« 今日は玉野市貝殻山移動 | トップページ | シェアコネクタを使って直結ケーブルを作成 »

2007年2月 5日 (月)

APRS/CEで遊ぶ

WindowsCEで動くAPRS/CEを試してみました。

Aprsce1

東芝GENIO e550DTにインストールしました。
GPSカードはCOM4であっけなく認識です。
PHSを使えるようにしたらIGATEへ位置情報を投げれるようですが、写真だけで未確認です。
シリアルポートのついたクレイドルかケーブルがあればTNCも使えると思います。

Aprsce2

初代シグマリオンでも実験です。
GPSカードはCOM2であっけなく認識です。
TNCを繋いで見ましたが、初期化はするものの受信出来ません。
送信はするようです。
おそらくRS-232Cの処理落ちなのでしょう。
DTE速度を1200bps程度に落として、DTR/DSR,RTS/CTSをショートしてオーバーラン承知で使えばもしかしたら行けるかも知れません。
CQマシンを作ったときもDTR/DSRをショートしないと動きませんでしたから。

後者はキーボードがあるのでショートメッセージの入力が楽ですね。
ぜひとも物にしたいものです。
いい研究材料が出来ました。
あと、問題は地図データです。
とりあえず世界地図があったので入れていますが、日本の詳細地図が欲しいですね。
フォーマットはWinAPRS/APRS-CE/XASTIRは共通みたいです。
ベクターデータになっていて、拡大縮小出来ますよ。

|

« 今日は玉野市貝殻山移動 | トップページ | シェアコネクタを使って直結ケーブルを作成 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/13800284

この記事へのトラックバック一覧です: APRS/CEで遊ぶ:

« 今日は玉野市貝殻山移動 | トップページ | シェアコネクタを使って直結ケーブルを作成 »