« JARL永年会員表彰 | トップページ | JAL鹿児島便廃止 »

2009年9月16日 (水)

台湾でのFCC試験の様子が公開

先週台湾で行われたFCC試験の様子がQTC-Japanに載っていますね。
Extra級が4名誕生したそうで、開催2回目にしての快挙です。
中文の参考書は無いと思うので、おそらく英語のQuestion Poolを当たったのでしょう。
なかなかの努力と思います。
受験者は去年よりかなり減ったようですが、18人は多いですね。
VEが試験中常時3人以上いないと試験執行が出来ませんが、これで単独での試験開催が近づいたと言うことでしょうか。
とりあえずGeneral級以上があればVEになれますが、General級のVEはElement2の試験にしか関われないので実質Extra級が必要です。
今回合格と言うことは、まだ台湾の方は試験執行側の仕事は誰もやっていないことになります。
最低あと1回は外国人が台湾で試験を開催して、台湾の方に「中の人」をお手伝いして覚えてもらわないと本当の自主開催試験はありません。
お礼と言うことで、逆に台湾のVE候補の方が日本に修行に来るのはアリですよ。

台湾はアメリカに沢山留学生を送っていますが、そういう人はFCCのライセンスを持っていないのでしょうか。
ちょっと不思議な気がしました。
仮にそういう人がいても、台湾に帰ってこないのでしょうが。

|

« JARL永年会員表彰 | トップページ | JAL鹿児島便廃止 »

「HAM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/46226325

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾でのFCC試験の様子が公開:

« JARL永年会員表彰 | トップページ | JAL鹿児島便廃止 »