« 下関国際ターミナル | トップページ | 博多どんたくで大渋滞 »

2007年5月 2日 (水)

プサンの入管を糾弾する

船便の場合、日本の出国時は手荷物検査を「全く」しないので、プサンに着いてからX線検査等行います。
運悪く金属検知器で引っかかってしまい、ボディチェックです。
下腹部が膨らんでいるのを目ざとく見つけて理由を聞かれ、「オストメイト」と答えたら理解できないようで「中を見せてください」。
恥ずかしながら服脱いであそこを見せましたよ!
疑いは晴れましたが、心の傷は晴れません。
どうにかしてほしいです。
グアムでは全く問題なく通過できましたよ。

普通ならまず何か証明書を求めるものでしょう。
こちらは身障者手帳は準備しています。
見てわかるかは不明ですが。

韓国に渡航されるオストメイトの方、船便は要事前準備ですよ。

|

« 下関国際ターミナル | トップページ | 博多どんたくで大渋滞 »

「IBD」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/14930002

この記事へのトラックバック一覧です: プサンの入管を糾弾する:

« 下関国際ターミナル | トップページ | 博多どんたくで大渋滞 »