
高いけどこれでも採算合わないのだろうね。

M3

船内はなかなかいい感じ。

M4

後部デッキから瀬戸内海を見る。

M5

海が青い。

M6

客席は全部埋まってしまったのでベンチのある荷物置き場で過ごすことになった。

M7

上がベンチ。
今回の荷物は2口。
島に着いたら担ぎ上げ。

M9

白石島、北木島を経由して無事真鍋島に到着。
ちなみに各島とも1分程度しか停泊しない。
まさに海上バス。

M8

桟橋。
ここから1Kmほど山を登ってふれあいパークに行く。

M16

こんな場所からだ。

M10

設営開始。
IC-703のツイン。
どうだ、まいったか。

M11

今回の設備。
もちろんPSK31も運用可能だ。

M12

50MHz HB9CV。

M13

7MHzダイポール

M14

同行者の50MHzデルタループ。

同行者は走りみこしの写真撮影のため昼はいなかった。
ビデオに撮ったりしたらしい。
そのため運用時間確保のため予定より1便遅らせて15:05の便で帰った。
もっとも14:00には私も同行者もバッテリー切れになってしまったのだが。

JE4SMQ交信結果

QSO頂いた方ありがとうございます。
今回はお祭りの模様を印刷したQSLカードを発送いたします。
もちろん、このblogに無い写真です。

50MHz SSB:8
7MHz PSK31:3
合計11QSO。

雑感

・聞こえた局数は少ない
 はっきり言って幻滅。
 お祭りや気候、自然は非常に良かったが、無線をしに行ったという意味では成果無し。
 せっかく高い船賃出して重い思いをして担ぎ上げた意味は感じなかった。
 金輪際離島ペディションはやりたくない:-<

・HB9CVの50.2MHzでVSWRが2
 とりあえずチューナーでごまかしたが、これではだめだ。
 調整が必要。

・50MHzはアンテナを東に向けるとものすごいノイズ。
 海の近所ということもあり、おそらく電力線の絶縁不良箇所が近所にある。
 よって、交信の大部分は福山市以西。
 3エリア以東の方、あしからず。

・7MHzはSWRも良く落ちてまずまずだが、当然ながら空き周波数が無いのでSSBは諦めた。
 PSK31に絞って運用。
 しかし、当然ながらデューティー100%なのであっという間に電池が無くなる。
 5WにQRPして運用すればよかった。

・IOTAのニーズを感じない
 7MHz SSBに出れば違うのだろうが、50MHzでは何それの世界。
 JCC的にはただの笠岡市なので全然レアではない。

帰宅後OHKのニュースで走りみこしのニュースが流れた。
確かに取材に来ていた。

M15

同行者側から見た感想やここでは書けない事実はアマチュア無線家向けSNS"MyShack"に掲載するので関係者はご覧下さい。
参加したい方は私のcallsign@jarl.comへメール頂ければ招待いたします。

|

« 本日真鍋島ペディション決行 | トップページ | HB9CVのVSWR問題を探る »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

移動運用お疲れ様でした。

さっそくブログへのアップ、うれしく見させていただきました。アップされているカットを見ると青い海に空ときらきらまぶしい景色ですね。好転に恵まれて、まずなによりでした。
移動の行程に沿ってカットをつけて下さっているので、ブログを見ていても臨場感があって楽しめます!

東方面のノイズというのが残念でした。移動運用するとそれぞれに何があるか分からないものなのですね。ぜひ僕もいつかは移動運用を試してみようと思っています(^-^)。 ish4

投稿: ish4 | 2006年5月 3日 (水) 午後 11時11分

写真は画質を相当落としているのでいまいち美しさが出ていないものもあって残念です。
天気はとても良くて笠岡の町は当然として対岸の四国側も良く見えました。
波の音以外はほとんど聞こえなくて何も考えずにまったり過ごすにはいい場所でした。
トランシーバのバッテリー切れから出発迄30分ほど昼寝しましたよ。

標高は高々100m程度で、無線の移動地としてはお勧め出来かねる場所でした。
砂浜で水面反射を狙うか、運用出来る場所があるか不明ですが、標高のある東側の山の方が良かったかもしれません。
QSO出来てナンボという視点から言えば、Eスポでも出ない限り人口の多い京阪神が見えないと達成が難しいです。
おそらく小豆島や淡路島がブロックしたのではと思います。
寒霞渓あたりで山岳回折があるか期待したのですが、いまいちだったです。
ちなみに、50MHzの一番のDXは9エリアでした。
今季初です。

IC-703は設定次第でかなり消費電力が下がるので、2700mAH単3型ニッケル水素電池12本直列でSSBで3時間程度運用出来ます。
入手性を考えると容量は下がりますが三洋のエネループがいいみたいです。
鉛蓄電池より軽いので充分持ち運び出来ます。
最初はACコードを裂いて作ったダイポールでも良いのでアンテナを用意して挑戦されることをお勧めします。
山の上は聞こえ方が違います。

投稿: まあべる | 2006年5月 4日 (木) 午前 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/9882816

この記事へのトラックバック一覧です: 真鍋島ペディ無事終了:

« 本日真鍋島ペディション決行 | トップページ | HB9CVのVSWR問題を探る »