« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月3日 - 2008年2月9日

2008年2月 9日 (土)

AprSVW:ちょこっと

A1

PCから設定変更できない問題は解決しました。
要はPCの相性です(^^;
別のPCにしたら問題無く出来ました。

A2

とりあえず文字を入れてみました。
ディップスイッチの説明は中に張ってあります。
ケースの加工も若干やり直していますが、たぶん分からないと思います。
あとはモデムチップだけか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

e-TAX:もう国税還付金振込通知書が来た

K

かなりの額の医療費控除を申請したにもかかわらず、何も問合せ無く認められてしまいました。
ま、自分から申告する人は大目に見ているんでしょう。
所得も支払額も低いしね。

来年もe-Taxしようかな。
確証無しでも通るのはおいしいですよ。
今年も装具代だけで10-15万円行くはずなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

AprSVW製作開始

次はAPRSでメッセージ交換だ!ということでついカッとなって秋月から20x4の液晶ディスプレーを通販で買いました。
PIC16F628Aに10MHzのセラロックも一緒に。
モデムICの入手のあてはありませんが、とりあえずAprSVWの見た目だけは出来ました。

A1

とりあえず液晶ディスプレーが動いてくれないといけません。
物が物だけにバラックでは怖いので、まずは箱に収めます。

A2

LEDとディップスイッチの位置を先に決めます。
ディップスイッチは左から電源(SELECT-ONで設定書き換えモードという操作があるので無いと不便)、空き、GPS 5V、ブザー音のON/OFFを割り当てました。

A3

液晶の窓空けには苦労しました。
きたないです。
バックライト付きにしたのでトグルスイッチでON/OFF出来るようにしています。
プッシュスイッチ2つは長押しとチョン押しで機能切り替えなんですね。

現状の問題点等。
・PIC16F628Aの書き込みにはゲタが必要
 11,16,17ピンをカットしたICソケットを間に入れないと失敗しました。
 Aのつかない16F628だと不要だそうです。
 HEXファイルはAのある無しで別物が入っています。
・IC-Progは一度ターゲットICの名前を変更しないと焼けないことがある。
 プルダウンで一度別の品番にして、戻さないと書き込み、ベリファイに失敗しました。
 これはPICの種類に関係無いようです。
 最初全く焼けなくて、液晶が1行目と3行目に豆腐が現れて参りました。
・プッシュスイッチはプッシュでOn
 回路図ではプッシュでOffに思えるシンボルが使われていて、少々困りました。
・PCとクロスケーブルで接続してもAprSVW Config v3.0で設定変更出来ない
 未解決。
 *OK*は出ません。Errorは見ました。
 MYCALLは液晶パネルから変更できます。
 なお、GARMIN Legendを繋いで測位出来ることは確認しました。

モデムICが無いのでここまでですね。
MX614だけでなく、一時期TNCに多用されたTCM3105Nでも良いそうです。
PTT LEDは点灯するのを確認しています。

これを作っているのは日本で3人目かな?
なにやらIGATEされた相手にも対応の改良ファーム開発の話も聞きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

あけましておめでとうございます

K1

MBCの番組宣伝より。
今日は新年、春節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

お正月

2/7の春節が目の前で、亜細亜のテレビはここのところ特別番組ばかりです。
ちょっと残念かな?
TVROはスクランブルが外れることもあるので楽しい時期ではあります。
TVチェックしないとだめだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

復活組と新人

私の知り合いで最近再開局した方がいます。
魑魅魍魎の跋扈する電話はこりごりみたいですが、APRSとかPSK31とかCWとか(笑)はしんしん興味みたいです。
デジタル通信はまた違った楽しさがありますね。
#CWも広義のデジタル通信ということで

さて、そうやって復活してくれればいいんですが、アマチュア無線に興味を失って再免許申請しない人のところにある送信機はどこへ行っているんでしょうね。
1995年頃のピーク時で150万局あったのが、今は1/3です。
1局1台と考えて単純に100万台の送信機が免許の降りていない状態で存在することになります。
ある意味よろしくないのでは?
反面興味はあるけどお金の無い若い方もたくさんいます。
ヤフオクでも高いんですよ、中古のトランシーバは。
過去にミーティングの福引で特賞のハンディ機を中学生にあげたとかあったみたいですが、なかなかそういう機会は無いでしょう。

QSTを見ると、最後の方に余った無線機を若い人のために譲ってください、というような広告が出ています。
日本でもそういう活動があっても良いと思うのですが。
やってみて合わないなら仕方ないんですが、やってみる機会すらないのは不公平です。

障害となるのが日本の免許制度です。
技適機であれば総通直でまだいいんですが(しかし、最近新スプリアス規制があるので備考にちょっとした注意書きが必要な場合がある)JARL登録機種とかの時代物だとTSS経由が必須になってしまいます。
開局時で3,700円、変更申請で2,000円貢がなければなりません
送信機が何台でも同じ値段なので、時間を言わなければ技適機で開局してすぐに複数台変更申請という技はあるんですが。
2週間ぐらいで局免が来るとはいえ、アメリカみたいにFCCのデータベースに載ったらすぐに無線機買いに行ってその日からデビュー、とはいかないのが残念なところ。

あ、私はまだ開局24年の駆け出しですので...
#最近、まだ24年か、青二才だ、と言われたことあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

にゃんこうけ様よりリンク頂きました

750円PICライタの製作の件でにゃんこうけ様よりリンク頂いたようで、アクセスカウンタがやや上積みです。
他の方の製作記もありますので、ご覧下さい。

最近の電子工作はソフト化しているので、いくら部品が揃ってもこの手のプログラマが無いと意味がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

TinyTrak+Anti Tracker V2/プレゼント

T1

APRSのビーコンを発射するTinyTrakとAPRSのビーコンを受信してWAYPOINT(目的地)としてGPSへ戻すAnti-TrackerのVer.2です。
前に作ったものは基板が2枚なのは見栄えが悪いのと動作が不安定になる原因にもなるので、1枚にまとめました。
お金が無かったので、蛇の目基板とICソケット等ピンの多いものを除き、前に作ったものから部品を移植しました。

ケースは100円ショップで売っているL版ケースです。
葉書サイズまで100枚入るそうです。
QSLカードの整理に良さそうです。
半分しか使っていないので、単3が4本入りのパックを3つ入れても余裕です。
GPSへの電源供給を考えなければ6V程度でも充分動作します。

T2

先にケースの加工を行い、また、スイッチやLEDを先に配置しました。
LEDが手持ちの関係で形状が不揃いなのはご愛嬌。
TrackerとAnti-Trackerの切り替えスイッチも見栄えの良いものに変えました。
2回路あったので、Tracker側(設定変更時やGPS単体を接続した場合)にするとAnti-Tracker側の電源は切れます。
ディップスイッチは余った1回路にGPS端子4番ピンへ5Vを供給するかの切り替え機能を割り当てました。
GARMIN等電池内蔵のGPSを繋ぐ場合、これで消費電力が削減できます。
本当はもう1回路あればLEDの消灯も付けたかったです。
ちなみに、GARMIN LegendでバックライトがOnになると、三端子レギュレータの放熱板がかなり熱くなります。
電源部に50V220μFの電解コンデンサを入れました。
ただ単に手持ちの関係ですが、瞬断程度では落ちなくなりました。
DSUB9Pinへの配線はフラットケーブルにまとめて見た目を良くしました。
気休めにパッチンコアを入れています。
入れたほうが受信時の性能が良かったです。

T3

ジャンパだらけです。
この程度だともうちょっと上手に作りたかったです。
量産品ではないので、動けば良しなんですが。

T4

最後にNAME LANDで文字を入れました。
前のCDケースより横は短く、縦は若干長いです。
これなら欲しい人がいるかな?

Trackerはこのあたりで打ち止めにしたいです。
JH4XSY局の挑戦しているAprSVWがいいなあと思います。
Anti-Tracker機能は無いですが、受信したパケットが液晶ディスプレーに表示されてメッセージ送信が出来るのは大きいです。
カーナビのある車で使うには、こちらの方が実用的ですね。
使い勝手が良くなるロータリーエンコーダ外付け回路も紹介されています。
こちらではPICも液晶ディスプレーも入手困難なので悩みどころです。
モデムチップのMX/FX614に至っては輸入しか手が無いようです。
(調整が必要になるが、TCM3105版もある)
来週資格試験でニシザワガクエ~ン(アダ・マウロの声で)へ行くので、帰りに日本橋で探してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »