« GARIN eTrex Legendの液晶不具合解消 | トップページ | にゃんこうけ様よりリンク頂きました »

2008年2月 3日 (日)

TinyTrak+Anti Tracker V2/プレゼント

T1

APRSのビーコンを発射するTinyTrakとAPRSのビーコンを受信してWAYPOINT(目的地)としてGPSへ戻すAnti-TrackerのVer.2です。
前に作ったものは基板が2枚なのは見栄えが悪いのと動作が不安定になる原因にもなるので、1枚にまとめました。
お金が無かったので、蛇の目基板とICソケット等ピンの多いものを除き、前に作ったものから部品を移植しました。

ケースは100円ショップで売っているL版ケースです。
葉書サイズまで100枚入るそうです。
QSLカードの整理に良さそうです。
半分しか使っていないので、単3が4本入りのパックを3つ入れても余裕です。
GPSへの電源供給を考えなければ6V程度でも充分動作します。

T2

先にケースの加工を行い、また、スイッチやLEDを先に配置しました。
LEDが手持ちの関係で形状が不揃いなのはご愛嬌。
TrackerとAnti-Trackerの切り替えスイッチも見栄えの良いものに変えました。
2回路あったので、Tracker側(設定変更時やGPS単体を接続した場合)にするとAnti-Tracker側の電源は切れます。
ディップスイッチは余った1回路にGPS端子4番ピンへ5Vを供給するかの切り替え機能を割り当てました。
GARMIN等電池内蔵のGPSを繋ぐ場合、これで消費電力が削減できます。
本当はもう1回路あればLEDの消灯も付けたかったです。
ちなみに、GARMIN LegendでバックライトがOnになると、三端子レギュレータの放熱板がかなり熱くなります。
電源部に50V220μFの電解コンデンサを入れました。
ただ単に手持ちの関係ですが、瞬断程度では落ちなくなりました。
DSUB9Pinへの配線はフラットケーブルにまとめて見た目を良くしました。
気休めにパッチンコアを入れています。
入れたほうが受信時の性能が良かったです。

T3

ジャンパだらけです。
この程度だともうちょっと上手に作りたかったです。
量産品ではないので、動けば良しなんですが。

T4

最後にNAME LANDで文字を入れました。
前のCDケースより横は短く、縦は若干長いです。
これなら欲しい人がいるかな?

Trackerはこのあたりで打ち止めにしたいです。
JH4XSY局の挑戦しているAprSVWがいいなあと思います。
Anti-Tracker機能は無いですが、受信したパケットが液晶ディスプレーに表示されてメッセージ送信が出来るのは大きいです。
カーナビのある車で使うには、こちらの方が実用的ですね。
使い勝手が良くなるロータリーエンコーダ外付け回路も紹介されています。
こちらではPICも液晶ディスプレーも入手困難なので悩みどころです。
モデムチップのMX/FX614に至っては輸入しか手が無いようです。
(調整が必要になるが、TCM3105版もある)
来週資格試験でニシザワガクエ~ン(アダ・マウロの声で)へ行くので、帰りに日本橋で探してみようかな。

|

« GARIN eTrex Legendの液晶不具合解消 | トップページ | にゃんこうけ様よりリンク頂きました »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/17939576

この記事へのトラックバック一覧です: TinyTrak+Anti Tracker V2/プレゼント:

« GARIN eTrex Legendの液晶不具合解消 | トップページ | にゃんこうけ様よりリンク頂きました »