« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日

2008年1月26日 (土)

雪で曲がったアンテナを修復

H1

先週の雪でブームがクロスマウント直後で曲がって「へ」の字になってしまいました。
何せVSWRが無限大ですから大したものです(;_;)

なかなか酷い状況です。
分割ブームなので1本減らして4エレ程度にすることも可能(説明書には3-6エレまでの寸法が書かれている)なのですが、「そんなこともあろうかと、ここにちゃんと秘密兵器を準備していたのじゃ」という訳で、値上げ前に確保していたコメットさんの4エレHB9CVを物置から出してきて取り付けることにしました。
移動用として買ったものですが、ブームが長すぎて自分の移動スタイルには合わないので固定で使っても良いでしょう。

H2

前の6エレよりブーム長が大幅に短くなって安心感があります。
ゲインは5エレ八木相当らしいので、スキャッターとかは苦しいかもしれません。
HB9CVなのでフェーズラインがありますが、最初さかさに取り付けてVSWR∞で困りました。
きちんと取り付けたらバンド内VSWRが1.5程度で、チューナー無しでも運用できます。
前のアンテナは実用域は500KHz程度しか無かったのでやや使いづらかったです。
思ったほど回りの影響を受けません。
最高を目指す向きには勧めませんが、購入当時15000円程度にしては使いやすいアンテナです。

H3

宇宙からの侵略者を迎撃する準備も万端です。
厳密には仰角を上げている途中に144MHz 10エレがステーや50MHzのアンテナにぶつかるので45度程度でやめておくほうが良さそうです。

バタフライアンテナは降ろしてしまいました。
調整できなくてしょぼ~ん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OpenTracker+の製作

Otp1

OpenTracker+を輸入してみました。
TinyTrak3Plusと比べて
・安い。
・ソフトウェアDCD搭載でパケット以外の信号は無視できる。
・そのままで温度と電源電圧の送信が可能。
・受信したパケットを解析してWAYPOINTとしてGPSに送ることが出来る。
・ファームウエアを書き換えたらKISS TNCになる。
・本体には調整箇所が無い。変調度調整はソフトで行う。
と、いろいろ強みがあります。
当然Weather Stationも繋がります。

今回はキットにしました。
邦貨で送料込み3700円程度でした。
申し込んだ翌日(1/17)には発送してくれたようですが、届くのに8日かかりました...。
安いので許容範囲です。

Otp2

中身も過不足無く妥当です。
ジャンパが3本入っていましたが、2本あれば足ります。
プリント基板が両面スルーホール金メッキで、非常に贅沢です。
ややフラックスが過剰ですが組んでいて楽しいです。
説明書には抵抗のカラーコードや代替品が入っている場合の注意書きなどあって、英語ではありますが良く書けています。
中央のICソケットを最初につけて、だんだん外側を実装すればよいでしょう。
チップ部品は無いのでそれほど難しくないです。

20:00頃組み立て開始して、20:50頃組みあがりました。
さて試運転というところで毎晩21:00からの50.250MHz SSB CQタイムになったので休憩です。
別宅シャック移動だった久しぶりの方とQSO後、21:20頃より起動試験です。
CPU抜きでポイントの電圧を測った後、いよいよ動作させます。
LEDはさっぱりつきません。
しょぼ~ん。
水晶に抱かせているコンデンサ2個がハンダブリッジして短絡していたからでした。
解決後は全く問題無く設定プログラムから認識しました。
驚いたことにプログラムとコネクションが確立した後は最新ファームウエアがあることを教えてくれて、Webボタンを押したら書き換えるんですね。
よく出来ています。
ちゃんと受信したパケットを解析してWAYPOINTにしてくれます。

Otp3

地図にも表示されますし、今の位置からの距離も分かります。

ビーコンはこんな感じです(Compress On)。
!/=!dHp=*g>&!G/A=000094 12.5V 23C HDOP01.6 SATS07
温度と電圧はコメント欄に入ります。

LEDが1つ(2色LEDで3色+点滅で現在の状況を現示)でMIC-E非対応という欠点はありますが、なかなか満足感のあるガジェットでした。
とりあえず父の車に搭載しているTinyTrak3Plusと交換かな。
地図表示できるGARMINと相性が良いので、TH-D7Aを持ってなかったら徒歩用として使ったと思います。
超小型KISS TNCとしても意味があるでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

美国からの郵便

Otp1

エンベローブだけで$1ぐらいしそうですが、S&Hは$3.7でした。
安いですね。
国内でも買える物のようですが、クレジットカードをオンライン決済するのが不安で無かったら直接買ったほうがお得ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

TynyTrakをケースに入れる/プレゼント

Tt1

自作のTinyTrakをケースに入れました。
帰宅途中にある百円ショップに行く用事があったので、CDケースとドリルの歯、のこぎりを買ってきて加工です。
適当に現物合わせしてしまったので蓋に隙間があるのは内緒だよ。

Tt2

中身はこの通り。
LEDは上からPTT(緑),GPS Valid(赤),DCD(黄),電源(赤)ですが、TNCに合わせてPTTを赤に、GPS Validを黄色、DCDを緑にしたら良かったなあ。
まだ半分あるので、Anti-Trackerを組み込むことは出来そうです。
電池の内蔵も可能でしょう。

ところで、このTinyTrakが欲しい人いますか?
さすがにハンディ機やGPSはあげれないですが、本体部分のみ(電源/無線機との接続ケーブルはありません)APRSを始めたい方に差し上げます。
メールにてなぜ欲しいかアピールをして下さい。
メールアドレスはプロフィールにあります。
なお、いつまでたっても使っていただけない場合はその旨名指しでblogに書きますので必ず動かすことを前提にします。
動作保証、故障時の修理などはありません。
壊れたら自分で直してね。
特に締め切りはもうけませんが、早い者勝ちになるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

への字に曲がった

ラディックスの50MHz 6エレ八木のブームがへの字に曲がってしまいました。
先日の雪の重みに耐えられなかったんでしょう。
しょぼ~ん。
移動用として売られているものなので、耐候性が悪くても文句は言えません。

今週末はアンテナを降ろさないとだめですね。
こんなこともあろうかと...は、(;_;)。
クリエイトあたりの6エレが欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

大健中湯

入院時腸閉塞を起こしたときに鼻から大量に入れられたいやな思い出がありますが、現在ツムラのを1日3包服用しています。
中身は水あめらしいですね。
消化不良は良くなったような気がします。
野菜がそのまま出てくるといった状況は減っています。
減っただけで無くなったわけではないんですが。
にんじんやわかめ、きのこ類は相変わらずそのまま出てきます。
かなり、いや。
エレンタール中心に戻したほうがいいんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

融けない雪

1日以上残ることがまれな場所のはずなのに、屋根の上の雪はなかなか融けないです。
さすがにアンテナについた雪は昨日の内に融けて一安心ですが、今朝の道路は凍っていました。
ある意味昨日より怖いです。
職場の暖房が全く効かないし、暦通りの寒い一日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

平成20年度アマチュア無線国試と関ハム2008の日程

JARL Webに来年度の国試の日程が出ていますね。
これで今年の関ハムの日程も分かってしまいます。
もっとも、ここにはかなり前から載っていたようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷は積雪

昨日朝から雪が降っています。
このあたりはめったに雪が降らない場所なので、積もったら大変だろうと思っていたらあれよあれよという間に地面が白くなりました。
一度雨になったのですが、夕方からまた雪に戻り、昨晩は終夜降り続いたようです。
21:00 50.250MHz SSB CQは困りました。
アンテナのVSWRが∞です!
着雪したようです。
ロングワイヤやダイポールも着雪して釣竿が垂れています。
幸い敷地内で収まっているのですが、溶けたら対策しないといけません。

今朝は道路が大渋滞です。
幸い氷点下にはならなかったので凍りはしなかったですが、危険な状況には違いありません。
何とか仕事には行けましたが。

雪が降るのが当たり前という場所から見ると大したことの無い量ですが、ノーマルタイヤで普通に走っている車とか、かなり危ない状況です。
積もらない程度で勘弁して欲しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

TinyTrakの製作

Tt

せっかくPICがあるので、松本無線岡山店まで部品を買いに行きました。
10MHzのセラロックは無かったですが、普通の水晶はあったので18pFのセラミックコンデンサ2個で発振するだろうと踏んで、必要な部品を揃うだけ買いました。
本当は受信したパケットをWAYPOINTとしてGPSに戻してコールサイン表示をするAnti-Trackerを作りたいけど、元ページが消えているのと、作例で使っているPIC16F627そのものが売って無かったです。

330Ωを330KΩに間違って買ってしまった(^^;以外は最低限のものは揃いました。
3000円程度だったので、PIC込みで4000円でしょうか。
素直に別冊CQ ham radioの筆者がやっている頒布に頼るほうが安いかも。
これは手持ちの1KΩを実装しましたが、値としては大きすぎるようです。
DSUB9Pinは基盤実装のものが無く、仕方なく普通のものを買いました。
ジャンパピンもピンの方はあってもジャンパが無かったので4回路のディップスイッチにしました。
1回路余っているので、ハンディ機用PTTの2,.2KΩを有効/無効にするようにすれば良かったかな。

黄色のLEDが点きっぱなしで困りましたが、水晶が発振していないようで、抱き合わせのコンデンサを違う位置に動かしたら見た目は良くなりました。
あと、三端子レギュレータの前に入っているダイオードを飛ばしてしまいました。
きたないハンダ付けだなあ。
Tt2

TinyTrakConfigからなかなか接続できませんでしたが、PCを再起動したら繋がりました。
どうもハイパーターミナルを動かした後は何かを掴んでいるようです。

GARMIN Legendを繋いだらちゃんと認識してビーコンを発射します。
なかなかいい感じです。
GARMIN用に5Vラインへ3Vのレギュレータを追加して電源供給するのも面白いかもしれませんね。
GARMINのコネクタはここで2個1000円で入手できますし。

アイコムのハンディ機に繋ぐと変調が浅いのが気になります。
DCDも果たして認識しているのか不明です。
あと、タッパーウェアでも買ってきて入れないとダメですね。

肝心の搭載する移動体がありません。
車は2台とも搭載済みだし、TH-D7Aがあるので歩行中も対応できています。
あえて言うなら母の乗っているママチャリぐらい?
#母も電話級の免許持っているけど、試しても1回だけかなあ
まあそれは冗談ですが、GPSを持ってないので現実には常設が無理ですね。
RS-232C接続の安いGPS確保が課題です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »