« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月12日 - 2009年7月18日

2009年7月18日 (土)

今日は関ハム

J1

10:15位に着いたのですが、まだセレモニーを行っていました。
原会長は来ていました。

J2

今年もキロワット炊けそうでした。
先客がいなかったので運用できたかもしれないですが、お疲れなので遠慮しました。

J4

135KHz送信機です。
免許者リストというのもありました。

J5

JAS-1の模型です。

J6

ちゃんとあります。

J7

日本にはサイズで負けそう。
結果は全員お土産がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝から地震

あまり強くは無かったですが、いきなり揺れを感じて目が覚めました。
今日が関ハムだからかなあ。
昨年同様VEとして参加予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

雨が降り出しました

T

予報より遅れましたが、大雨が降り出しました。
今日は装具の代金を払わないといけないのに...。
明日の午前中は止んで欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

この週末の天気

予報では雨が続いています。
梅雨の末期だけに大雨も予想されているようです。
Weather Stationが持つかな(^^;
丁度連休を直撃する感じなので、残念ですね。
関ハムは行くつもりにはしているのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

7MHz QSOパーティ

20日まで行われています。
ほとんどQSOしてませんが。
イベントの影響は大きくて、夜の7100KHz以上は放送局の隙間を縫ってたくさんの局が出ています。
7100KHz未満は同じ時間でもかなりすいています。
CQ出す隙間もありません。
昨日は「1KHz下でCQ出してくれ」と文句を言われましたよ。
せめてコールサインは言ってね。

イベント終了後はどうなるでしょうか。
少なくともイベントに出るようなアクティブな局は、7100KHz以上に出れない局は少ないと実証されたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

猛暑襲来

T

このところ35度を優に超える気温です。
昨日の通院結果が思わしくなく、頭がいたいのは、もしかしたら12日のアンテナ工事で日射病になったのかもしれません。
帽子はかぶったのですが。
Dew Pointと接近している時間がかなりあり、湿度がかなり高そうです。
屋外には出ないほうが良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

今日は通院日

昼から診察でした。
採血の結果は白血球が1万、CRPが1.5とかなり高いです。
6月の注腸検査の精査が出来たので聞きました。
左の残った大腸上部に「がたがた」があるそうです。
内視鏡が入らないのでどうなっているのかは分からない、CRPが高いのはこのせいかもしれないそうです。
がん化の懸念もあるそうです。
採血でがんかどうか分かる方法があるそうなので、次回の診察時に入れてもらいました。
但し相当進まないと現れないそうです。
腹は普通に痛いので期待出来るかもしれません。
WOCナースの講義は左の皮膚が若干赤いそうです。
夏にしてはきれいな方だそうですが。
これから盆過ぎまでが一番危ない季節なので装具の更新は頻回に、少しでもおかしくなったら受診をだそうです。
次回はフィールドデーの翌日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

2350円で14MHz ダイポールアンテナの製作

P1

ハムショップにデッドストックのバランがありました。
ケンプロのKA-75というモデルで、75Ω系ということになっています。
2000円ということですので買うことにしました。
ちなみに1.8-50MHz迄でCW 1kW SSB 2kW PEPまで入るそうです。
丁度IARU HF WORLD CHAMPIONSHIPも開催されていることですし、HFといえば20m,14MHzです。
このバンドで屋根に上げることにしました。
今使っているAH-4 + LWはノイズが多く、受けに不満があるのも理由です。

P2

75Ω系ということで50Ω系に使うとSWRが2程度になりそうな気がしますが、中身は1:1のバランのようなのであまり気にしないで使います。
まず、ホームセンターで5mのスピーカケーブルを買ってきました。
太さはどうでも良いです。
1m70円で350円でした。
インシュレータは付属なので、あとは紐が必要ですが、幸い手持ちがありました。
スピーカケーブルを2つに裂き、5mの電線2本にします。
まずはバラン側に圧着端子をつけて上手にくくってバランから外れないようにします。
圧着端子は念のためハンダ付けしました。
端は50cm余る位置にインシュレータをくくりつけて反対側の穴に紐をつけます。
ヒゲが大体50cmになるようにするわけですね。
1.5mのルーフタワーに物置にあったブームをとりつけてやや離してからバランをインシュロックで固定しました。
エレメントの端は屋根の端のネジが出ている場所にくくりつけました。
ヒゲがぎりぎり屋根に当たらない程度になってしまいこの先やや不安でした。
この状態でアンテナアナライザで調べると13.7MHzあたりに中心があるようです。
最低が1.5になりました。
両方のヒゲを数cmづつ切って行きます。
かなりいい加減な設置でしたが、最終的には14MHzのバンドエッジでSWR:2を切る=チューナー無しでバンド内使えるようになりました。
最初は3cm程度、13.9MHzあたりになると1cm単位で切ることをお勧めします。
万一切りすぎた場合は圧着端子で電線を継ぎ足せば良いでしょう。

P3

こんな感じでリグ内蔵SWR計ではバンド内1.5以下で精神衛生上良いです。
ワッチしたところAH-4+LWとは比べ物にならないほどノイズが減って静かです。
試しにPSK31に出てみました。
中国の局と問題無くQSO出来ました。
これで20mだけは1kW降ろせるかな?
リグ内蔵チューナーで18,21MHzはSWRが落ちましたが、他のバンドは迷走します。
実質14MHz専用にしかならないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »