« 宇野線・宇高航路100周年物語きっぷ | トップページ | 今朝から大雨 »

2010年5月22日 (土)

GN125Hで直島 その2

P1

GN125Hを買って最初に行った海外は直島でした。
約2年を経過して2度目の渡航ですよ。

P2

いしいひさいち展覧会をやっているそうです。
会場はここではなく、たんす屋跡地みたいでした。

P3

人が140円、オートバイが630円でした。
往復で1540円です。

P4

乗船です。
人も車もかなりの数で、大人気なんですね。

P5

外国人は1/3ぐらいです。
かなりの割合ですね。
ロンリープラネットに載っているそうですし。
しかし、宇野からフェリーで行くとは。

P6

船内は広いです。
300人ぐらいは乗れると思います。

P7

欧米系の方が多いです。

P8

もうすぐ到着です。

P9

産廃処分場です。
言わずと知れた、豊島に不法投棄された産廃がこの先で処理されています。

P10

いい感じですね。
いかにも企業城下町です。

P11

いかにも企業城下町です。
もちろんこの鉄塔が建っている山は禿山です。

P12

立派な建物です。

P13

道路が消えます。
こういうところまで入れるのが二輪車の良いところです。

P14

直島町営バスです。
白ナンバーなのがいい感じです。
もちろん有料です。

P15

島の北半分は三菱マテリアルの私有地です。
そこら中にこのような看板が。
はぁはぁしまつね!
ちなみに島の南海岸はベネッセの私有地です。
オートバイで行っても走れる道は島の中部に限られてしまいます。

P16

島一番大きなお店です。
食料品、雑誌、衣料品を扱っています。
支店もあります。
生協前という停留所もあります。
この存在のせいか、個人営業の商店はあっても、マルナカなどの一般のチェーン店はありません。

P17

そして併設のうどん屋があります。
かなり流行っていました。

P18

本当に手で打っていましたよ。

P19

肉うどん600円を頂きました。
おしいかったです。
後で熱いお茶も出ました。

P20

100円ソフトドリンクの自動販売機です。
島内至るところにありました。
何が出てくるかお楽しみ、というのはやだなあ。

P21

海の駅直島から帰宅です。

走行距離は全部で約80kmでした。

|

« 宇野線・宇高航路100周年物語きっぷ | トップページ | 今朝から大雨 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17363/48425083

この記事へのトラックバック一覧です: GN125Hで直島 その2:

« 宇野線・宇高航路100周年物語きっぷ | トップページ | 今朝から大雨 »