« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月13日 - 2008年1月19日 »

2008年1月6日 - 2008年1月12日

2008年1月12日 (土)

750円PICライタの製作

Picw

たまには電子工作をしたいので、お値段も手ごろで今後役に立ちそうなものを物色していました。
昨年末にPROMライタを買ったので、次は組み込みマイコンのプログラマが良いかと思い、PICやAVRのライタを探したらにゃんこうけPICライタキットが何と送料込みで750円ということで、これを買うことにしました。
RS-232Cの制御線から必要な電源を確保するのでこれだけで完結です。

住所が鳥取県ということで、注文してイーバンクで振り込んでから2日で届いてしまいました。
日本の郵便は優秀ですね。
これがメール便だとたぶん4日は掛かると思います。
なお、注文が成立したら詳しいマニュアルへのリンクが示されるので、忘れずに。
紙のマニュアルは付属しません。
pdfなので、PCの画面で拡大表示して作業しました。

届いたプリント基板が未完成品なのです。
確かにエッチングまでは終わっていますが、フォトレジストはそのままだわ、穴は空いていないわで、組む人を選びそうな状態です。
申し込みページに書いてあるので説明不足ではありませんよ。
とりあえず基板を風呂に持ち込んでたわしでこすってフォトレジストを削りました。
30分ぐらい掛かったでしょうか。
大体銅色になったところで水分をふき取って乾かして、0.8mmのドリルの歯をピンバイスに刺して1つづつ穴を開けて行きます。
ベークの片面基板なのですいすい開きます。
私はちゃんとしたピンバイスとドリルの歯を用意しましたが(セットで3400円程度かかる)、使い捨てと割り切ったら100円ショップのものでも良いかもしれません。
最後にハンダ付けですが、チップ抵抗が4枚あるのでこれからです。
全部定数が異なるのでチップが見えれば!書いてある通りなので間違いませんが、めがねを掛けたり外したりで苦労しました。
くしゃみしたらどこ行ったか分からなくなりますよ。
まず片側のランドにハンダを盛ってからチップを近づけて、こてで溶かして片側だけくっつけます。
とにかく熱を掛けたら勝手に溶けてくっつくのでおもしろいです。
最後に反対側へハンダを乗せておしまいです。
テスタで抵抗値を測って近似値なら問題ありません。
あとはICソケットやダイオード、トランジスタ、電解コンデンサ、LEDをハンダ付けして完成です。
RS-232CコネクタのGNDに繋ぐランドを熱で壊してしまった以外は問題無く組み付け出来ました。
RS-232Cが25Pinメスなので、AT互換機に繋ぐのは少々面倒です。
25Pinオス-オスのケーブルと9Pinメス-25Pinメスの変換コネクタをジャンク箱から探してきて使いました。
2番ピン同士が導通したのでストレートケーブルですね。
制御線も電源として使うので、少なくとも1-8と20番が繋がっているケーブルが必要です。

RS-232Cに繋ぐと緑のLEDが点灯します。
一度ケーブルから外してPICをICソケットに差し込んで、PCにIC-Progをインストールして書き込み試験です。
読み書き中は赤のLEDが点滅します。
とりあえず定番らしい16F84Aに書き込んでみました。
秋月だと300円程度らしいですが、松本無線岡山店では680円もしました...。
ベリファイまであっという間に終わりましたが、書き込んだPICが本当に動くのかは周辺回路の部品が揃っていないので分かりません...。
別冊CQ ham radio No.2に掲載されているAPRSの位置情報を送信するTinyTrak(not3)に、Aのつかない16F84が採用されているそうなので、部品が揃えられたら作ってみたい気もします。
もっとも松本無線岡山店には10MHzのセラロックが無かったので通販で探さないと。

という訳で、自分探しの旅に出るのでしばらく更新はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

今日は通院

今日は意外と連携が良く、採血、診察、WOCナースの講習が3時間程度で終わりました。
雨が降ってきたのが残念ですが。
たまたま患者が少なかったのかもしれません。

血糖値は103ということで、まずは一安心。
8:00頃エレンタールを1パック入れたので、まあまあの値と思います。
薬は効いているようです。
喉が痛いので薬を出してもらいました。
効いてくれたら良いのですが。
CRPは1.3とのことで高いですがたぶん喉が痛いせいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

届かないメッセージ

APRSで車で走行中よくメッセージを貰います。
さすがに走行中は返事出来ませんが。
自動応答も寂しいので気づいたら停車中に返事をしています。

さて、APRSのワッチをしていたらTCPXXの局が結構いますね。
インターネット経由のコネクションを拒否(しているのかされたのかは分からないが)ですね。
しかも、コールサインがあるにもかかわらず無線ポートは無いようです。
短時間なら試行錯誤しているのだろうと納得することにしていますが、常時アイコンが見えているのに何日もそのままだとちょっと心配です。
何故かAGWTrackerを使っている方が殆どです。
当然メッセージを送っても受け取ってもらえません。

ワッチだけなら誰にも気づかれないGoogle Maps APRSの方が面倒が無いです。
AGWTrackerを使っている方、使い続けるならせめてメッセージが受け取れるよう設定をお願いしたいところです。
APRS-ISへ接続するための5桁のコード貰ってね。
いろいろ教えてもらえるかもしれませんよ。
せっかくPCを動かしっぱなしにしているなら、手間無く出来ることはやったほうが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

日本で一番遠い場所

ここ倉敷から国内で一番遠い都会(政令指定都市や県庁所在地レベル)はどこでしょう。
とりあえず狭い意味での本土を前提に考えると、時間ベースでは同じ本州の東北地方になります。

以下は大体4時間以内で到達できます。
本州:東海道山陽新幹線沿いは新幹線
   鉄道が発達しているので鳥取や松江、日本海側は意外と楽に行ける。
四国:瀬戸大橋+高速バス
九州:新幹線+特急
   沖縄と鹿児島付近は飛行機も直行
北海道:飛行機

こうやって見ると個別では長野や宮崎等出てきますが(かつては空路の宮崎便があった)、新潟を含めた東北がまとめてショートカットの難しい場所です。
昔はJAS仙台便がありましたが今はありませんし、飛んでいた当時も毎日ではありませんでした。
昔仙台で行きたいイベントがあったときに、この現実を知ってあきらめた思い出があります。
実際、東北の太平洋側は通過さえしたことがありません。
(トワイライトエクスプレスに乗ったことがあるが、これは日本海側を通る)

仙台までの航空路線がある一番近い空港は広島になります。
近そうでアクセスの難しい空港なので便数や時間(広島午後発になる)を考えると使いづらいです。
その次は神戸や伊丹になってかなり不便です。
ビジネスで仙台に用事がある場合は岡山空港から羽田に飛んで、東北新幹線というのが競争の激しい岡山東京便が使える分一番安くて速いようです。
仙台羽田間の空路は新幹線に負けて今は無いので、他の代替手段は事実上ありません。

一度は行ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

KG-ACARSと受信機

K1

飛行機の位置情報を伝送するACARSがあります。
PCのサウンドカードでデコードできます。
昔はWACARSで苦労して位置を表示させたものですが、今はKG-ACARSが便利です。
同じ作者がHF-WFAXのデコーダも作っています

さて、ACARSはAMにデータを載せています。
当然振幅変調なので信号の強さによって出力レベルは大きかったり小さかったりします。
これでは受信機を選びそうです。
何台か試してみました。
受信音が途切れてはいけないので、スケルチは常時開放、APOやバッテリーセーブは切っておきます。
受信音はPCのライン入力へ入れています。
PCの推奨スペックがPenIII 600MHz以上らしいですが、PenII 266MHzという半分以下のスペックのマシンで実験しました。
メモリは128MB,Win2000Proです。
かなり重いのでお勧めしません。

IC-7000...NG
ID-91....NG
DJ-C7...かなりいい(Vol.5-7ぐらい)

なんと現在流通在庫だけで、18000円出せば新品が買えるハンディ機の勝ちです。
耳ではっきり聞こえた信号はほぼ100%デコードしました。
アルインコの無線機はハム用としてはいまいちなイメージがありますが、こっちの世界では結構なものなのですね。
コネクタが特殊でケーブルを自作しないとだめなのはやや不便ですが。
たぶんAM用に最適化されたAGCと、適当にだれたフィルタなんでしょうね。
特殊ペイントした機体が飛んできたら教えてくれますし、結構暇つぶしになりますね。

モービルホイップを繋いで常時受信させています。
K2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

青春18きっぷで観光バスと広電に乗る

昨日は両親が青春18きっぷで宮島まで行きました。
残りが2回分なので、私の分は無いので家でお留守番です。

事前に時刻だけ調べて教えておきました。
行きは順調に倉敷駅から行ったようです。
快速(広島駅周辺のみ)は乗換えが無いので時間はかかっても面倒は無いです。

昼に携帯メールが到着。
「岩国駅で電車が止まった」
あれ、宮島口を通り過ぎて岩国まで行ってしまったの?
どうも、錦帯橋を見たくて意図的に行ったらしいです。
昼過ぎに大竹駅構内で貨物列車が脱線して、架線を切ったそうです。
列車は岩国から宮島口まで夜7時まで運休だったそうです。

結局観光バス車両の代行バスが出て、運転手が道を間違えながらも宮島口まで送ってもらい、ダイヤが乱れているのでそのまま宮島に渡って観光して、振り替え輸送の広電で広島駅まで行ってから夜7時ごろに岡山駅行き普通列車に乗ったそうです。
帰宅は夜10時過ぎ。
「思い出になった」そうで。
確かにねえ。
青春18きっぷでは新幹線への振り替えは(終電絡みなど特別な場合を除いて)無いので時間はかかっても普通列車相当での旅になります。
ま、11500/5*2=4600円で波乱万丈の旅が出来たのだから良かったのでしょう。
何とか当日中に帰り着きましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

太陽電池遊び

2年ほど前に買った太陽電池があるので、遊んでみることにしました。
12V出ますが、配線を切り替えることで6Vに出来ます。
今回は出力電流重視で6Vで実験してみることにします。
シリコンダイオード2本直列で5V程度まで落ちるので、TTLレベルの機器が動くかもしれませんしね。

T1

太陽電池の開放電圧で6.2V程度です。
ほぼスペック通りですね。
一番照っていたときは8V程度まで上がりました。
当然ですが、負荷を掛けると下がるはずです。

T2

逆流保護に1A流せるショットキーバリアダイオードを直列に入れて公称6Vのシールドバッテリーを繋いで見ました。
結果は6.39Vです。
太陽電池の向きを変えても電圧の変化がほとんど無いので、充電どころか放電しているのかもしれません。
丁度太陽が蔭ってきたのでこのあたりはよく分かりません。
いくらショットキーバリアでも0.1V程度は落ちるはずなので、入れないほうが良いのかな?

T3

公称6V動作のDJ-C7の充電ランプは数秒は点灯しますが、すぐに消えてしまいます。
おそらく電流が足りないのでしょう。
もちろん純正のACアダプタでは赤々と点灯します。

究極は商業電源無しでアマチュア無線が出来たらいいなと思いますが、このセル1枚では厳しそうです。
太陽電池の電流を測ってみましたが、ほとんど0Aだったので充電はされていないようです。
もうサンセットなので、続きはまたの機会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月13日 - 2008年1月19日 »