« 年金積立 | トップページ | FT-817用TinyTrakケーブルの製作 »

2008年2月15日 (金)

AprSVW:初号機根本対策/プレゼント

DCDの点灯がやっぱり残ります。
これはやはりノイズだろうということで、抵抗の足を這わせて電線のジャンパを極力無くしてみました。
MX614の作例を探すと、+5Vの入る16ピンを0.1μFでGNDに落とすというのがあったので、これをやるとてきめんに効きました!
要は電源からのノイズで誤動作だったようです。
弐号機もジャンパ削減とTCM3105の電源の1番ピンをやっておこうかな。

やっと安心して眠れそうです。
これもどちらか1台をプレゼントかなあ。
欲しい人いるかなあ。
GPS付きならいるんだろうけど、日本では意外と安価には手に入らないですね。

|

« 年金積立 | トップページ | FT-817用TinyTrakケーブルの製作 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

屋外でPC入らずのメッセージ交換ができるように,私もaprSVWを作ろうとしています.
1台目は万能基板で作ってみようとしていますが,95mm×67mmの万能基板にサンハヤトのD-Sub9ピン変換基板込みではかなりキチキチになりますね^^;).
EAGLEでプリントパターンを作ることはできるんですが,部品のパッケージが悩ましくて….

投稿: buchi/JO3FRH | 2008年2月15日 (金) 午後 11時04分

プリントパターンはAprSVWのWebページに置いてあったでしょう?
Master何とかという名前で。
それじゃだめですか。
MX614版はTCM3105版よりは楽だと思いますよ。
PICの周りはあまり部品が無いですが、モデムの周りは多いので配置を工夫してみてください。

メッセージは送れるというだけで、受信はともかく送信の実用度はあまり無いです。
ロータリーエンコーダがあればまだましみたいですが、長押しでカーソル移動は頭使います。
受信専用で定型分の返信だけと割り切った方が良いです。
こちらを見てください。
http://aprs-nagoya.webspace.ne.jp/bbs/?pid=aprs-nagoya&mode=pr&parent_id=24&mode2=tree

SET長押しでビーコンの強制送信が出来るのは試験時に便利です。

投稿: まあべる | 2008年2月15日 (金) 午後 11時36分

プリントパターン,ありましたね.よく探してませんでした.しかしながら,やはり部品のパッケージが日本のものと違うものもあるので,自分で作るしかなさそうですね.

aprSVWは機能にはかなり制限があることは了解していますが,trackerとは毛色の違ったハードなので面白みがあります.どんな感じなのかは,とにかく作って試してみようと思っています.

投稿: buchi/JO3FRH | 2008年2月16日 (土) 午前 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/40133961

この記事へのトラックバック一覧です: AprSVW:初号機根本対策/プレゼント:

« 年金積立 | トップページ | FT-817用TinyTrakケーブルの製作 »