« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

2008年4月13日 - 2008年4月19日

2008年4月19日 (土)

JARL選挙結果発表

ここ
岡山県支部長は交代になりました。
ハムフェスタ笠岡等どうなるのか注視したいと思います。
原会長は最下位当選でしょうか。
そろそろ会長を交代しても良いのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プティプティミューズ:交通事故

P1

儒教思想のきついウリナラにしてはがんばったというべきか、SDでごまかしたというべきか。
きんぎょ注意報!のように、話が進むにつれてSD主体になってしまうのでしょうか。

P2

おもちゃ会社かどうかは不明ですがトラックにひかれて骨折です。

P3

暇なのでギブスに何やら。

P4

女優のプレミアへ間に合わずしょぼ~ん。
しかし、NANAってのは何よ。

今回は話としては良く出来ていたと思いますが、日本文化の影響受けまくりじゃないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

CQ誌5月号

めずらしく付録が無くて870円でした。
小笠原EMEペディの記事が無くて残念です。
単に落ちただけなら良いのですが。
3.5MHz拡張、局免の申請料値下げと電子申請、Eスポの記事が違う筆者で複数個所にあったので、こちらを優先したのでしょう。
最後のEスポは見開きで50/144z両方だったので何があったのかと思いましたよ。
電子申請は記事がよく間に合ったなあと思いますが、じゃあ申請してみてどうよ、というのはさすがにありません。
3.5MHzの拡張は、いつからなんでしょうね?
サムウエイのリニアは欲しいなあ...。
今号は良く知っている方が執筆した記事が多くてその意味では良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

Eee PC用10400mAHバッテリー到着

Bt
Bt2

先日記事にしたEee PC用10400mAHバッテリーが到着しました。
中国の深センから香港、関空経由です。
詐欺の可能性も覚悟していましたが、一応届いたので安心しました。
本当にこれだけの容量があるのか、爆発したりはしないのか一抹の不安はありますが、なるようになるでしょう。
詳しくはWebページに掲載しました。
左のまあべる本舗から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダにアンテナ設置

屋根の上はまだ濡れていますが(雨が降っています)、ベランダは問題無さそうなのでAPRS用GPとブロードバンドアンテナを設置しました。
とりあえず、3.5-430MHzまで出れるようになりました。
HFはこのままになりそうです。
APRSは屋根より低い位置ということもあり、以前よりカバーレンジは落ちていますね。
週末晴れたら屋根の上もどうにかしたいです。
あと、衛星テレビもKu90cmセンターフィード回転式を復旧しました。
微調整がまだなので回転させてクラークベルトをなぞってくれるかは不明ですが、現在KOREASAT-3を捕らえています。

昨晩は以前通り50.250MHz付近SSBで21:00からCQを出しました。
このアンテナではEスポでも出ない限りあまり期待できませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

足場撤去

今日は雨の中足場が撤去です。
部屋が明るくなりました。
アンテナの復活はまだ先になりますが、とりあえず一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

今日は年金支給日

偶数月15日なので、障害年金の振込が無事ありました。
ネットバンキングで履歴を見ると、

2008/04/15 99,000 - しあわせ預金
2008/04/15 - 99,033 シヤカイホケンチヨウ

という訳で、33円残高増加です(;_;)
65歳以上の方は年金暮らしが多いと思いますが、大変なんじゃないかと思います。
私も失業したら2ヶ月99000円で暮らさないといけなくなるのでお先真っ暗ですよ。
装具代だけで公費負担を除いても2ヶ月で25000円ぐらい(ストマが2つあるので単純に倍)払っているので無理かも。
食費はエレンタールをまじめに飲んだらほとんど0円なんですが。
仕事はいつまで続けられるか不明ですが、今はは貯金しないとだめですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

1陸特従免到着

L

これでSNG車の運用とか携帯電話の基地局の設置が出来ます。
しないけどね。
免許証の番号部分のフォントが違います。
頭がFじゃない(どの総通か)無線従事者免許証ははじめてです。
1アマがH,2アマがIで、その次が旧多重のJになるのですね。
一番上が第二種電気工事士の免状です。
緑は今は無くなった電話級アマです。
JARL総会の日にあるAI・DD総合種が受かれば(法規だけ受験)ますます携帯電話屋に就職しても良さそうな感じです。

4/11(金)発給です。
こちら側も不手際があったので近畿総通は電子申請が遅いとは言わないでおきましょう。
郵便は3日もかかったので遅いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航海の準備

小笠原へ行くのに物の準備をしないといけません。
洗濯ひもから無線機まで、来週末に送れるものは先送りです。
当日は身の回りのものだけにしないと大変です。

現地で入手に困るもの、相性があるものは試験も必要です。
ストマ装具は事前につけてみて肌荒れの問題が無いか確認中です。
フランジをロングライフの凸面から中間タイプの平面に変えたので、汗が出たときの挙動を見ておく必要があります。
今のところ良さそうですが、何日持つかで送る個数を調整しないといけません。
乗り物酔い止めや日焼け止めは来週の通院時にドクターの話を聞くことにしましょう。
エレンタールやラコールは持ち込むべきか?
調製が必要な前者はともかく、後者は面倒が無いのでそれなりの量を送ることにしましょう。

困るのは、はさみ。
装具は持ち込み分も必要ですが、加工に必要なはさみは飛行機に乗る前に預けるのが必須です。
おおまかな加工を終わってから持っていくので先の曲がったストマはさみではなく、普通のはさみで充分なのですが。
今回初日は乗船までスケジュールがタイトなので荷物を預けたら間に合わないかもしれません。
前日に東京に入るようにしたほうが良かったかな?
当然ですが、飛行機が遅れたら全日程アウトです。
羽田到着後現地で買うという手はありますが。

一番困っているのが現金なのは、言うまでもありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

TNC-20の改造(失敗)

I

今日はここへ行ってきました。
ジャンク売り場にTNC-20と22があったので確保しました。

Tnc20

本当は新品同様のマスプロウエーブハンターがあって小笠原のサテライト用に非常に欲しかったのですが、売主が不明で買えませんでした。
本体と電源ケーブルだけですが、あまり問題にはなりません。
ジャンクですので、動かなかったらどうしましょう。

とりあえず神話の国から現実に帰ってきて、電源を入れてみました。
2台ともNGです。
電源コネクタの接触不良でした。
TNC-20はセンターマイナスで、PK-80等他の大多数のTNCとは逆です。
TNC-22以降は内部にブリッジダイオードが入っているものがあるので間違っても動きますが、これはだめです。
無事動いたので、改造することにします。
パケット無線ネットワークを持っている方はP.180を見てください。
但し、第14.32図は(手持ちの初版は)ピン位置が間違っているので注意してください。

RAM 32KB化
 オリジナルのままでは24KB実装と、非常に中途半端なメモリの量です。
 メッセージボード機能があるからなのですが。
 8KbytesのSRAMを用意します。
 4364か6264だそうですが、APX-25に入っていたM5165Pを流用します。
 ROMの隣のIC19に小亀方式で乗せます。
 チップセレクトの20ピンだけは浮かせる必要があります。
 ハンダ付けは難しいです。
 浮かした20ピンはIC23(74HC139)の12ピンと接続します。
 水晶の横です。

クロックアップ
 IC22(74HC04)のハンダ面から前へ伸びているランドをカットします。
 前側のスルホール手前が切りやすいです。
 その13ピンと同じICの4ピンを接続します。

これで終了です。
TNC-20は沖のモデムチップを採用しているのでどう動作をするのか楽しみです。

結果

オリジナルROM
 動作に変化無し
APX-25の1.1.3
 普通に動作だが、RAM 16KBと表示
TAPR 1.1.8a
 送信すると止まらない。HEALLED Onでは正常動作っぽい。
 →TXDIDDLE(OnでTinyTrak3Plusみたいな変調音)をoffにすると正常動作
 →内蔵KISS modeは問題無く動作
UIDIGIROM 1.9β3
 CONとSTAが点灯で全く動作しない
KISSCEX
 問題無く動作

という訳で、UIDIGIがハングアップするのは解せません。
TAPRのROMもおそらく1.1.7以降は問題ありそうです。
なお、TNC-22はいずれも動きました。

という訳で失敗ですね。
RAMのジャンパを取ったらTAPR 1.1.8aが起動しなかったので、RAM 32KBはたぶん認識していると思います。
改造せずにKISSCEXを乗せてUI-View32とかAGWPE+UISSで使うのが正解のようです。
実用にするにはノイズ対策をしないといけません。
昭和のTNCで楽しませていただきました。

あと、VFOの壊れたTR-7700(2mFM)も確保しました。
マイクのUp/Downで周波数は移動可能です。
後ろのメモリバックアップ端子が分かればAPRS用にいいんですが。
そのままでは電源を落とすと周波数がなぜか146.00MHzへQSYします。
オフバンド送信はしないので実質送信停止で一安心でしたが。
付属のハンドマイクの方が価値がありそうです。
T

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上級アマ試験中ですが

昨日今日と1,2アマの試験です。
近所でやってたら様子を見に行くんですが(特に電気通信術)、大阪も広島も電車賃が同じ場所に住んでいるのでなかなかです。
他局のblogやJM4SMR局のところの速報を見た感じでは、受験者が激減した感じがします。
後者は2アマの試験問題を提供したことがあるので(落ちましたが)少し寂しいです。
単にCW緩和バブルが落ち着いて昔に戻っただけなのかもしれませんが。
無線工学や法規が簡単になったわけではないですからね。
電気通信術の受験者があまりいないところを見ると、まだまだ旧3アマや電信級や2アマを持っていて電気通信術免除の方が受けているのでしょう。

FCC試験は2000年にCW試験緩和、2007年にCW試験撤廃でしたが、日本も同じぐらいの間隔でそうなるんでしょうか。
単純計算で2012年頃?
ここに来てヨーロッパのCEPTでアメリカの免許が不利な扱いになったので日本のCW試験存続の意義は出てきたようですが、日本はCEPTを批准してないのでどのみち同じです。
日本は包括免許も短期の運用許可も制度としてないので難しいのでしょう。

今日は2アマの試験ですが、受験される方は実力を発揮していただきたいです。
有資格者が増えることは良いことです。
さっぱり勉強していない方もそれを理由に棄権しないでくださいね。
他の受験者はほぼ熱心なハムで占められていますからそれなりに楽しい時間になるでしょうし、次回の試験へのモチベーションになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »