« D-STAR 倉敷レピータ ネット再開通 | トップページ | 関東総通から補正依頼 »

2009年5月 8日 (金)

JP4YDVを使ってみる

昨晩は父島関係の後処理が沢山ありましたが、少しだけ倉敷レピータ430MHz DVを聞いてみました。
全く問題無しにレピータ越えが出来て、かなりの頻度で使われています。
皆さん普通にネット越えでQSOされています。
思えばJARL倉敷総会前も結構使われていました。
ネットのあるなしでは存在価値が相当違うようです。
私も岡山、広島の局と計3局でラウンドQSOをしました。
デュプレックスのレピータなので、ローカル、ディスティネーション双方でダウンリンクに自分の声が出ます。
レピータが使える局は何局でもラウンドQSO出来るわけです。
災害時の有用性はD-STARの方が高いのではと思います。
EchoLinkやIRLPはレピータに繋げば同様なことが出来るのでしょうか?
コールサイン多重が出来るので、きちんと設定がされていれば純粋に要件だけ話をしても法違反ではありません。

|

« D-STAR 倉敷レピータ ネット再開通 | トップページ | 関東総通から補正依頼 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/44938666

この記事へのトラックバック一覧です: JP4YDVを使ってみる:

« D-STAR 倉敷レピータ ネット再開通 | トップページ | 関東総通から補正依頼 »