« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »

2007年3月18日 - 2007年3月24日

2007年3月24日 (土)

門司港レトロを見に行く

読売旅行で門司港のイベントがあるので、行ってきました。

片道400Kmはあります。
困るのはトイレ。
福山SAのオストメイト対応トイレはこんな感じ。
M1_9

使って見ましたが、普通でした。
しゃがまなくても良いのはいいでしょう。

JRバス中国です。
岡山県では路線バスは高速バスとノートルダム清心女子学園便以外は撤退していますが、団体旅行はまだやっているようです。

M3_5

時速90Kmで巡航していました。
天気が悪いせいもあるでしょう。

M4_4

下関には大砲が並んでいます。
もちろんレプリカですが、幕末には本物があったのでしょう。

M15_1

下関側から人道トンネルを歩いて渡ります。

M5_3

くらげが泳いでいました。

M6_3

空は星空です。

M7_1

巌流島への渡し舟無料乗船券が当たったので渡りました。
普通は1000円です。

M14_1

このおかげで肝心の門司港付近は時間切れで回れません。

M8_1

未だにあるんですね、渡ってきた船。

M9_1

銅像もあります。

M10_1

猪木VSマサ斉藤は黒歴史じゃないのですか。

M12_1

ふぐ鍋はこんなのでした。
無料試食なのでまあまあかな。
汁には結構大きなふぐの身が、から揚げもふぐです。

M13_1

APRSは玉島ICを過ぎるとさっぱりでした。
4エリア下関市の巌流島で430MHz FMでCQ出してみましたが応答ありません。
目の前は6エリア北九州市なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

100円腕時計の電池交換

ダイソーで売っている100円腕時計を愛用しています。
あまりにも安っぽいので海外に持っていっても盗まれる心配がありません。
時間さえ分かれば良いので特に困りません。

最近衝撃を与えると時刻が12:00に戻るようになりました。
電池切れのようです。
新しいのを買っても良いですが、せっかくなので電池交換しました。

電池はLR-41です。
100円ショップでは2個1組で売っています。
ちょっともったいないですね。
裏蓋はタッピングビス4本で止まっているので時計ドライバーで分解します。
後は見れば分かるぐらい単純な構造です。
全部で5分程度で終了します。

交換後は衝撃を与えても問題無く時を刻みます。
使い捨てじゃない構造なのはびっくりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

5/26-27 しょぼ~ん

関ハムのある5/26-27はいずれも予定が入っています。
尼崎のエーリックでやってた頃から毎年行っていましたが、今年は無理そうです。

5/26(土)は「韓国まんがまつり15~奇跡の価値は~」。
会場が東京のロフトプラスワンですからまず無理。
しかし、スケジュール見たら相変わらず濃いねえ。
多分出演させてくれるんじゃないかな~と思いますが、とりあえず観客席にいます。
同人誌の頒布も予定しています。

5/27(日)は昼12:40からDD3種の試験です。
会場が岡山なので午前中関ハム、午後試験という訳には行かないでしょう。
1科目わずか40分ですが、13:20に試験会場に出ても池田に着いたら15:00を回るでしょうからこれも出来ません。

似たような事情がハムフェア付近もあるのですが、これは夏コミ受かってから考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

今日は音声付で見れたチャングムの夢2期

祝日なので放送開始直前に受信具合の確認が出来て、無事音声が出ました。
早朝にこけるようです。

C1_2

相変わらず無茶なことをするなあ。
落し物を拾うカットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は遥照山移動

Y1_12

予告通り浅口市にある遥照山へ移動運用に行きました。
まだ桜には早すぎる時期で花見客はいないと予想していましたが、意外にも散策に来る人は多かったです。

Y2_13

浅口市のマナー啓発看板。
昔は金光町だったように思います。
ちなみに金光とは、宗教団体の名称です。

Y3_9

いつものコメットさんの50MHz 2ele HB9CVです。
アルミパイプを差し込むのですが、今日は異常に堅くて奥まで入りません。
そのままネジ止めもせずに使いました。
撤収時も堅くて抜けず、自宅に帰ってからCRCを吹いて無理やり抜きました。
削らないとだめだなあ。

Y4_2

移動地のグリッドロケータがすぐに分かって良いですね。

Y5_2

ほぼ山の上です。

祝日ということもありあまり期待はしていませんでした。
結果は5局です。
ボウズで無かっただけ良かったです。
QSOしてくださった方がわざわざ山まで上がってきてアイボール出来ました。
APRSは2局がメッセージをくれました。
返事は届いたかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

浅口市移動運用予告(3/21)

久しく遥照山へ行っていないので、明日移動運用を予定しています。
聞こえたらコール下さい。

日時
3/21(水:祝日) 10:00-13:00頃まで

場所
遥照山 岡山県浅口市 PM64TN JCC#3118

バンド、モード
50MHz SSB中心

装備
FT-817ND 5W 12Vシールドバッテリー 50MHz 2ele HB9CV
Elecraft T1とロングワイヤ,144/430MHzホイップも持参のため、理論上は7-430MHz迄QRV可能。

現地に行ったかどうかはAPRSでモニター下さい。
Webが見れる方はDB0ANFで分かります。
モービルはSSID:9,ハンディはSSID:7です。
コールサインは自明なので書きません:->

天候、体調、家庭の事情等で中止になった場合はごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月19日 (月)

音の出ないMBC

KOREASAT2号が5号に入れ替わって以降、MBCが不調です。
日中受信困難になります。
それだけならよいのですが、音声が出ません。
チューナーのスレッショルド前後の挙動がおかしいせいですが、困ったものです。
チャングムの夢2期、今週は録画できるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

FCC試験見学

今日は岡山でFCC試験だったので、見学に行きました。
もう受験しなくてもいいので...。

Ve

岡山放送です。
表は閉まっているので、運動公園から東に入って南側のゲートから入場して来客駐車場に停めます。
いかにもソレっぽい車は皆無、というか、岡山ナンバーばかりです。
日付間違ったかな?
入口も分かりにくく、思いついての当日飛び込み受験はほぼ不可能ではと思います。
渡り廊下付近に行くと守衛さんがいたのでアマチュア無線の試験の旨告げると入館証を発行してくれます。
記録メディアやカメラの類は持ち込み制限があるので館内の写真撮影はしないことにしました。
入館証は当然Oh!くんデザインでした。

2階会議室βが会場です。
既にほぼ全員が揃っていました。
「来ている人の反対が無ければ見学しても良い」とのことで何とか見せてもらうことが出来ました。
今回からElement1が無くなったので、受験申請後はすぐにペーパーテストです。
CWの試験はあれはあれで味があるのでちょっと残念かな?
受験者数は1桁ではありましたが思ったより多くいて、ほぼ全員3エリアの方のようでした。
制度変更前にElement2,3,4合格で1を持っていないという方がいて、手続きのみでExtra合格扱いにしてもらっていました。
アップグレード受験でExtra合格されたかたもいました。
お土産の無い方は全くいなくて、最初から受験の方でも最低General合格と、100%を超えるモノスゴイ合格率です。
みなさん真剣に試験対策して受験されていました。
日本の従免持ってきている方が多かったですが(本人確認はパスポートか運転免許があれば良い)2アマ以上の方ばかりでした。
VEの方は受験者数より若干多い程度でした。

VEの皆さんの仕事を見せてもらいました。
最初に受験申込書の記入説明、次に問題用紙、解答用紙の配布、回答が終わったら採点、不合格になったりElement4まで終わったら免許申請の手続きと結構いろいろあります。
特に試験開始後採点になりますが、1人が終わると他の人も終わって何人も採点待ちになるので一番忙しいようです。
穴あきの回答チェックの道具が作りがいい加減(解答用紙にフィットしない)でいい感じでした。
必ず正解の書かれた用紙に重ねて間違いないことを確認後受験者の解答用紙をチェックしていました。
3人でチェックして正答数とチェック者のイニシャルを記入していました。
終わったらどんどん帰って行くのでだんだん暇になって、受験者が1人になると待ち時間つぶしが大変そうでした。
VE3人いないと試験執行できないので全員が部屋を出るわけにも行きません。
もっとも何人かは会場外で試験が終わった人と談笑してましたが...。

Element3(General)合格で非常に嬉しそうに家族に電話しに行った方が印象的でした。
30年来の念願だったとか。

私もVE Manualと格闘して資格取らないとだめだなあ。
日本語の虎の巻みたいなのは「ない」そうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TM-D700A/E 日本語マニュアル

海外版マニュアルの日本語翻訳がJAPRSXのWebページで公開されています。
国内版のマニュアルはナビトラ仕様で、無線機としての使い方はともかくAPRSとナビトラではぜんぜん違うので、
輸入してAPRS機能を使おうかという人には非常に参考になると思います。
ハンディ機TH-D7Aも含めて国内法規に沿った改造、免許方法の問合せ先もあるので、ちゃんと免許受けて使いましょう。
TSSの変更申請時の保証認定は何台頼んでも1回2000円です。
最近は保証認定料の銀行振り込みも可能ですし、総通へはお金払わなくても良い(郵送時はSASEは必要)のです。

マニュアルによると9600bpsサポートはPCSATアクセス用みたいです。
わざわざコストアップになるのになぜあるのか、ようやく分かりました。
もちろん地上で使っても送信時間が短いので高速走行時は意外と妨害に強いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月11日 - 2007年3月17日 | トップページ | 2007年3月25日 - 2007年3月31日 »