« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »

2006年4月30日 - 2006年5月6日

2006年5月 6日 (土)

無事帰宅

羽田インは朝食無料というのでどんな物が出るのか楽しみだったが、野菜類が全然なかった。
ジャムやマーマレードはあるが、いいのか悪いのか。
パイナップルジュースはありがたく頂いた。

昨日はトイレで赤い物を沢山見て、こりゃあかんということで早めにホテルに入っておとなしくした。
真っ赤だったのでかなり下からだ。
食べ物は極力抑えて凌ぐことにした。
ついでに、歯が1本欠けてしまった。
ますます、固形物が摂取出来そうにないよ!
東京をエンジョイしそこなった1日だったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

ビギナーアマチュア無線運用教室

今日は東京で遊びだ。
今はホテルから。
無線LANが便利だ。

朝一番の日本航空の便で羽田へ。
そのまま京浜急行経由で巣鴨に着いたのは9:50。
10:00開始のビギナーアマチュア無線運用教室には何とか間に合った。
南口のホテル街を抜けてCQ出版の隣のJARL本部に着いた。

JARLの1FではJA1RLの運用がすでに始まっていた。
午後から交信実習らしいが、私は別件があるので午前中のみの参加だ。
エレベータで3階の会議室へ行く。
所有者とJARL以外のテナントもいるのね。

参加者はなんと私を含めてたったの3人だ。
JARL NEWSを含めて広報ができなかったとのことで、致し方ない面もあるが、実に少ない。
季刊の弊害とも取れるが、CQ誌には載ったのかな?
講師は東京都支部長の本間氏だった。
ガールスカウトじゃなくて残念。

内容は昨年末に作ったという広報パンフレットに沿って行われた。
確かに1アマ試験の時に同じものをもらった。
そういう意味ではあまりこれといった内容は無かった。
出席者からの質問に答える時間もあった。
コンテストのマルチプライヤは何か、というのがあった。

社団法人改革や免許制度改正に関する話題もあった。
上級アマの良い教科書が今は無くて講習会が出来ないそうだ。
特に法規。
あと、関東地方本部管内はARDFの推進はしてないとか。
競技できる場所の問題、外部から来る参加者が地元を抑えて賞を総取り、いくら強化しても軍隊式に訓練している海外の壁が厚い、などなど。
岡山は支部長(と選挙相手)自ら実践するほど盛んだけどなあ。

感想は、支部長は大変だなあ、かな。
救われるのは残り2人が比較的若そうな人だったことだ。
8J1H宛てに届いたQSLカードを見れたのはめずらしいかな。
JARL記念局宛てにカード送っても全く意味がないと思っていたのだが。
(一方的にと言われていたら送らないほうが良いと思う)

その後コミティアに行って売り子にアマチュア無線に対するオルグを行ったのは言うまでも無い。
今日もらったパンフレットやハムログやQSOBANKでもらった電子QSLを見せて説明する。
当然パンフレットは進呈。

昔取りたかったけど...という層は多いようだ。
今は4アマが講習会2日、3アマが選抜試験廃止で1日ということは意外と知られていないみたい。
金で解決してしまうインターネットや携帯電話と違って全部自力+自然の力でコミュニケーションを成立させる優位性をもっとアピールしたいものだ。

最後に秋葉原に行ってロケットアマチュア無線館で50/144/430MHzホイップとFT-817用DTMFマイクを買ってホテルに入った。
疲れたなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は東京で遊ぶ

旅行らしい旅行をしていないので、今日は東京に行って来る。
午前中はJARL本部に行ってビギナーアマチュア無線運用教室なるイベントを見てくる予定。
私は国試でしか免許を取ってないので、こういう講習会でいったいどんなことを教えてくれるのかわくわくだ。
30年前の初歩のラジオやラジオの製作にあるようなふる〜い内容だと暴れるぞ(^_^)
講師が誰なのか分からないが、希望としてはガールスカウトのお姉さんだな:->
やっぱ、おぢさんにしても、子供にしてもじいさんが教えるよりもその方がいいんじゃないかな。
たぶんJARDハム教室の先生だろうけど。

13:00位に東京ビッグサイトに行ってコミティアへサークル参加している相方の査察だ。
気分が乗れば中の人にもなる予定。
もちろんまあべる本舗の同人誌も売るよ。
COMITIA76 5/5(祝:金)シ13a『動画35+』で頒布なので是非来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

瀬戸内市四辻山で移動運用

Y1_3

HB9CVの動作確認のために四辻山へ移動した。
50MHz SSBのみで12局とQSO出来た。
ありがとうございます。
昨日とは打って変わって沢山の局が聞こえた。
東は三重県亀山市、西は福岡県京都郡苅田町と出来た。
あまりCQ出したりはしなかったが、それなりに手応えのある90分だった。

アンテナの評価としては、やはりIC-703内蔵SWR表示でVSWR:2以上の表示が出る。
なんだかな~。
帰宅後ダミーロードで測ってみると当然<1.5だ。
一度内蔵SWR計、外付けSWR計、クラニシのアンテナアナライザーで比較してみよう。
同軸が悪いのかも知れないし。

今日もQSLカードに移動地に関係する写真を印刷した。
当然上の三角点ではない。
お楽しみにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HB9CVのVSWR問題を探る

昨日の真鍋島ペディではアンテナ系にかなりの問題があった。
さっさと7MHz PSK31一本に転進すべきだった。
今日は当初から予定の無い日なので、コメットさんの2ele HB9CVのVSWRがどうなのか探ってみた。

C1

ベランダに組み上げてみた。
この高さでは当然ながら使い物にならない性能だ。
ショートバーはマニュアルどおり中心から42cm,支持棒片側30cmの先12cmの位置にした。

C2

目いっぱい上げた。
約5mになる。
クラニシのアンテナアナライザーで測定する。
この状態で、マニュアルどおり51.0MHzがVSWR1.0だった。
上下1MHz程度はVSWR1.5に収まっている。
あれれ?
IC-703の内蔵VSWRメータは辛いのか?
このままでも充分動きそうなのだが、マニュアルにしたがってショートバーを内側にスライドさせる。
普通SSBだと50.150-300MHz付近に多いので、51MHzでは離れすぎている。
FMで使うには妥当なのだが。
マニュアルによると1cmあたり50KHz,最大でも300KHzらしいので-6cm,要は支持棒の先6cmにしてみた。
確かに50.7MHz付近にVSWR1.0が降りた。
このあたりで妥協して、ショートバーの位置が分かるようにネームランドでマークした。

C3

ついでなので前とか後とか印刷して支持棒やフェーズラインに貼った。
コールサインも印刷してブームやアンテナアナライザーに貼った(^_^)

果たして良くなったのか?
FT-817の内蔵簡易VSWR計だと全く振れない。
一度IC-703の内蔵VSWR計と比較しないとダメだなあ。
屋根の上の6エレ八木と遜色なく3エリアの移動局が良く聞こえるので、昼から迎撃移動しようかな(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

真鍋島ペディ無事終了

今回は同行者あり。
7:30頃24時間営業ハローズ田の上店で昼食を買う。
同行者と430MHz FMでラグチューしながら笠岡港を目指す。

M1

なかなかいい感じ。
客の話を聞いていると今日はどうやら走りみこしという祭りがあるらしい。
その割には客があまりいないかも。
同行者はガーミンのGPSやらMPEG4ビデオカメラやらいろんな装備だ。

M2

片道の値段だ。
高いけどこれでも採算合わないのだろうね。

M3

船内はなかなかいい感じ。

M4

後部デッキから瀬戸内海を見る。

M5

海が青い。

M6

客席は全部埋まってしまったのでベンチのある荷物置き場で過ごすことになった。

M7

上がベンチ。
今回の荷物は2口。
島に着いたら担ぎ上げ。

M9

白石島、北木島を経由して無事真鍋島に到着。
ちなみに各島とも1分程度しか停泊しない。
まさに海上バス。

M8

桟橋。
ここから1Kmほど山を登ってふれあいパークに行く。

M16

こんな場所からだ。

M10

設営開始。
IC-703のツイン。
どうだ、まいったか。

M11

今回の設備。
もちろんPSK31も運用可能だ。

M12

50MHz HB9CV。

M13

7MHzダイポール

M14

同行者の50MHzデルタループ。

同行者は走りみこしの写真撮影のため昼はいなかった。
ビデオに撮ったりしたらしい。
そのため運用時間確保のため予定より1便遅らせて15:05の便で帰った。
もっとも14:00には私も同行者もバッテリー切れになってしまったのだが。

JE4SMQ交信結果

QSO頂いた方ありがとうございます。
今回はお祭りの模様を印刷したQSLカードを発送いたします。
もちろん、このblogに無い写真です。

50MHz SSB:8
7MHz PSK31:3
合計11QSO。

雑感

・聞こえた局数は少ない
 はっきり言って幻滅。
 お祭りや気候、自然は非常に良かったが、無線をしに行ったという意味では成果無し。
 せっかく高い船賃出して重い思いをして担ぎ上げた意味は感じなかった。
 金輪際離島ペディションはやりたくない:-<

・HB9CVの50.2MHzでVSWRが2
 とりあえずチューナーでごまかしたが、これではだめだ。
 調整が必要。

・50MHzはアンテナを東に向けるとものすごいノイズ。
 海の近所ということもあり、おそらく電力線の絶縁不良箇所が近所にある。
 よって、交信の大部分は福山市以西。
 3エリア以東の方、あしからず。

・7MHzはSWRも良く落ちてまずまずだが、当然ながら空き周波数が無いのでSSBは諦めた。
 PSK31に絞って運用。
 しかし、当然ながらデューティー100%なのであっという間に電池が無くなる。
 5WにQRPして運用すればよかった。

・IOTAのニーズを感じない
 7MHz SSBに出れば違うのだろうが、50MHzでは何それの世界。
 JCC的にはただの笠岡市なので全然レアではない。

帰宅後OHKのニュースで走りみこしのニュースが流れた。
確かに取材に来ていた。

M15

同行者側から見た感想やここでは書けない事実はアマチュア無線家向けSNS"MyShack"に掲載するので関係者はご覧下さい。
参加したい方は私のcallsign@jarl.comへメール頂ければ招待いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日真鍋島ペディション決行

現在の所天候に問題が無さそうなので本日の真鍋島ペディションは決行いたします。
ありがたいことにJH4GLG局が同行致しますので、最大2バンドで同時運用致します。

運用者:JH4GLG(2アマ),JE4SMQ(3アマ)
運用場所:岡山県笠岡市真鍋島 JCC:3107 JIA:31-105 JIIA:AS-117-072 GL:PM64SI
運用時間:10:00-13:00予定
バンド:50MHz SSB主体
   7,21MHzのアンテナも持参
   50/144/430/1200MHz FMハンディも持参
モード:SSB主体
   HFはPSK31も出れるよう設備は準備。
   CWは同行者は不明ですが、私は全く出来ないので勘弁して下さい。
   キーは持参しません。
   バンド/モードのリクエストは応じかねる場面もありえます。
設備:IC-703 2台(^_^),IC-T81ss他 忘れ物で運用不能を避けるためにメインリグは統一
   アンテナは50MHz:2eleHB9CV/デルタループ,HFはダイポール/ツエップタイプ
   PSK31/ログ用PCも持参予定
   電源は2AH程度のバッテリー。

島内は自家用車の乗り入れが不可能で、港から山頂迄すべて徒歩での移動になります。
最低限の設備で臨みますのでアンテナ、電源トラブル等で予告無く運用縮小、中止の場合もありえます。

聞こえたら呼んで下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

韓国KBSに特撮ドラマが帰ってくる

Maru

IQが高いのを売りにしたドラマは受けなかったのか、来週からマックスマンやミルガオン以来の特撮ドラマが帰ってくるらしい。
タイトルは何と読むんでしょう?
ファラン(花郎)戦士丸?
たぶん月曜から木曜まで週4回だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Edyギフトを自宅で受け取る

Edygift

Felicaリーダがあると、特に申し込み無しにEdyギフトの受け取りが出来る。
今回全日空の1回搭乗で500円プレゼントがあったので受け取ってみた。
全く問題無く貰えたよ。
チャージと違って細かい設定やクレジットカードの番号は不要だ。

ただ、Edyギフトを貰えるケースがあまり無いのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の真鍋島移動運用は中止

朝雷鳴を聞きましたので、大事を取って中止とします。
午後からは快復しそうですが、行きに落雷、降雨等トラブルがあると困ります。

明日は移動出来るようお天道様に祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

5/2 or 3 真鍋島移動運用予定

今日は病院で診察してもらった。
結果は悪化だったが、まあいいか。

兼ねてよりの予定通り、真鍋島にて移動運用をすることにした。

場所:
岡山県笠岡市真鍋島 3107 JIA:31-105 JIIA:AS-117-072 PM64SI

日程:
3/2(火) 予備日:3/3(水)
09:10 笠岡港(JR笠岡駅すぐ)発 高速船
09:54 真鍋島着
ふれあいパーク付近で運用予定。
13:20 真鍋島発 高速船
14:04 笠岡港着
時刻表

運用バンド:
50MHz SSB中心。2ele HB9CV。
7MHzダイポールも持参予定。
同軸ケーブル1本で運用するため、2バンド運用(リクエストでのQSY)は無理と思われる。
リグはFT-817を想定しているが、そのときの気分でIC-703にするかもしれない。
50-1200MHz FMハンディも持参予定。

決行の可否:
天候不順その他の理由で決行出来ない場合はこのblogに掲載。
7:30までには決める予定。
当方病人のため、体調不良の可能性もある。
なお、今のところ5/2は悪天候の予報が出ている。

今のところ1人で決行予定だが、もし同行希望の方がいればcallsign@jarl.comにて連絡頂ければありがたい。
現地は道路が狭く、徒歩以外の手段は使えないので注意。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月30日 (日)

FT-817マニアになる本を入手

Ft817

ALL JAのあと倉敷市内の本屋を駆けずり回ったが、結局無し。
イオン倉敷SCの喜久屋書店にも無かった。
IC-7000やVXシリーズの本は山ほどあるのに。
今日わざわざ岡山の丸善迄行って1冊だけの在庫を購入。
もしかしたら地方では飛込みでは買えないのかもしれない。

内容はどちらかといえば初心者向けか。
マニュアル見れば載っている、アマチュア無線の教科書見れば載っている内容が大半。
もちろん大きな文字で一部カラー印刷とか、トップバンドに挑戦とか、電池の種類による持ちの検証は手間がかかってそうで感心したが。
アンケートはなかなか笑えてよかった。
結果を見ても分かるとおり無目的にとりあえず最初の一台選ぶのはあまりお勧めしたくない。
高い値段の割にパワー5Wは中途半端だし、付加機能は限られている。
それらをカバーするには手間もお金も掛かるので、FMラジオ代わりになるのが関の山だろう。
逆に分かって手に入れる分には面白い素材だ。

私は2700mAHの単三型電池ニッケル水素12本を4本入り電池ボックス3つ直列で外付けで使っている。
電圧が高そうだが、実は負荷を掛けるとちゃんと許容電圧まで下がるのだ。
3時間以上5W出てしかもシールバッテリーより軽くてコンパクトなので、あえて内蔵電池ケースにこだわる必要も無いのでは...。

ところでライバルのIC-703の本は出ないのかな?
モデル末期という気もするので営業上の理由では無理かもしれないが。
個人的にはこちらの方が最初の1台にいいと思っている。
必要なものは内蔵しているし、内蔵チューナーは移動運用で送信できない場面を減らすのに貢献してくれる。
むしろ逆に内蔵チューナーを積極的に使っておもしろいアンテナの実験とかの記事が出来そうだ。

私のblogやHPを読んでいただければ分かるとおり両方使っているので、どちらも応援したいよ。
消費電力対決とか、雑誌に書けないような(笑)ねたもやったしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水島サロン

ケットコム見てたら水島サロン同人イベントがあるらしい。
しかもオンリーかい。
ライブが主体で同人誌即売会は従みたいだけど、成立するのかなあ。
メダロットって人気あるの?アニメの方はかなり前に放送してたけど。

ここはチャリティジャンク市やったりと、自主イベントには理解があるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »