« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

2010年1月17日 - 2010年1月23日

2010年1月23日 (土)

日帰りでお伊勢参り

P1
P2

父がお伊勢参りに行きたいと言うので日帰り強行で行ってきました。
片道400km,往復800kmは厳しいなあ。
APRS BELL202 1200bpsの144.66MHz化はこんな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

お前は虎だ、虎になるのだ!

ありがたいことに表のこのコンテンツを読んで、私も一発で取れた、というメールを頂きます。
大変だったと思いますが、出来ることが大きく広がりますので、特に海外でアマチュア無線をしたい方にはお勧めではと思います。
未だ日本の局免は紙切れ同然の価値しかない国は多いようです。
逆に日本と相互運用協定の無いヨーロッパCEPT批准国、例えばイギリスは日本人にとっては現地の試験を受けないと運用が困難なようです。

出来ましたらMyShackの方も入ってくださいね。
結果報告のメールをいただくより嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

今年はおとなしい

まだどこにも行っていません。
県外に出たのも先週の姫路ぐらいです。
引きこもりだなあ。
1/31の関西ハムシンポジウムは行きたいです。
2月は今のところ予定がありません。
3月はCS5ぐらいでしょうか。
おがさわら丸の出航予定が9月まで出ましたが、GWは日程がずれるようで今年は行けそうに無いです。
たまにはおとなしくしておれ、ということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

日航が逝きました

岡山空港からはJTAやJACを含めて3路線ありますが、鹿児島便はほぼ当確で無くなるんでしょうね。
九州新幹線全通が控えていますし。
羽田便は東京行きがANAより先に離陸するので父島に行くときは便利なこともあったのですが、どうなるんでしょうね。

岡山県は日航の株を持っているのですが、上場廃止でパーです。
路線誘致のためなのは明白です。
羽田便参入時に1万円セールをやりましたなあ。
実は旧JASの路線ばかりで、日航本体の就航はかなり遅かったです。
ANAの社長が岡山県出身だった時代、誰も乗らないのに今の岡南飛行場へ就航させていたせいもあるでしょう。
株を1億円以上で買ったという報道があるので、それが紙くず(今は電子化だから紙ではないか)になるわけです。

既に予約を受け付けている3月までは飛ぶようなので、それまでに一度乗った方が良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

3/14(日) JARL岡山県支部大会

ここ
岡山市南区 ウェルポートなださきだそうです。
JR宇野線備前片上駅から徒歩(便数は茶屋町発で1時間に1本程度)、旧灘崎町役場(岡山市南区役所)やファーマーズマーケットサウスヴィレッジ近くのようです。
駐車場はあります。
回りは埋立地で田んぼばかりの所です。
今年も2月の1ヶ月間でマラソンコンテストがあります。
モービルセッティングコンテストは無線機アンテナ以外の部分も評価対象らしいので、痛車もOKではと思いますが:->実車ではなく写真で展示らしいです。

残念なのが、ハムフェスティバル in 香川と同日というところです。
毎年行っていましたが、今年はだめですね。
香川の方は例年午後からなので掛け持ち出来なくもないですが...岡山も中心は午後だと思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昼が暑い

P

最高気温が上昇傾向です。
反面、最低気温は氷点下です。
体が持ちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

2009年アメリカのアマチュア無線免許取得者統計

(以前MyShackに書いた内容とは視点が異なります)

QTC-JAPANARRL Webに載った記事の邦訳が出ています。

ARRL/VEC所属のVE(ボランティア試験官)は全世界(!!!)で32,411名なんだそうです。
中間のGeneral級以上保持者がなれますが、実質はExtra級が無いと全ての事務をこなせません。
そのExtra級は全部で119,403人らしいです。
日本の1アマは2万人強程度なので、実に4倍以上です。
負けてますね...。
Extra級を取ったからと言ってメシの種にはならないので、おそらくほとんど全てがムセン命という方でしょう。
昔は日本が世界一のハム大国という時代もありましたが、量的にも質的にもアメリカ合衆国に抜き返されてしまいましたね。
アマチュア無線は自然災害や911以降見直されているのと、CW試験を廃止した威力は大きいです。
もちろん筆記試験のレベルは下がっていませんから技術的なレベルは維持されています。
さて、仮に全てのVEがExtra級としたら、4人に1人が試験にご奉仕している計算になります。
Advanced以下のVEの存在を考えて控えめに見積もっても5-6人に1人は堅いのではと思います。
かなりの高率です。
なぜなのでしょう。

アマチュア無線は1人では楽しめない部分が大きいです。
私は最初に尊敬できて会いに行ける程度に身近な先輩を複数見つけることが長く続けるコツだと思っています。
アマチュア無線の世界は年齢や資格による区別はありますが、基本はみんなお友達で平等です。
お友達とは人間としては尊敬しあい、技術的な間違いについては忌憚無く指摘しあえる関係です。
VE制度は受験会場でそういう人を探せる良い制度だと思います。
試験が終わればVEと受験生、いや、資格取得者との談話も宴会もありです。
(終了後に地域クラブのミーティングがそのままあることも多い)
日本の国試は試験官がハムではないことが殆どですからこのようなことはまず無いでしょう。
講習会も40時間やっていたころは受講生同士の関係、また講師も今ほど詰め込みでは無かったので受講生との関係もあったように聞きますが、今は長くて2日なのでそこまでは行かないのでしょうね。
それに講習会では上級は取れませんし。

アマチュア無線を1人で始めて、困ったときにインターネット上で解決手段を探すというのは間違いでは無いのですが、通信そのものを楽しむアマチュア無線はインターネット上には載せられない部分があります。
運用テクニック、自作品そのもの、電波の飛び、電子回路の挙動などは現物を見せるのが最良です。
長く続けたいならイベントに参加する、地域クラブのミーティングに参加する(普通は入会する前でも参加できる)など考えられてはと思います。
そういう場は今まで知らない人であってもハムだからと歓迎してくれるはずです。

実際に会ったことのある方とのQSOは、よりリアルに感じられます。
逆に何年もアマチュア無線を続けていてやることが無くなったら、試験実施側になるのも刺激的でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エコキュートのノイズ

去年秋にダイキンの給湯器を入れてオール電化にしました。
ノイズ発生が危惧されましたが、予想通り増えたように思います。
昨日はハンディ機を給湯器に近づけてスキャンしてみると、144.62MHzで振り切れの無変調を発見しました。
5m程度離すと聞こえなくなります。
保安ブレーカーをテストボタンを押して落とすときれいさっぱり聞こえなくなります。
長時間ワッチしてみると、時折デジタル変調のような音がします。
湯を沸かすと出るようです。
なるほどねえ。

接近しないと聞こえないと言うことは、輻射量はおそらくVCCIレベルを満足していると思います。
その意味では合法機器です。
しかしながらこのような機器にアンテナを接近させなければならないアマチュアには、ちょっと悲しいものがありますね。
200V駆動なのでノイズ対策は簡単そうではありません。
おそらく中身はインバータでしょうから。
今後電気自動車の充電器とか、200V機器が増えるともっと悲惨なんだろうなあ。
見える部分の電線にパッチンコアをはめてごまかしましたが、いずれは何かしないとだめかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

01月17日のココロ日記(BlogPet)

大きな声で歌っていたら、空から後楽園が降ってきました。うぅ…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

扱いに困るQSLカード

昨年5月の父島移動のカードを整理しています。
送っていただいた方ありがとうございます。
しかしながら整理していて扱いに困るカードが結構あります。
以下の点を注意すれば貰って嬉しいQSLカードになると思います。

・だめ、絶対
 虚偽の内容です。
 当たり前ですが...1枚ありました。
 5/11 A1Aだそうですが、この日は現地におりません。
 別人と間違えたにしても1文字違いどころではないのですが。
 ゴミ箱行きとなります。

・優しくないカード
 両面見ないと必要な情報が揃わないカードです。
 一番困るのが、データ欄にコールサインが無いカードです。
 非常に多いです。
 何度も裏返して見ないといけないので疲れます。
 次にコールサインが意図的に小さく書かれているカードです。
 いえ、私のコールサインは小さくても書いてあればいいんです。
 見慣れているのですぐに分かります。
 発送「元」のコールサインが小さいと探す時間がかかって困ります。
 ヒドいのになると発送「先」のコールサインが大きいことがあります。
 感謝の念のつもりでしょうが、迷惑なだけです。
 以上から個人的には片面だけで完結するカードが一番嬉しいです。
 写真を入れて綺麗にしたい方も、せめて自分のコールサインは両面に書いてください。

・記載内容
 コールサイン、RST、バンド、モードは最低必要です。
 さすがにこれらが抜けているカードはあまりありません。
 運用地はかなりアバウトなものがあります。
 県だけとか、なぜか町だけとか(同名の町はありがち)、区制が引かれているのに書いていないとか。
 DXしかやっていない局ばかりではありませんので、AJA No+英語か日本語の運用地を書いていただけるとありがたいです。
 グリッドロケータも出来れば欲しいです。
 4桁より6桁の方がより嬉しいです。
 そういえばVX-8はせっかくGPSが搭載できるのにGLの表示が出来ないのですよね。
 TH-D7は10年前の機種ですが可能です。
 名前は日本人の場合はローマ字と漢字両方が嬉しいです。
 私が知りたいのは読み方です。
 特にPhoneでQSO時に困りますので。

・切手を貼って直接送ってくるQSLカード
 ダイレクトということはきっと急いでカードが欲しいのだと思います。
 郵送中汚損破損の危険性があるので、出来ればこのような形式では送らないほうが良いかと思います。
 特別何かのはからいを受けた方であれば別ですが、そうではない方にはJARL経由だけにしています。
 SASEになっている場合はダイレクトで返送します。
 なお、JARLが国内局宛のカード転送を止めた場合は(世界的にはあたりまえ)この形式も使うことになると思います。
 ところで、何を見て住所を調べるんでしょうね(^_^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »