« APRS/CEでIGATE | トップページ | 冬コミ新刊を頒布していただけることになりました »

2007年3月 2日 (金)

XASTIRをインストールしてみる

X-windowのMotifで動くAPRSクライアントのXASTIRを使ってみることにしました。
動いてナンボなのでCMOSバッテリーの終わったCOMPAQのノートPCにdebianをインストールです。
このマシンCD-ROMドライブが無いので困るのですが、FDから起動してネットワークからインストールしました。
Xastir0

一通り終わったらapt-get install xastierでおしまいです。
簡単なものです。
起動したらこんな感じです。

Xastir1

ここを参考にフリーのベクトル地図を入れたらこんな感じです。

Xastir2

なかなかいい感じです。

KISS TNCを自力で制御できたりメッセージを喋ったりとか出来るようです。
そのあたりはまた実験してみましょう。

|

« APRS/CEでIGATE | トップページ | 冬コミ新刊を頒布していただけることになりました »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

地図の紹介、参考になったようで良かったです。そのページにDBFAWKファイルもアップロードしてあるので、よかったらご利用ください。を塗り分けて、地名他をローマ字で表示します。"No DBFAWK signature for ..." という表示も消えますよ。

投稿: JH4XSY/1 | 2007年3月 3日 (土) 午前 08時10分

JH4XSY/1局はじめまして。
大変参考になりました。
debianのrpmは古いバージョンのようで、設定画面がかなり違っています。
DBFAWKも落として展開してみましたが、地名表示がされなかったり塗りつぶしがされないなど不具合がありました。
ソースからbuildしなおさないとだめですね。

投稿: まあべる | 2007年3月 3日 (土) 午後 09時20分

すみません,DBFAWKの動作確認はv1.8でやりました。まあべるさんが今朝から使用している開発版v1.8.5では動くはずです。ダメなら突っ込んで下さい。
それからAPRSメッセージをこちらから届けることが出来ませんでした。APRS-ISインターフェースのPASS-CODEの設定を確認して下さい。よろしくです。

投稿: JH4XSY/1 | 2007年3月 4日 (日) 午前 10時46分

今朝はソースからmakeして起動するところまで確認して移動運用に出てしまいました。
GAのメッセージは届いています。

川に色がつきましたが、地名が全然出ません。
AL020とか謎の記号になります。
debianは趣味じゃないので、Vine 4.1あたりに入れ替えて継続しようかとおもっています。

投稿: まあべる | 2007年3月 4日 (日) 午後 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/14106013

この記事へのトラックバック一覧です: XASTIRをインストールしてみる:

« APRS/CEでIGATE | トップページ | 冬コミ新刊を頒布していただけることになりました »