« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2008年2月10日 - 2008年2月16日

2008年2月16日 (土)

視覚障害者の方を対象にした養成課程講習会

JARDの告知です。
平日開催に続いてチャレンジドですね。
それなりに努力がされていて好ましいです。
首都圏だけなんですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FT-817用TinyTrakケーブルの製作

W1

電子回路の方はお休みして、今日は接続ケーブルの研究です。
FT-817はACC端子に+12V(実際は電源端子電圧)が出ています。
これでTinyTrakが動けばおもしろいですね。
予備実験してみました。

ACC端子は3-3-2の8Pin miniDINです。
2本の列が電源です。
古の68K Mac用シリアルケーブルがこの端子なので、ジャンク箱からあさってきました。
デジタルテスタで電圧を測ると確かに外部電源で12V,内蔵ニッカド動作で10V出ています。
電圧的には全く問題ありません。
果たして負荷を掛けるとどうなるでしょうか。

結果ですが、NGでした。
負荷を接続時に2-3Vになってしまいます。
TinyTrak,AprSVWいずれもまともに動作しません。
JA3HLX局作のFT-817用コントローラを見ても、回路図に外部電源端子があることを考えるとほとんど電流が流せないことが分かります。
しょぼ~ん。
移動運用時に、現地までの移動中内蔵ニッカドでビーコンを出すという企みは失敗です。
もちろんFT-817内部から電源を直接取り出せばまず大丈夫ですが、それではあまりおいしくないです。

W2

気を取り直して外部電源端子を取り付けて変調が乗るか確認です。
AprSVWは初号機は快調、弐号機は変調が浅すぎでした。
これは調整次第でしょう。
受信はいずれも快調でした。
データ端子なので、きれいな信号が出ると思います。

データ端子は動作時にモードをPKTにしないと変調が乗らないなどやや不便なので、移動用という目的を考えるとマイクとスピーカ端子接続が無難かもしれません。
現地でモードがPKTのまま運用して、あれおかしい、となっても困りますからね。
それにマイク端子は5.5V程度の電圧が出ているので、TinyTrakの三端子レギュレータをバイパスしてショットキーバリアダイオード1本程度で電圧を落として内部に直接供給すれば動くかもしれません。
これはまたの研究テーマにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

AprSVW:初号機根本対策/プレゼント

DCDの点灯がやっぱり残ります。
これはやはりノイズだろうということで、抵抗の足を這わせて電線のジャンパを極力無くしてみました。
MX614の作例を探すと、+5Vの入る16ピンを0.1μFでGNDに落とすというのがあったので、これをやるとてきめんに効きました!
要は電源からのノイズで誤動作だったようです。
弐号機もジャンパ削減とTCM3105の電源の1番ピンをやっておこうかな。

やっと安心して眠れそうです。
これもどちらか1台をプレゼントかなあ。
欲しい人いるかなあ。
GPS付きならいるんだろうけど、日本では意外と安価には手に入らないですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

年金積立

Z1

せっかくKBS 2TVでZ Rangerが始まったのに、頭が切れたよ!

さて、偶数月15日なので障害年金の振込日です。
父から年金積立をしろとメールが来たので、契約しました。
年金の振込日に振込先口座から積立口座に引かれます。
本来は老齢年金を受給している人のためにあるようですが年金なら何でも良いようです。
一応給与生活者なので、ほぼ全額積立にしました。
年額60万円も行かないので失業して何ヶ月持つか分かりませんが...。

別の通帳が発行されるんですね。
キャッシュカードでも引き出せるようですが、手数料がかかるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APRS:せっかく動いているのに

以下はIGATEの密度が希薄な場所という前提です。
各局でカバー範囲が重なり合っている3大都市圏はあてはまらないでしょう。

最近は固定でUI-View32を動かす方が増えました。
なぜかXASTIRは増えないですが(^^;
作者の物故や地図のサポート幅不足等でパートタイムで動かすには向いていないのに、あえて動かすということはそれなりの覚悟があるのではと思います。
Google Maps APRSDB0ANF等で挙動を見ているとおもしろいです。

・TCPXX
 要はAPRS-ISへのコネクションが失敗している局です。
 こうなっているとメッセージもまず届きませんから教えてあげるのも難しいです。
 自身の存在を隠したいために意図的にやっているんじゃないかと思える方もいますが。
 インストール時にUI-View32のユーザ登録コードを入れただけでも一見動いているように見える(INET側の局が見えてしまう)ので、最初はDB0ANFで確認して下さい。
 デジパスにこれが出ている方は5桁のコード設定をしていないか、間違った値です。
 APRS Server Setup→APRS Server requiredをOnにして、その下のテキストボックスにユーザ登録時に貰った2種類のコードのうち、5桁の数字を入力します。
 なお、XASTIRは地図に他の局が現れなかったりInterfaceの稼動状態を見れば一目瞭然なのでこの手の失敗は少ないです。
 5桁の数字もcallpassコマンドで即時取得可能です。

・無線もインターネットも繋がっているのに、移動局のレポートが無い
 移動局の軌跡を追う限り受信できているだろうと思えるのに、そうではないのです。
 APRS Server Setup→Gate RF to INET→Open the gatewayはOnしましょう。
 Insert station callsignもOnです。

・無線がついて無い
 地下室とか職場のPCでこっそりとかいろいろ事情がおありでしょうが、ただの2m受信機にモービルホイップ程度でいいのでせめて受信だけでもやっていただけるとありがたいです。
 AGWPEを使えば性能は専用モデムを使ったTNCより劣りますが、サウンド機能で可能です。
 ハードは無線機のスピーカ端子とPCのマイクかライン入力端子へ繋ぐだけです。
 無線を一切やる気が無い方はメッセージ送信が目的ではない限りGoogle Maps APRSを見るほうが楽ですし自身の存在が他から見えないので便利です。

・デジピートしない
 密度希薄な場所ではOnしましょう。
 Digipeater Setupです。
 なお、AGWPEの場合は問題無いですが、TNCを繋ぐ場合は、TNCにKISSモードが無い機種ではROM交換等必要になります。
 このような古い機種では簡易的にはTNCの初期化ファイルにMYA RELAYを入れる手はありますが、実際のデジピート時にコールサインの置き換えをしないのであまりお勧めしません。

・サテライトでやるのには興味があるが、地上のAPRSには興味無い
 SGATEをやるのでなければ、極力UISSをお使い下さい。
 TNCを繋ぐ場合でもAGWPEは必須です。
 SGATEするのであれは常時動かしてくださいね。
 周波数はどの衛星もほぼ同じですし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

AprSVW:初号機対策

P1

今日は懸念事項の対策です。

まずは対策しやすいブザー音の拡大から。
R13 470Ωを大胆にもショートさせました。
これはあっけなく完了。
厳密にはブザーに突入電流があるかもしれないので、100Ω程度に交換したほうが良いでしょうね。
ブザーが鳴ったらPICがリセットではみっともないです。
手持ちが無いので、また買ってきましょう。

DCD点灯しっぱなしですが、アドバイスのあったGPSからのノイズは無関係でした。
外しても点いています。
他の作例を見ると、MX614の5-6ピンに接続している100KΩに並列に0.1μFがついています。
ここは入力部のアンプのゲイン設定のようですが、高周波成分のバイパスコンデンサに思えます。
これを入れると無信号時のDCDの点灯がかなり減りました。
水晶からの漏れもあるようで、GNDへ落とすジャンパを取り回しを変えたらこれまた改善しました。

一番の原因は本体と無線機の間のケーブルです。
ちゃんとしたコネクタ一体型のシールドケーブルで作り直して、パッチンコアを2箇所に入れたら劇的に改善しました。
フラットケーブルを裂いたものではだめですね。
メッセージへのAckも帰ってきたので、これで現状ではほぼ解決です。
完全解決ではないのが残念ですが、GNDパターンが怪しいのでスズメッキ線でも繋いでみて電源を強化してみましょう。

GPSは確かに室内でも測位します!
びっくりですね。
本当に部屋の中心に置いたらどうなるかは不明ですが、窓際に置いていてもGPS本体のLEDが点滅=位置情報を送ってきます。
GARMIN Legendは全くだめですよ。
電源投入直後の点灯=サーチ中の時間も短いです。
なかなか良いですね。

この週末は実際にモービルに積んで実験しないとだめですね。
あと、データ端子へ繋ぐケーブルも作ってみましょう。
FT-817でビーコンが出せたら移動運用時に持って行く無線機が減らせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小笠原旅行の金

現在JD1ペディされている方がいますが、いったいどのくらい掛かるのか調べてみました。

交通費

おがさわら丸の運賃です。
往復割引とかは不明でした。
使える場合はおがまるパックが良いかも。
ハイシーズンの2等は片道25時間が地獄らしいですね。

片道) 7・8月以外 夏期(7・8月) 
2等 22,570円 25,100円 身障者は50%
特2等 33,850円 36,380円 以下は身障者割引無し
1等 45,140円 50,190円 1人では使えない
特1等 52,190円 57,240円 〃
特等 56,490円 62,790円 〃

境浦ファミリーの宿泊費

無線小屋のあるペンションです。
予約時に申し出れば貸してくれるようです。

一泊2食付で7,800円

これに東京までの往復、現地での食費や遊び代が必要です。
ぱっと見20万円コース...。
お金だけ言えばグアムやサイパンの方が安いかもね。
もちろん秘境気分を味わえることを考えればお金だけではないんですが。
現地の交通機関は無いので、レンタルバイクや自転車、バスやタクシーになります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

AprSVW:初号機ロールアウト

S1

とりあえず送受とも動きました。
MX614はTCM3105Nとは性格が正反対という感じです。
7PinからAF OUTが出ますが、回路図ではR8 10KΩの固定抵抗+R9 10KΩ VRとなっています。
このままでは変調がほとんど乗りませんでした。
VRをバイパスして丁度良い感じです。
TCM3105は裸では出力が出すぎだったので10KΩ VRを入れましたが、同じ回路にしたほうが良かったかもしれません。

懸案が2件残っています。

・DCDがつきっぱなし
 当然なかなか送信しません。
 R2 10KΩ,R3 100KΩあたりを触ると変動があるので、何かのノイズを拾っているのかもしれません。
 R2を増やすのが良い?
 Audio Inの47μFは普通の0.1μFではだめなのかな?
 電解コンデンサ必須であれば問題だが...回路図では極性は書かれていない。

・BEEP音が小さい
 R12 470Ωをバイパスで対策出来るはず。
 それより、受信確認のAckパケットを返していないようなのが心配。

GPSへの電圧供給をやめたり、バックライトをつけなければ006Pでもそこそこではと思います。

続きは明日以降。
今日届いたGPSは初期測位がかなり長いですが、一度測位が始まるとしぶといようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

APRS:$53 GPS到着

G1

約10日かかってこれが届きました。
USPS First-Class Internationalです。
ちなみに$45と書いてあります。

G2

サイズは思ったより大きいです。
裏に磁石はついていますが、外せそうにはないです。
こんな感じでTinyTrakに直結です。
電源はあっけなく入りました。
吸盤が付属です。
Power Supply: 5 VDC +/- 5%, 80 mA max, 55 mA typicalだそうなので、006Pでも短時間なら大丈夫でした。

地球の裏側から来たので初期測位はかなり掛かると思います。
一度捕らえたら早いんだと思います。
回り込みに強いかとかは不明ですが、最低限パッチンコアは入れる予定です。
Deluo GPS1で必要だった鉄板をアンテナの下に置くのもやったほうがいいかなあ。

MX614も入っていました。
初号機も組み上げなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッシュカードを取り忘れる

ATMで現金を降ろしたときにキャッシュカードを取り忘れてしまいました。
戻ってみたら後の祭り。
幸い銀行支店のATMだったので、窓口で忘れ物が無いか聞いてみると幸いにも届けがあったようです。
名前と本人証明に自動車の運転免許証を見せて無事帰ってきました。

カード自体はICカードなので偽造には強いですが、現物が悪い人の手に渡ったらそのまま使われてしまいますね。
窓口の無い市中のATMで起きたらすぐに電話して止めてもらわないと大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

AprSVW:弐号機ロールアウト

P

TCM3105Nが届いたので、弐号機へ装着です。
とりあえず送受とも動作しました。
安定度等はこれから検証になるでしょうか。
筐体は拘束具を外しました。

受信性能はさすがは専用モデム使用だけに高いです。
スケルチを空けてRXランプが点く程度にボリュームを合わせたらおしまいです。
メッセージが届くと馬鹿でかいブザーが鳴ります。
おもしろいですね。

配線がハンダ部分で折れてぼろぼろ切れて大変でした。
ワイヤストリッパが欲しい所です。
フラットケーブルは使うものではないですね。
一度筐体に装着すれば少なくとも内部は大丈夫だと思いますが。
回り込みがかなり激しくて困りましたが、AFケーブルにパッチンコアを1つ挿入で何とかなってます。
モデムICは送信してないときもシングルトーンが出ているんですね。
マイク出力レベルが高すぎるので、10KΩのVRを入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特殊無線技士解答発表

2/10の所用は一陸特の受験でした。
年3回ありますが、週末にあるのは2月だけです。
写真の氷は試験会場の西沢学園近くの駐車場です。

日無のWebページで早速解答が出たので自己採点してみました。

工学:19/24問
法規:10/12問

どうやらふがない結果になりそうです。
転記ミス等無いことを祈ります。

幸せを呼ぶ免許申請書は売っていませんでした。
4月から様式が変わるからだそうです。
総務省のWebページにあるから落としてね、だそうで。
試験官は日無経由の申請は高いよとも言っていたし、どうしたのかな。
私は当然結果到着次第即電子申請しますけどね。

難しい資格は平日に試験なので会社休んで行かないといけません。
今のところ受ける予定は無いです。
畑違いなので仕事の面では生かせないですし。
電話の電気通信術のある航空特とか従免に英文表記のある一海特とか、変わった資格は受けるかもしれませんが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年の国内FCC試験スケジュール

今年の日本国内で行われるアメリカのアマチュア無線資格資格試験スケジュール判明分です。
旅行等でアメリカ国内(グアム、サイパン等含む)でアマチュア無線をやりたいが、相互運用協定にある制限がわずらわしいと思われる方は選択肢としてお勧めします。

どのチームも年3-4回程度行われ、毎月どこかで催行されています。
多くは試験を実施するVE Teamの地元(公民館や職場など)で行われますが、時々出張試験もあります。
東京チームのように直近の試験予定しか発表が無い場合もあります。
先の予定は変更の可能性があるので、受験希望者は必ず問い合わせて下さい。
多くのチームは事前に受験申し込み書の郵送若しくはオンライン登録・電子メール送付を義務付けています。

岡山はWalk-ins(事前申し込み無しの飛び入り受験)が出来ますが、用意している問題数に限りがあるので必ずしも受験できるかどうかの保証は出来ません。
早い分にはかまわないので、受験を考えたらすぐに問い合わせましょう。
締め切りを設けている場合がほとんどなので、試験前日に申し込みという訳には行きません。
アメリカ国内の郵便物の届く住所とFRNの事前取得は必須です。
また、試験当日には写真のある身分証明書も必要です。
アメリカ国内での運用が目的であるかの確認にパスポートの提示を義務付けているチームも多いです。

2月
17(日)名古屋

3月
8(土)札幌(群馬)
16(日)岡山
30(日)福岡(九州)

4月
12(土)群馬
26(土)東京

5月
17(土)仙台(みちのく)

6月
8(日)名古屋
15(日)福岡(九州)

7月
12(土)群馬
19-20(土日)関ハム(岡山)

8月
9(土)仙台(みちのく)

9月
14(日)福岡(九州)
21(日)岡山

10月
5(日)名古屋
11(土)群馬

11月
15(土)仙台(みちのく)

12月
6(土)名古屋
7(日)九州
21(日)岡山

詳細はこちらへ。

ARRL みちのくVE Team
W5YI 群馬VE Team
ARRL 東京VE Team
ARRL 名古屋VE Team
ARRL 岡山VE Team
W5YI 九州VE Team

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

AprSVW:デジットの液晶表示機

K1

昨日日本橋のデジットに行ったらL2034という20x4行キャラクタディスプレーが大量に置いてありました。
SII製です。
これは秋月で売っているSC2004Cのコンパチ品なんです。
LEDバックライト付きなのにお値段が1400円しなかったと思います。
基板部分が小さくて、上下に同じ信号のバスが出ています
工作するには良さそうです。
という訳で買って帰りました。

K2

弐号機を製作ですよ!
今回はアルミケースに挑戦してみました。
取り付け穴がおそらく2.4Φなので、手持ちのねじにあわせるためにドリルでるんるんくるるんるんで3Φに広げました。
ハンドニブラが無いので液晶の窓をどうしたら良いものか。
とりあえずカッターナイフで傷をつけて無理やり曲げて折ってみました。

K3

どうですか、ぼこぼこでしょう(;_;)
基板も作り直しています。
というか、1台分の部品を全部デジットで仕入れました。
3000円強でした。

K4

どうですか、ちゃんと測位していますよ。
動くことが分かったので、近畿地方の方はモデム部分を除いて自作可能ということになりますね。
バックライトは15,16ピンに5V掛けたら光ります。
そのまま電圧を掛けたらえらいことになるので、20-30Ω程度の抵抗を入れましょう。

K5

力の一号技の二号ですかね。
フットプリントはものすごく小さくなりました。
奥行きは5cm程度あるので3cm程度の初号機に負けていますが仕方ないでしょう。
大きい=悪い訳でもなくて、現状でも筐体に006Pが2本程度は入ります。
厚みが薄いので搭載に向いているモービルもあるでしょう。

初号機は弐号機に合わせて電源スイッチの外部化と三端子レギュレータの直前にショットキーバリアダイオードを入れて逆接破壊対策をしました。

さて、モデムICですが、MX614は先週ここで木造家屋なら室内で測位できるらしいSiRFstar III搭載で$53のGPSと一緒に発注済みです。
水晶も込みで買いましょう。
送料は$5.5程度でした。
また、TCM3105Nは譲ってくださる方がいました。
初号機にMX614を、弐号機にTCM3105Nを搭載してみる予定です。
動くかな?

無線機と繋ぐケーブルをもう1本作らないとだめだなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

プティプティミューズ#2

P

先週は雪で見れませんでしたが、良く考えてみたら韓国KBS 1TVは信号の強いSkyLifeのTPでノンスクランブルなので今回はそちらで狙ってみました。
ガンマが狭くて画質は悪いんだけど。

SDキャラは日本人から見るとおかしい崩し方ですね。
あっちはギャグキャラしかいないのか!
日本のアニメでは等身が落ちてもそれなりにかわゆいです。

基本的に変身というか変装衣装が出てくるだけで、ファンシーララみたいに中身の容姿が入れ替わる訳ではないようです。
クラスメイトが1人増えてました。
驚いたことにヨランの存在がもろばれというところ。

モデルのオーディションを受けて、見事合格。
うさぎの格好でバックに立っているようです。

当然メインのスターは別にいます。
当面の目標はステージの主役を張るために努力する、でしょうか。
しかし、等身がえらく違わないか?

P2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の近畿地方

S1

今朝から所要で大阪に行っていました。
新幹線のレールは相生付近からまっ白です。

S2

道路も凍っていました。
当然すべりました。
不吉だ...。

帰りに日本橋のこけしでカツカレーを食べてみましたが、970円の割にいまいちでした。
これまたすべったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »