« 6mのコンディション | トップページ | 「オンライン利用拡大行動計画」 »

2009年4月17日 (金)

Super Radアンテナ

なかなか面白いアンテナを研究されている方がいます。
大きさはかなり小さいです。
ここここ
EHアンテナとは動作が異なるようです。
製品はここで売っているようです。

|

« 6mのコンディション | トップページ | 「オンライン利用拡大行動計画」 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

EHとかこの類のアンテナは,結局は同軸やらリグの筐体やら電源ラインやらに高周波垂れ流してるだけだと思ってます。

ヘルツと八木・宇田以上のブレイクスルーは,送信用空中線に限っていえばもはや存在しないでしょう。

電波も同じ電磁波を扱う光学と一緒ですから,いかに現代のテクノロジーをもってしても35mm用サンニッパを手のひらサイズには決してできないのと同じで,0.01λとかでそうほいほい高効率で電波が出せるなんてありえないと思ってます。

投稿: なるるる | 2009年4月17日 (金) 午前 11時32分

理論上はどんなに小さくても、効率が100%であればフルサイズとのゲイン差は僅少であることが証明されています。ただ実現が難しいだけです。ここで決め手になるのが輻射抵抗の大きさです。小さくても輻射抵抗を大きく出来るなら効率を上げられます。このアンテナは輻射抵抗を大きく出来る一つのテクニックです。
 このアンテナについて、ブロクで運用報告等掲載されています。かなり良い結果を得ています。これをウソと言えるでしょうか。

投稿: humi | 2009年4月25日 (土) 午後 03時52分

まあべるさん、プレゼントの7MHz用RADは届きましたか?
EHアンテナよりは、随分設置条件が緩いのですが、いくつかの必須条件があります。もし、うまくいかなかったら、是非、迷わずプレセント元に疑問、不明点を問い合わせてRADの性能を引き出して下さい。面白いアンテナです。

投稿: いかけや | 2009年4月27日 (月) 午後 09時45分

無事届いています。
クラニシのアンテナアナライザでインピーダンスを調べてみたらかなり周りの影響を受けるようです。
ボディエフェクトが大きくて真値がどこなのか分かりづらいです。
帯域は広いですね。
受信は10mロングワイヤよりいまいちですが逆に言えば静かで聞こえる局はS/Nが良いです。
アンテナの固定方法から考えないといけないのであまり進んでいないです。

投稿: まあべる | 2009年4月27日 (月) 午後 10時07分

現在は、室内でのテストですか?
実際の設置は屋根の上になるのか、ベランダからの突き出しになるのかわかりませんが、アースは必要です。リグとは別に、アンテナ直下にもとると良いようです。
同軸ケーブルは、テスト用の短いものでも、実設置用の長いものでも、私の最近の試作では変わりがありませんでした。
同調周波数は室内では低く、外に出すと高くなる傾向になるようです。
私もクラニシのBR-510Dで試験していますが、きれいな測定値(VSWR1.1~1.2、IMP50オーム)を示してもゴーストの場合があり、トランシーバに接続しても聞こえない、飛ばない時があります。
十分に気を付けて下さい。その他の諸注意など対処方法は、プレゼント元のブログ等を参考にされるといいと思います。

投稿: いかけや | 2009年4月28日 (火) 午前 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/44696577

この記事へのトラックバック一覧です: Super Radアンテナ:

« 6mのコンディション | トップページ | 「オンライン利用拡大行動計画」 »