« 倉敷ケーブルテレビが対応 | トップページ | JARL関西地方本部フィールドミーティング »

2006年10月14日 (土)

NHK Worldで命令放送

asahi.comの記事。

法律にもあって、海外向けに関しては国からお金をもらっているNHKが果たしてやらないと言えるのかな?命令放送。
いい悪いは置いておいて、聞いてみたいものだ。
PAS-8とかのTVではしないのかな?
国内では見れない聞けない番組って、はぁはぁするね。

個人的には海外向けにはアメリカのVOAみたいなNHKとは違った海外向け国策宣伝放送局を作るほうが良い気がする。
国の思うがままに自由に邦人保護の番組を送出できるし。
(過去の反省からNHKは必ずしも国の都合のいいニュースばかりではない)
上にはしおかぜに支援という記事も書かれているね。
これはこれで問題起こしそうではあるが。

短波送信所って、NHKもKDDIの施設使っていると思うので(海外も含めて借りるばかり)今となっては意外と確保が難しいかも。
国内は縮小で、もう無いんです。
新しく作るにしても波長の長い短波(って、矛盾している表現だがTV等に使っているVHF以上よりは長い)用アンテナは広い土地が必要だ。

ところで今短波放送の意義が再認識されているのは、電離層反射で遠くまで届くからだ。
比較的安く世界に向けて主張を展開出来る。
今ならインターネットだろう、というのは間違い。
太平洋やアフリカのど真ん中でインターネットに接続する手間と、短波ラヂオを聴く手間は、どちらが楽だろうね。
テレビは静止衛星のトラポンを先進国が握っているので自主放送に意外と金がかかったりするのだ。
日本国内では短波ラヂオはかなり入手困難だが(ソニーと松下は一応まだ出している)海外では中国製の安い(2000円ぐらいで周波数デジタル表示、AM/FM付はあたりまえ)ラジオが普及しているよ。
ホームセンターやヤフオクにあふれている。
日本のマスコミも第三世界の情報は短波放送から引用したりするね。

|

« 倉敷ケーブルテレビが対応 | トップページ | JARL関西地方本部フィールドミーティング »

「TVRO」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/12274709

この記事へのトラックバック一覧です: NHK Worldで命令放送:

« 倉敷ケーブルテレビが対応 | トップページ | JARL関西地方本部フィールドミーティング »