« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

2006年2月26日 - 2006年3月4日

2006年3月 4日 (土)

今日のチャングムの夢は危機一髪

cm1

悪い奴は身近にいる人だった。
そして牙をむくが、正義の鉄槌に倒れる。めでたしめでたし。

あっけなさすぎ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅口郡金光町31003E移動

3/21より浅口郡の里庄町を除く各町が合併して浅口市になるので、お別れ移動だ。

m03041

いつもの遙照山 だ。
いい天気。

m03043

こんな感じで駐車場から運んだ。
m03042

新型電源は非常に小さい。

今回のミッション

・QSOは10局
 50MHz SSBで8局、430MHz FMで2局とお相手願った。
 時期を考えるとまずまずというか、予想より多い。
 内訳は岡山県、徳島県、香川県、高知県。
 不思議なことに3エリアはさっぱりだ。
 徳島県三好市は2局とQSO。
 高知県香南市は弱かったが出来て良かった。
 ちなみに一番の近所は同じ町内というか、かんぽの宿なので目の前だ。
 430MHzは5mのマストの先に自作のスリーブアンテナをつけてCQを出すとあっけなく2局出来た。
 玉野市移動と岡山市モービル。
 3D2V 10mなのだが、ケーブルロスよりもゲインはあったようだ。
 ワッチだけだが、21MHzはコンテストがあったようでDXがばんばんに聞こえた。
 18MHzで国内が開けていたようだ。
 アンテナが無かったので残念。

・電池の持ち
 イニシャルで15V、快調に2時間5Wが維持できた。
 SSBだと送信時の消費電力があまり高くないので持ったのだろう。
 430MHz FMで2局目に送信時10.8Vまで落ちて終了を決意した。
 9:30-12:00まで運用できたのでまずは合格だ。
 念のため昨年活躍したシールドバッテリーも持参したが、送信には使わなかった。
 もう引退させても良さそうだ。

・PCの外部電源
 シールドバッテリーは1月に作った昇圧回路を繋いでThinkPadX22の充電に使用した。
 20分程度で充電が停止。
 やはりシールドバッテリーは寿命のようだ。
 このため430MHz FMで交信した2局は紙ログになった。
 デュープチェックはコンテストでも無ければいらないので今後は紙ログにしようか。

・失敗
 初代シグマリオンに入れていたCQマシンソフトが期限切れで動作せず。
 諦めて使用中止。
 また、充電ケーブルも忘れたので動いていてもそんなには使えなかったと思われる。
 2eleHB9CVが桜の木にあたってエレメントがやや曲がった。
 まだ使えるが、そろそろもう少し大きなアンテナを考えたい。
 軽いので徒歩での移動には便利なのだが...。1.5m近くあって長いのは困るけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

今日のサイボーグクロちゃんではない

na1

今日のナロン。
侘しい食生活だ。
でも、宇宙人らしいので問題無いのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

3/4に浅口郡金光町へ移動運用しようかな

3/21に浅口市になるので、その前に移動運用しようかな。
遙照山になると思うけど。
QSOパーティを除くと今年最初の移動運用だ。

今の所の予定。
天候不良、体調不良の場合は3/5へ順延か中止。

日時:3/4(土) 10:00-12:00位迄前後あり。
場所:遙照山のどこか たぶんいつもの場所
バンド、モード:50MHz SSB 2eleHB9CV 10W以下で運用

FT-817+新型電源かIC-703移動こけら落としにするかは今の所未決定。
両方持って行けという声が聞こえそうだが...。
まだ50MHzは寂しそうだが、目標1局で臨む予定だ。
50MHz-1200MHzのFMハンディも持って行くので受信だけはする予定。

場所柄7MHz移動隊とか144/430/1200MHzのおばけ八木アレー軍団が占領している可能性もあるが、その場合はあきらめて帰るつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

韓国にも磁気浮上式鉄道はある

tjb

韓国SBSニュースから。
元ソースは大田放送(TJB)のようだ。
#ローカルニュースばかりやっていた

遊園地の「のりもの」にしか見えなかった...。
無事完成して活躍想像図CGのようになってもらいたい。

tjb1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

QSLカード138枚到着

本気でやっている人には到底及ばないが、生まれて初めてJARL封筒以外でQSLカードが届いた。
qsl1

佐川急便は日本郵政公社と配達で提携しているのでもしかしたら郵便扱いなのかもしれないが、自宅の電話番号は印刷されていた。

qsl2

コールエリア+記念局で山を作ってみた。
残念ながら9エリアが無いのでAJDは未完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

中文版ヨランの改変度

yo1

韓国で日本製アニメが改変されてあたかも自国産のように装っているのは常識だが、その韓国製アニメを中国大陸では中文化していた。
こちらはおそらくハングルが読めないので仕方なく、という意味合いが強いように思う。
中国側、韓国側どちらがローカライズしたのかはよく分からないが、上手に直しているので経験のある韓国側かなあ。
ハングルの吹き出しがあること自体変なのだが。
ちなみに英語版はスーパーが入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

安全運転講習会

職場であったので参加した。
シートベルトして逆さになるとか、酔っ払いになるめがねをかけてまっすぐ歩くとか、もぐらたたきみたいなのとか、動体視力を測るとか、視野角の広さを測るとか。
もちろん運転シミュレータもあった。
少女を1人引き飛ばして気持ちよかったぞ(^^;
ハンドルに遊びが無くてセンシティブで、アクセルもやたら軽くて、酔う人もいるいるという3DCGはかなり違和感あった。

年齢相当の成績とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

今日の日本漫遊は代アニとアニキ

アニつながりか?

m1

中国の青少年も日本の代アニに入りたいのだろうか。
なんだか間違っているぞ。

m2

水木のアニキだ。
あっちでも人気なのだろうか。
しかし、年取ったなあ。
レポーターが日本人だったので、もしかしたら日本の情報番組から提供を受けただけなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公共放送とコマーシャル

NHK国際放送CM導入論、民放から反発 本末転倒

今でもNHK地上波でもAC(公共広告機構)は流れているんですが(^^;
大多数の視聴者は商品CMと番組宣伝の違いすら気にしていないので、それほど気にしなくてもと思う。
NHKと民放が共同で流している地上デジタルの啓発スポットは事実上商品CMとも言えるし。
それに自社宣伝はOKなのでコンサート等のイベント告知やステラや教育番組のテキストの「紹介」はまんまCMですよね。
#そのステラやテキストにはちゃんと本物の商品CMがあるがNHK本体とは別会社だからOKなのかね

NHK WORLDは国が金を出している日本の対外宣伝放送だ。
ニュース中心の無料チャンネルと、ほぼNHK総合と同じ編成の有料放送Premiumがある。
国内のNHKは戦前の反省から国家予算とは独立会計となっているのだがなぜか国会で収支報告をやっている。
本当なら海外向けは別会社、あるいは別公社にするのが筋とは思うが放送は装置産業なので初期投資がかなり大きい。
そうそう切り離すのもお金の面では難しいのだろう。
ちなみに短波放送はKDDIから送信設備を借りている。

アメリカはVOAという国営対外宣伝部門を持っているが、国内は基本的に民放だ。
CM打たない放送局もあるが、宗教法人や慈善団体がやってたりで「寄付」や作った番組の外販やビデオ販売で賄われている。

韓国ではKBS WORLDは特殊会社のKBSが行っているが、国内向けはCM無しとありのチャンネルを持っている。
(独裁時代、国内の放送局をKBSへ集約したという事情もあるが)
海外向けはほぼCMの無いKBS 1TVそのままなので、今の所CMが無いようだ。
短波放送にも無い。
それとは別に観光協会がarirangtvという海外向けTV放送を行っているが、こちらは少ないながらもCMがある。
日本も似たような物でCh.Jなんてのがあったが、いつのまにか無くなってしまった。

諸外国は国営放送であってもCMを入れている。
むしろCM枠の割当制(CM枠を強制的に割り当てることで、視聴率は取りにくいが良質な番組の打ち切りが防げる)で放送内容の安定化を保証出来るメリット?もある。
#CM枠が国家関与すべき内容かは議論の必要あり
もっとも番組に関係する商品のCMが御法度な国が大半なのだが。
#例えばポケモンの枠でデジモンの商品CMが流れたりするのだな

NHKは公共放送だからCM入れないというのはいいんだけどね。
でも、義務果たせるのかな。
NHKは国内あまねくどこでも視聴出来るようにする義務(TVはBSで一応果たせているらしいがラジオはまだ)とか民放には無い足かせがはめられているのだ。
海外向けも義務の1つだ。

義務の問題を解決するにも、鉄道じゃないけどインフラとサービスの分離は必要だよ。
地上デジタルは1波で複数チャンネル取れる訳で、NHKと民放のインフラを統合するには非常に有利だ。
今の民放は番組制作に特化してスリム化。
スカパーは既にそうなっているのでかなり先鋭化したチャンネルも存在出来ている。

巨大化しすぎて解体も難しいNHKだが、この先どうなっちゃうんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »