« 総務省電波利用電子申請届出システムの弱点 | トップページ | ばらの花の表紙 »

2008年3月11日 (火)

ドコモのアンテナ

自宅から見える場所にドコモの基地局があります。
通勤途中も少なくとも2箇所あります。
なんか、怖いです。
至近距離で2GHzの強烈な電波が常時送信されているなんて...。
(CDMAの遠近問題調整のために常時出力調整しているのは知っています)

今、通勤途中の道路のすぐそばに30mはあろうかというタワーを建てています。
最初は参入したてのイーモバイルかと思ったのですが、ドコモでした。
隣の基地局まで1Kmも無いと思うんですが、こんな密度で建設しないとだめなんでしょうか。
ウィルコムのPHSでもこんな密度ではないと思うのですが。
(こちらは田舎なので、そんなに立っていない)
確かに私の家の近所はFOMAで3.6Mbps出ない可能性がある場所ではあるんですが。
すぐそばにクリニックがあったり、見通しで倉敷中央病院や重井病院があるんですが、問題にならないんでしょうか。
タワーを建てるということはそれなりのパワーを入れる準備と思いますし。

ちなみに、携帯電話は持っていません。
10mWのPHSだけです。

|

« 総務省電波利用電子申請届出システムの弱点 | トップページ | ばらの花の表紙 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

基地局もTELTECの技適を取りますので、そちらを参照して下さい。
1例を挙げると、5km間隔の基地局で最大120W位です。
6セクタなら、送信機は12台ありますので、1台当たり10W
という事になります。

密度が上がると、送信出力は減らします。

放送局と異なり、基地局の場合は端末と双方向に通信できないと意味ありませんから、そんなにQROしません。

また、アマチュア無線と異なり、立派なタワーを建てるのは、送信出力を減らす為です。

投稿: murawski | 2008年3月11日 (火) 午後 09時12分

ドコモは800MHzでFOMAを積極的に利用しています
FOMAプラスと故障^H呼称しています
JD1もこれですがパケットは通りません (怒

やはり使い勝手がいいんでしょうねぇ

しかし、IMT2000ではまた2GHzに戻るんでしょうね

投稿: JA1AVH | 2008年3月11日 (火) 午後 09時26分

=追記=
ドコモが利用する800MHzの周波数帯は、同周波数帯の再編に伴い2012年までの使用期限があります

投稿: JA1AVH | 2008年3月11日 (火) 午後 10時13分

JD1では,FOMA使えますから,ネット中毒の方は必須ですよ!(笑)
私は,JD1から帰ってA2502を買ってしまった.
といっても,新規で1円でしたが(;^_^A
DoCoMoも料金安ければ良いのですが...とりあえずキャンペーン終わったら解約.次のJD1の時に再契約かなぁ~(笑)

投稿: JI5RPT/7 | 2008年3月12日 (水) 午後 12時19分

A2502、ちょっと考えてます。
韓国製というのが面白いし。
定額データプランでもftpを通すように変えるそうですしね。
イーモバイルみたいにプリペイドがあればいいんですけど。
うちの近所でも1円だったらいいなあ。

けど、パンフレットを貰ったドコモショップが消えてました。
例のタワーのすぐそばですけど。

投稿: まあべる | 2008年3月12日 (水) 午後 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/40461816

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモのアンテナ:

« 総務省電波利用電子申請届出システムの弱点 | トップページ | ばらの花の表紙 »