« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

今年を振り返って

大晦日です。
今年は終わりが悪いので良くない年ということになりますね。
仕事も出社しなくていいと言われたし(;_;)

HAM:
移動運用はまあまあ行けました。
体調さえ良ければもっと行けたのに。
免許のほうはアップグレード出来て成果でした。
金持ちの趣味なので、経済的裏づけが厳しくなると続けるのは難しそうです。
3/8のJARL会費切れを回避しないと岡山総会に行けないですね。

TVRO:
HDDレコーダ入れ替えが出来た程度です。
使っていないアンテナが多いので処分しないといけませんね。
KOREASAT-2が5に入れ替わったそうですが、自宅で映りにどう変化があるかの確認が出来ていません。

IBD:
ストマを造るのは念願でありました。
確かに腹の痛みの質は変わっています。無くなりはしないけど。
ただ、予後にこんなに苦しむのは想定外です。
将来的にもストマの周りに漏孔が出来ない保証は全くありません。

旅行:
台湾に行けたのは成果です。
韓国は1回だけ。
来年は太平洋のあったかい国に行きたいです。
行ける経済力があるか不安ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

特別番組だらけになって

入院中の暇つぶしはテレビですが、年末年始の特番だらけになって見たい番組がありません。
時間が薬のこちとら、これでは精神的にまいってしまいます。
PCがあるからゲームでもすればいいんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

病院は休業

入院している病院は,今日から実質休業です。
駐車場が1/3迄無料開放されるので、上手に使ったらおいしいかも。
中庄駅至近ですし。

患者搬送など病棟で下働きしてくれている看護助手さんが休みになるので、学生アルバイトが来ています。
年末なのに大変なことです。
病棟は家に帰れない患者がまだいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レントゲン1日4回

嘔吐の原因を調べるためにレントゲンを撮りまくりです。
テレビ室で鼻の管から造影剤を入れて、1時間後、2時間後の撮影で詰まったところが無いか確認しました。
結果は問題ありません。
胃の位置が悪いのだろうということで胃を動かす薬を鼻の穴から入れて試しています。

このまま新年が来そうです...。
おなかは抜糸したのでとりあえずおしまいなのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

土西ぬ12b『まあべる本舗』です

明日よりコミックマーケット71が開催されます。
30日土曜にサークル参加いたしますので、入院代捻出のためにも是非お買い上げ下さい。
相方のじょんぶる氏が頑張って売る予定です。
また、私の身代わりが立って売ると思います。

今回の新刊はオフセット印刷に初挑戦です。
清水の舞台から飛び降りる覚悟で大出費です(;_;)
まあべる本舗でしか見ることに出来ないアレやソレ満載でお楽しみ下さい。
・やっぱりあった電波兵器
・総統様のいる国台湾現地レポ
・台湾の日本語CMは変
・アルゴリズム体操中文版
・三国"誌"
・上海TVが報じるコミックマーケットは企業ブースばかり
・韓国アニメが中国に進出
・韓国の声優番組
・ロシアの一騎当千
等等。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻から管が入る

胃にたまりすぎているので、抜いています。
800ccあったとか...。
鼻の管はいやです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

21205円

ストマの装具の請求書が着ました。
毎月2万円も払わされるのか...。
種類はいろいろあるようなので研究しないといけませんね。
ちなみに非課税です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

嘔吐

昨日からつらいです。
変な病気でなければよいのですが。
かなりの量が出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ようやく自力でベッドから出れるようになる

握力が戻ったのと、連続した腹痛が収まってきたのでベッドの柵を掴む事で起き上がることができるようになりました。
出来なかったことが出来るようになるのは嬉しいものです。

ただ、あまりにもおなかに力をかけるとストマから脱腸の危険性があるそうで、重いものを持つのはあまりよろしくないそうです。
娑婆に戻ってもアンテナ工事は避けたほうが良いのかな。
ちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ダイエット

体重測定の日です。
先週比3Kg減です。
入れているカロリーが低いのでこんなもので収まっているのは妥当でしょう。
まだまだ太いので、もっと減ってもらわないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

診断書が出る

身障者手帳申請のために依頼していた診断書が来ました。
院長の印が必要だ、とか言っていたのですが、本当にありました。
認定医が院長ということなのでしょう。
もちろん、実際に病室に来て診察を受けました。
前の手術のときは執刀しましたから知らないわけでもありません。

4級相当となっていましたが、単にストマ2つじゃ3級にはならないのでしょうか。
便尿で2つだと3級みたいですが。
倉敷市当局の善処を期待したいものです。

出たのが金曜の夕方で、当日の申請は無理でした。
月曜に出せたとしても、年内の認定は困難ですね。
少なくとも1月は装具を自費で買わないとだめみたいです。
諭吉さんが飛んでいきますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

メガマック

アサヒコムの記事
口に入れる量が同じなら、熱量に有意な差は無いのではないでしょうか。

それはともかく、11/20に入院してから1ヶ月、エレンタールとラコールだけです。
今のところ年内は何か食事が出るという話は無いので、いつも通り退院まで続くのでしょうね。
狭窄が無くなったのだから、1食ぐらいは欲しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストマのケア練習開始

袋を外す練習が開始です。
ぬるま湯に化粧用コットンを浸して固形石鹸に擦り付けます。
接着面に少しずつ石鹸水を当ててふやけたところで大胆に外します。
分かってくると面白いものです。
ストマが左右2つあるので外す手間も2倍です。

新しい袋の穴を広げるところはまだやってもらいます。
大きさが変化しなくなったら外した古い袋から型を作って合わせるようにすれば良いそうです。
原寸+0.5mm程度の余裕が良いそうです。
大きすぎると接着能力が劣化するのでよろしくないとか。

接着は自分でやりました。
最初は中心部の穴周辺に力を入れてはがれないようにするそうです。
上手に出来たら4-5日持つそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

術後の運動

・初期はベッドから起きる練習重視。
・左右に倒れる練習をすると起きるのが楽。
 腹筋だけで起きるのは困難ので、重心移動が使える斜め起き(ひざを曲げで足をベッドから出して腕を下に押し出して斜めに倒れる)を使える。
・とにかく歩けば後が楽なようだ。
・手の痺れは握ったり開いたりを繰り返すことで軽減する。
 動かせる範囲で継続する。
・あきらめたら治るのが遅い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

2006フィールドデー結果

ここ
XP 22位はまあまあかな?
4エリアで2番目だが、首位には遠く及ばないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エレンタール開始

1日1パックだけ許可が出ました。
最初から通常の濃度で飲んでみましたが、問題無さそうなので一安心です。
少ないとはいえまとまった量(300cc)なので、今後腸がびっくりしてイレウスにならないとも限りませんが。
これから1日8本だった点滴が1本ずつ減っていくそうです。
尿や便の量が変化しないことを祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

点滴を入れ替え

手術中に点滴を右手に入れて6日目です。
今のところ唯一の栄養元です。
調子良く落ちていましたが、とうとう痛くなってしまい入れ替えです。

右手は休めないといけないので左手です。
非常に良い場所に入れてくれて、ようやく両手がまあまあ使えるようになりました。
もっとも右手も痺れていて、これが回復するまではベッドの起き上がりなどは厳しいものがあります。
まだ、自力で起き上がれません。
腹筋が痛くならなければまだ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

工事担任者AI3種結果

Ai3

次回はDD3種をがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尿で困る

昨日はおしっこを取る管が外れました。
T字帯が外れたので服装もゆかたからパジャマに戻りました。
頭も洗ってもらったので普通の生活にかなり近づきました。
あとは点滴を早く外して欲しいです。

腹が痛くてベッドから起きるのに一苦労なので頻尿になってしまうと大変です。
昨日は8回ほどトイレに行きましたが、終日腹筋が筋肉痛です。
栄養剤はまだ摂取できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

昨日の状態

飲水許可が出ました。
戻すことも無かったので、尿をたくさん出すために1日1リットル程度飲めだそうです。
同時に薬も開始です。
整腸剤です。
ストマがすぐにいっぱいにならないよう、便の量を減らすために必須です。

のこり。
導尿管は外して欲しいな。
点滴は最後まで残るかな。
清拭は2度あったが、頭を洗って欲しい。
ベッドのアシスト無しで起き上がれるようになるのはいつの日かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

ようやく

指先が痺れているのでうまく書けません。
とりあえず、生きてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

最後の日

朝から絶食で点滴が入ります。
一発で入れてくれたので幸先の良いスタートです。
次は剃毛です。
ナニも丸見えの状態でナースのお姉さんが電気剃刀で剃って行きます。
もう何度もやっているので恥ずかしさもありません。
ナニはたてがみを剃られて小さく見えます。
へそのゴマも薬品で浮かせて取ります。
ベッドに戻ってきたら外科部長の回診が来ていました。
クリスマスには退院だ、とか言ってましたな。
昼前に麻酔科受診。
手術室の隣なのであまり良い気分ではありません。
当日は硬膜外麻酔と全身麻酔で、どちらも経験済みです。
前者は背中から注射で、あまり気持ちの良いものではありませんが術後の痛みには良く効きます。
昼からシャワーを浴びてきれいにします。
医大の学生が実習で来て問診と触診です。

この後当日担当の麻酔科のドクターがベッドに挨拶に来るとか、ストマの場所決めが残っていますが、想定内の前日です。
さて、何日後から更新再開できるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

今日は手術前の説明

両親と一緒に聞きました。
大腸は全部取り、ストマは2つ装備するようです。
承諾書はさっさと書いて出しました。
もちろん手術しますにチェックです。
まだ、麻酔科の承諾書があるそうですが。
明日は絶食で点滴、前処置のイベントも多いようなので、blogは書けてもあと1回かな?
前処置に下剤が無いのでそれだけでも楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

今日は第24回チャリティジャンク市

案内はこちら
水島臨海鉄道水島駅前の水島プラザで12:00開場です。
三菱自工水島製作所の少し北あたりです。
昔は近所にダイエーがあった場所です。
当初の予定では余裕で退院しているはずでしたが、残念でした。
今から考えたら全部鉄道で行けるので(病院は駅まで歩いて行けなくも無い距離)、外出届けだけは出しておけばよかったです。
田舎なので無料駐車場はあります。
行った方、帰りに見舞いに来てね:->

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

部屋を移る

手術前ということで、部屋を移りました。
酸素や吸引のついていないベッドだったし、そもそも消化器の病棟ではありませんでした。
それなりに快適な部屋でしたが、移った先は古い(相対的なもので、21世紀竣工ではある)病棟で使いにくいことこの上ありません。
室料差額は同じなのに...。
収納が極端に少ない、収納のノブが変に凝った作りで手を離すと金属音が響き渡る、トイレが狭い(蓄尿袋を置く場所があるせいもある)、洗濯機が1台しかない、風呂はシャワーだけで1台、給湯室が遠い、売店も遠い:->。
慣れるしかないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

明日から上級アマ試験

受験される方は、遅刻と忘れ物だけはしないでくださいね。
鉛筆、消しゴム、写真を貼った受験票。
もちろん勉強の成果も。

来週からFCC試験が続きます。
リベンジされる方はいかがでしょうか。
12/17(日)に岡山で、12/23(土)に福岡であります。
年明け1/27(土)には東京でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

D-STAR JAPANアワード

ここです。
10局、レピータ使用可能とはいえ、30枚限定と非常に難しい:->アワードです。
うちからでは使えるレピータが無いので、10局は限りなく遠い目標です。
AJDはレピータ必須なので、移動運用でも行わないと不可能です。

D-STARの免許、無線機、レピータが揃っている方は狙ってください。
カード不要で自己宣誓、手数料は200円分の切手だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術が決まりました

上場の日にかけて2日以上メンテナンスとは、@niftyもえらい日にやりますね。

来週の水曜、13日に手術することになりました。
残っている大腸を全部摘出してストマを造るそうです。
手術室に入るのは6年ぶりです。
6年もたてば少しは楽に出来るのではと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

早朝のラジオ

昨日の検査で腹の調子が悪いです。
夜の3:30に目が覚めてから眠れなくなったので久しぶりにラジオを聞きました。
都市雑音の少ない時間なので、中波は思ったよりも沢山聞こえました。
窓際より若干内側のほうがなぜか聞こえます。
地元:山陽放送、NHK
在京:ニッポン放送
名古屋:東海ラジオ
在阪:朝日、毎日
その他:KBCラジオ
810KHzのAFNが聞こえたら面白いですが、無理そうでした。
この時間は大体の局がオールナイトニッポンなので番組のバリエーションは寂しいです。
FMは地元局は聞こえました。
FM岡山、FMくらしき、Radio Momo、NHK FM
たぶんミュージックバードの垂れ流しと思われるコミュニティFMはDJ無しで70年代の懐かしい曲が延々と流れます。
ステレオヘッドホンで聞いているので立体感はきつめに出ます。

そうこうしているうちに4:59。
山陽放送ラジオに合わせて局IDを聞きました。
中継所の場所や出力をアナウンスします。
その後創価学会の番組が始まったのでラジオのスイッチを切って寝ました。
起きたら7:30でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

今日は小腸造影

何度もやっていますが、慣れてきたとはいえ苦痛です。

前処置は下剤1錠だけです。
それでも夜それなりに来ました。
9:30頃開始です。
検査着に着替えた後レントゲン室へ。
倒れるベッドに寝て、鼻からゾンデを入れます。
つまりやすい穴はどっち、左ということで、右に入れることになりました。
最初に気体の麻酔を両穴に入れ、ゲル状の麻酔をリクエストで右穴に入れます。
いよいよ緑色の物体が入ります。
ごくごく飲むようにします。
喉を通るときは非常に苦しい!
一度通るとあとは神経が無いので胃までは入ります。
その先十二指腸を通すときはガイドワイヤを使って突破するのですが、腹がいたいです。
位置が決まれば風船膨らませて固定します。
バリウムと空気を入れて、ブスコパン打って腸の動きを止めてから撮影開始です。
大腸ほど体を左右に動く指令は出ませんが、頭を動かすと喉のゾンデが気持ち悪いです。
11:00頃無事終了しました。
小腸は目立った炎症は無いそうで、数年はしなくても良いとか。
永久にしたくないわい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

コミケットカタログ71到着

かねてよりCPSに頼んでいたコミケットカタログが到着しました。
相変わらず電話帳サイズでずっしりです。
秋葉原や日本橋では簡単に入手できますが、売り方も同人誌的というか書籍流通を通さないので地元での入手は難しいです。
(全く無いわけではない)
いつも通販で買っています。
売っている店はここ
まずは自分の所のサークルカットをチェック。
無事掲載されていました。
原稿は無事上がっているので、生産がチョンボしない限り最低1つは新刊がありますよ。
12/30(土)"西ぬ12b" 『まあべる本舗』ですので、当日は是非いらっしゃって新刊を買ってくださいね。
隣はNEXNETの研究本みたいです。
さすがはコミックマーケット。
第三者無線研究の同人誌なんてよそでは手に入らないですよね。
楽しみになってきました。
ちなみに、周りはミリタリー関係ばかりのようです。
ナチス研究とかの硬派なものから擬人化やらメイドさんに武器を持たせるとかいろいろ載ってます。

そろそろいつものA5 100円本を考えないといけません。
とりあえずこんなのを執筆開始です。
P
しかしながらスキャナもデジカメも、一番重要な受験票等の紙の資料も持ってきていません。
過去のblogから拾ってでっちあげてもいいんですけどね。
前の入院時も1冊原稿上げましたが、その時はテストパターン集だったので自分のWebに載せた画像中心で何とか形に出来ました。
今回はそうもいかないので(参考書とかは出版社のWebからの引用はいけないだろうし)退院してからになるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は肺機能検査

緊急でもないのに、土曜でも検査するのですね。
外来は午前中診察しているので行ってもおかしくは無いのですが。

肺活量を測るのが目的ですが、昔の水をたたえたいかにもなアナログの肺活量計ではなく、長いホースのついた巨大な掃除機という風情で、当然コンピュータ制御でした。
101キーボードに、いかにもCGAという感じのテキストが表示されているCRT(液晶ではない)が搭載されています。
中身はAT互換機でしょう。
肺活量はもちろん、呼気の速度もリアルタイムに計測でき、グラフ表示が出来ます。

実際の測定はお姉さんの指示で息を吸ったり吐いたりします。
肺活量の絶対値も重要なようですが、吐くときの波形、特にピークと傾き、速度が測定限界以下になるまでの時間を重視しているようです。
何度も何度も「吸って吸って吸って~、吐いて吐いて吐いて」とかなーり大きな声で応援?されます。

実は2000年にも同じ検査をやっていて、これで3回目なんです。
前回も同じ機械でした。
その前はPC-9801が制御していた気がします。
前回といっても6年も前ですが、医療機器は長期間使うらしくそれほど珍しくないようです。
検査は終始前回の値と比較していました。
あまりにも結果が違うとオカシイということのようです。
幸いほとんど同じ結果となったようです。
4100cc程度あるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

昨日の地上デジタル特番

今日も各局で特別番組があるようです。
さすがに食傷気味かな?
NHKはマルチ編成をやるみたいです。

ローカルの特番は10:00前後のカウントダウンを全局中継していました。
RSKは3回目の開局記念日(モノクロ、カラー、デジタルで3つ目のコールサインを貰うという意味か?それだと音声多重放送とか文字多重放送もだけど)とスーパーが入ります。
岡山・香川と2ヶ所あるので、NHK以外の局は親画面に地元(RSK,OKH,TSCが岡山、RNC,KSBが香川)、子画面に反対側を入れていました。
テレビせとうちはなぜか岡山県知事のスピーチ時に香川の画面を見せていましたが。
ちょっと邪推しましたよ。
映像は岡山香川ともNHKが撮ったものを民放も流していました。
地デジ親善大使(各局の女子アナが担当)がデータ放送の操作とか説明するのですが、面白いことに民放のアナウンサーがNHKのデータ放送を説明という、やや配慮に欠けた構成でした。
セレモニーが大体片付いたら民放は自局の宣伝をして早々に終了、局によってはHDTV生放送でジャパネットたかたテレビショッピングで大型テレビを売ってました:->

NHKは10:45から全国版です。
11:00に東京で行われたイベントの中継です。
やっていることは一緒でした。
地上デジタル放送推進キャラクターの草なぎ剛が出てきてカウントダウンです。
口の横に紙ふぶきがくっついてしゃべりにくそうだったのがかわいいです。

果たしてアナログ終了の2011年(アメリカでは2009年で、既に送信が一部終わっている国もあるので決して早くは無い)にどれだけ普及しているのかは不明ですが、テレビはインターネットと違ってライブ感を共有出来る数少ないメディアですので、それなりに発展して欲しいものです。
今起きている事件やスポーツの生中継、人気ドラマを同じ時間に見るなどはアクセス集中に弱いインターネットではまだまだ不得手ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

今日から全国で地上デジタル本放送

遅れていた九州と岡山・香川で本放送開始です。
番組表によると、地元では大体9:55から特番のようです。
10:00頃に全局同じ場所からの中継という話を聞きましたが、そうなったら快挙ですね。
NHKは10:45から全国版もあるようです。

最近はスポットでリモコンナンバーの訴求が多いです。
テレビせとうちのななちゃんとか、瀬戸内海放送のスパーキーがGo!とか。
当然今までのリモコンと場所が違うので、迷う人が続出ですね。

NTT中継回線が6月に光化されて以降、画質も音質もどんどん良くなっています。
おもしろいことにアナログ波もエッジの効いた、いかにもデジタル素材という画質になっていますね。

ニュースを見るとSNGはまだSD収録が多いようですが、今後は急速にHDになるんでしょうね。
簡単には見れないので衛星を見る楽しみが減ってしまいますね。
海外はまだまだ大丈夫だと思いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »