« ハムフェア2008 | トップページ | 次の岡山VE Team試験は9/21 »

2008年8月24日 (日)

JRC GPSTARをSLザウルスで使う

ハムフェアで1000円で売っているJRC製のCF GPSをつついてみました。
インターフェースはコンパクトフラッシュです。
まず初代シグマリオンに刺してみると、あっけなくCOM2で動きました。
APRS-CEできっちり位置が出ましたが、このソフトはシェアウエアでユーザ登録しないとパラメータの保存が出来ないので他のソフトが良いでしょうね。

SLザウルスは認識しません。
CFのアイコンが出ません。
物理的にNGという訳ではなく、要はこのデバイスを知らないので教えてあげれば認識します。
/etc/pcmcia/configに、こんな感じで追加します。

P1

一度再起動してCFスロットに刺してみるとこんどはちゃんとCFのアイコンが出るはずです。
とりあえずcuでNMEAのセンテンスが見えています。

P2

シャープ純正のモバイルマップナビでも認識できましたが、このソフトはサポート中止で、地図を買うことが出来ないので意味がないですね。
まともに使えるのはqpeGPSZegaぐらいでしょうか。

なお、この手段はおそらく他のPCMCIA-CSを採用したLinuxでも使えます。
GPSTAR自体は8chと昨今のGPSと比べてはるかに測位が遅いので、お遊び用と思ったほうが良いかもしれません。

|

« ハムフェア2008 | トップページ | 次の岡山VE Team試験は9/21 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/42255499

この記事へのトラックバック一覧です: JRC GPSTARをSLザウルスで使う:

« ハムフェア2008 | トップページ | 次の岡山VE Team試験は9/21 »