« まけた | トップページ | 昨日は皮膚科へ通院 »

2008年6月 3日 (火)

FT-817用外部バッテリー

今まで移動運用には2700mAHの単三型ニッケル水素電池12本直列や、12V5AHシールドバッテリーを持っていっていました。
そこそこ持ちますが、先週の移動運用ではマイクコンプレッサのお蔭か、ピーク時に電圧低下が起きていまいちでした。
新たな電源を準備しないといけません。

F1

ノートPC用外部バッテリーが良さそうなので実験してみることにしました。
いろいろ探してみましたが、ダイヤテックのPowerBank for PCが良さそうです。
重量は470gです。
この手のバッテリーは16-19V出力が多いのですが、NEC Lavie用が15V対応なので丁度良さそうです。
また、出力端子がRCAコネクタなのでケーブルの自作も楽そうです。
最悪ノートPCで使えば良いのですから損は無いです。
仕様は11.1V 4400mAHですが、内部に昇圧回路があるようで、16V/19Vの切り替えスイッチがついています。

F2

昇圧回路はおそらくインバータと思われるので、簡単なフィルタをつけました。
L-C-Lです。
Cはルビコンの35V 4700μFと0.0μF積層セラミックコンデンサを並列に繋いで+と-の間に入れました。
ニッケル水素バッテリーの方もこれを入れたらピーク時の電圧効果が少しは解消されるかな?

F3

電圧は16Vの位置で15.6V出ています。
FT-817は16Vが限界なので、何とかセーフですね。
送信すると15V程度に落ちます。
まずまずでしょう。

丁度21MHzが開けていたので、ダイヤモンドHVF5を繋いで8の岩見沢市の局と55でQSO出来ました。
ばっちりですね。
昇圧回路は確かに入っているようで、受信ノイズははっきりいってあります。
バッテリー側のスイッチを切るとノイズが消えるのです。
厳密にはもっとまともなノイズ対策が必要と思います。
昇圧回路をパスするのが一番でしょうが、修理できなくなるのでこのまま使うことにします。

肝心の稼働時間は未検証です。
また移動運用しないといけませんね。
容量表示の青色LEDが消灯出来たらいいのですが...。
ノイズが気になる相手の一声用に従来のニッケル水素バッテリーを持っていけば合計5時間程度は行けそうかな?
なお、他のメーカからもっと容量の大きな外部バッテリーが出ていますが、一応信用できそうな会社ということで選びました。
中国製では1kg未満で10000mAH超えとかもあるようなので、チャレンジャーの方は挑戦してみてください。

|

« まけた | トップページ | 昨日は皮膚科へ通院 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/41415593

この記事へのトラックバック一覧です: FT-817用外部バッテリー:

» FT-817 のバッテリを考える [お空の修行な日々]
D-STAR の事ばっかり書いてるので、D-STAR 屋さんなんじゃないかしらと [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 午後 05時24分

« まけた | トップページ | 昨日は皮膚科へ通院 »