« 倉敷科学センター | トップページ | パワーカンタムメン »

2008年8月 3日 (日)

今日はフィールドデーコンテストに参加

F1

参加できないかひやひやものですが、無事出来ました。
いつもの大雄山も無事空いていました。
QSO頂いた方にはお礼を申し上げます。

とにかく暑い一日でした。
飲み物が無くなったら即撤退という条件で挑戦です。
8:30頃開始して、15:00まで何とか頑張れました。
アンテナはHF:種松山で実験したときに使ったギボシ連結のロングワイヤ、50MHz:2ele HB9CV、144/430MHz:5ele八木とモービルホイップ併用です。
3.5MHzもしたかったのですが、長さが足りないようで波が乗らなかったです。

F2
F3

延べ101局57マルチ、7-430MHzまで全バンドQSO出来ました。
提出部門はXPしか無いでしょうね。
5757点と見えますが、電源の無い場所で移動運用なので、結果としては11514点です。
電子ログはちゃんとそうなっていました。
7MHzで5Wはかなりきついですが、強い局=ATT入れてもよく聞こえる局を選んで呼べば何とかなります。
意外とHFでも県内や近県の局とQSO出来ました。
28MHz以外は岡山県内の局と出来ています。

|

« 倉敷科学センター | トップページ | パワーカンタムメン »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

まあべるさん、こんにちは。
フィールドデー・コンテストお疲れ様でした。
フィールドデー・コンテストには、私も今は休眠クラブとなった高校アマチュア無線クラブの後輩連中数名と一緒に、そのクラブのコールサイン(JA3YJE/3)で、大阪府池田市から、XM2の50Wで参加しました。
機材と設営時間、参加人数の都合で、バンドは7,21,50MHz帯の3つだけに絞っての参加です。
昔と相変わらずの、本気を出さないマッタリとしたコンテスト参加で、コンテスト中にもかかわらず50MHz AMで30分以上もラグチューをしたり、夜中は全然波を出さずに夜通しディープな内容の会話をダラダラとしていたりと、何だか無線とは全然関係のないところで楽しんでおりましたhi。
ちなみに得点は30,000点ちょっとで、昨年よりはかなりUPと喜んでおります。
特に、今年から21および50MHz帯で導入したデルタ・ループの性能が素晴らしく、6エレ八木に全く引けを取りません。
ひょっとしたら50MHz帯あたりで、QSO頂けたかもしれませんね。

投稿: Oscar | 2008年8月 4日 (月) 午後 12時36分

こんばんは。
お疲れさまです。

FDには、滋賀県栗東市から、2mで出たのですが、お相手いただけませんでした。またの機会にお願いします。

de JA3YJE元メンバー

投稿: JG3LDD | 2008年8月 4日 (月) 午後 11時43分

今回は特に東方面があまり出来ませんでした。
得点が去年を下回っています。
またお願いします。

投稿: まあべる | 2008年8月 5日 (火) 午前 05時13分

大変恐れ入りますが、この場を少々お借りして…。

> JG3LDD 様
私とは直接の面識はないかと思いますが、私たちのクラブの伝統を作り出して下さった方ということで、大変お世話になっております。
以前はALL JAでの五月山移動でしたが、現在では諸事情により、フィールドデーでの移動となっております。しかし、先輩の皆様方が培って下さったノウハウと伝統は、細々とではございますが、着実に受け継がせて頂いております。ありがとうございます。
ちなみに、JG3LDD様は、現在でもJA3YJEの「構成員名簿」に、お名前を残させて頂いておりますので、いつでもご訪問頂き、ご指導等頂ければ幸いです。

…私信にて失礼致しました。

投稿: Oscar | 2008年8月 9日 (土) 午後 01時32分

カメレスです。
私信で恐縮です。

Oscar様
JA3YJEに入部したのは、30年も前になりました。
AllJA FD等、今も無線をやっていることに繋がる思い出が一杯です。
今も「構成員」とは驚きです。
まあべるさん主宰のMyShackにも出没してます。
機会があれば、「ヤンキー ジュリエット エコー」と叫んでみたいと思います。

以上、私信で、失礼しました。

投稿: JG3LDD | 2008年8月26日 (火) 午後 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/42050129

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はフィールドデーコンテストに参加:

« 倉敷科学センター | トップページ | パワーカンタムメン »