« 明日はARRL岡山VE Teamの試験 | トップページ | FCC試験見学 »

2007年3月18日 (日)

TM-D700A/E 日本語マニュアル

海外版マニュアルの日本語翻訳がJAPRSXのWebページで公開されています。
国内版のマニュアルはナビトラ仕様で、無線機としての使い方はともかくAPRSとナビトラではぜんぜん違うので、
輸入してAPRS機能を使おうかという人には非常に参考になると思います。
ハンディ機TH-D7Aも含めて国内法規に沿った改造、免許方法の問合せ先もあるので、ちゃんと免許受けて使いましょう。
TSSの変更申請時の保証認定は何台頼んでも1回2000円です。
最近は保証認定料の銀行振り込みも可能ですし、総通へはお金払わなくても良い(郵送時はSASEは必要)のです。

マニュアルによると9600bpsサポートはPCSATアクセス用みたいです。
わざわざコストアップになるのになぜあるのか、ようやく分かりました。
もちろん地上で使っても送信時間が短いので高速走行時は意外と妨害に強いようです。

|

« 明日はARRL岡山VE Teamの試験 | トップページ | FCC試験見学 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/14299303

この記事へのトラックバック一覧です: TM-D700A/E 日本語マニュアル:

« 明日はARRL岡山VE Teamの試験 | トップページ | FCC試験見学 »