« APRS IGATE用アンテナを変更 | トップページ | 少しずつ日本語化されるGoogle Maps APRS »

2007年12月25日 (火)

1575円PC

K

本体だけで1575円のPCです。
正直、5250円出したらキーボードもマウスもディスプレーもリカバリCDまで付いてCerelon 600MHzぐらいのがあるので、道楽の世界ですな。

ごく初期のMATE NX省スペース機ですね。
当然USBキーボードで、PS/2コネクタが無いので(マウスだけはある)果たして良いものなのかどうか。
スペックはSLOT 1 PentiumII 266MHz 160MB(32+128MB) 4GBでした。
上の1050円SLOT1 PentiumIIIは入らないかなと思って買いましたが、チップセットが440LXで、刺さってもまず動かないようなのでただのゴミ状態です。
昔450MHzで動くので流行ったCeleron 300MHzあたりならもしかしてとも思いますが。

一応CD-ROMから起動しました。
しかし、CD-Rは読んだり読まなかったりです。
1999年当時はCD-Rが読めないドライブは多かったので仕方ありません。
ドライブ交換すればあるいわですが、おそらくベンダID見ていて何でも認識という訳には行かないと思います。
フロッピーは円盤を回すモータに繋がっているプーリーが顔を覗いていたので壊れています。
ケーブルが特殊なドライブなので手持ちと交換は出来ません。
さすがはAT互換機もどきのPC98-NXですね。
燃えますよ。
マニュアルやドライバは121wareから入手できるので潰しは利きます。

ubuntuのCD-ROMを突っ込んでみましたが、物理メモリが足りなくてインストーラは起動しません。
メモリは2バンクの256MB SDRAMがあれば512MB行きそうですが、中古でも人気なので入手は難しいでしょうね。
素直に128MB2枚差して256MBで使うのが無難でしょう。
とりあえずBIOSのアップデートかな。
CD-ROMだけでしないといけないのが厳しいです。
起動だけなら100BASE-TX LANが内蔵なので、超裏技でネットワークブートという手もあります。

|

« APRS IGATE用アンテナを変更 | トップページ | 少しずつ日本語化されるGoogle Maps APRS »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/17477261

この記事へのトラックバック一覧です: 1575円PC:

« APRS IGATE用アンテナを変更 | トップページ | 少しずつ日本語化されるGoogle Maps APRS »