« 特殊無線技士解答発表 | トップページ | キャッシュカードを取り忘れる »

2008年2月12日 (火)

AprSVW:弐号機ロールアウト

P

TCM3105Nが届いたので、弐号機へ装着です。
とりあえず送受とも動作しました。
安定度等はこれから検証になるでしょうか。
筐体は拘束具を外しました。

受信性能はさすがは専用モデム使用だけに高いです。
スケルチを空けてRXランプが点く程度にボリュームを合わせたらおしまいです。
メッセージが届くと馬鹿でかいブザーが鳴ります。
おもしろいですね。

配線がハンダ部分で折れてぼろぼろ切れて大変でした。
ワイヤストリッパが欲しい所です。
フラットケーブルは使うものではないですね。
一度筐体に装着すれば少なくとも内部は大丈夫だと思いますが。
回り込みがかなり激しくて困りましたが、AFケーブルにパッチンコアを1つ挿入で何とかなってます。
モデムICは送信してないときもシングルトーンが出ているんですね。
マイク出力レベルが高すぎるので、10KΩのVRを入れました。

|

« 特殊無線技士解答発表 | トップページ | キャッシュカードを取り忘れる »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/40104180

この記事へのトラックバック一覧です: AprSVW:弐号機ロールアウト:

« 特殊無線技士解答発表 | トップページ | キャッシュカードを取り忘れる »