« GN125Hで小豆島 2回目 | トップページ | 今年のゴールデンウイークは »

2010年4月18日 (日)

mBook M1/工人舎PMのヘッドホン/マイク変換ケーブルの製作

流行ったのは1年前ですが、先週行った韓国で現物を見て物欲を刺激され、国内のオークションで入手しました。
これ、いいですね。
小さすぎ。
MMVARIを入れてみたら、内蔵マイクでちゃんとHF無線機のスピーカの音を拾ってデコードするんですよ。
と言う訳で、TTA20ピン端子からスピーカとマイク端子を取り出すことにしました。
付属変換コネクタはマイクが無いんです。

1:GND
3:MIC IN
5:L
6:R
7:Device Sence 必ずGNDへ繋ぐ

となっています。
あとはコネクタを入手するだけです。
アマゾンでCOWON S9-TV OUT CABLEを買ってみました。
そのまま音声、あわよくば映像が出ればおいしいですからね。
結果ですが、全くさっぱりでした。
と言う訳で分解ですよ。
ちゃんと音声は出ていますが、7番ピンがGNDに落ちていません。
と言う訳で、ジャンパを飛ばします。
これで音が出ますよ。
ついでに3番ピンを引っ張り出します。
グルーガンで固めておきます。
P1_2

反対側はステレオジャックをつけます。
P2_2

完成ですよ。
P3_2

ヘッドホンはTTAコネクタを差し込んだら画面に出てくるのでOKをクリックで本体からの音声は切れてヘッドホン端子に出力されます。
マイク端子は録音コントロールを開いてFront Micのミュートを外すと拾います。
本体内蔵マイクはマイクボリュームなので、これをミュートすると拾わなくなります。

MMVARIでちゃんとデコードできるかは、またあとで確認しましょう。

|

« GN125Hで小豆島 2回目 | トップページ | 今年のゴールデンウイークは »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/48122254

この記事へのトラックバック一覧です: mBook M1/工人舎PMのヘッドホン/マイク変換ケーブルの製作:

« GN125Hで小豆島 2回目 | トップページ | 今年のゴールデンウイークは »